2014年02月02日

熊野神社の節分祭《西尾八つ橋の茶菓ときな粉餅の無料接待》(2014.2.2)

熊野神社の鳥居と節分祭の案内

 熊野神社の節分祭(2月2日と3日)の時、境内では西尾八つ橋による「茶菓せったい」接待があるので、毎年、立ち寄るのが恒例となってきました。 熊野神社は東大路丸太町の西北角のこの辺です。
 節分祭(2月2日と3日)が平日の時も、夜8時頃まではやっているので、夜、立ち寄る事もありますが、今年は2日が日曜だったので、2日の昼間に立ち寄りました。
 いつもの様に本殿でお参りをしてから本殿の東側のテントの中で茶菓をいただきましたが、今年はお饅頭でした。

鳥居をくぐると節分で賑わう境内

熊野神社の駒札

熊野神社の本殿

西尾為治の像と《八ッ橋発祥の地》の駒札「像の足元にも生八つ橋とお茶」

テントの中の様子

今年は、お饅頭でした

テントの前の生八つ橋の即売

熊野神社の東側の入口

《西尾八つ橋》の横の駐車場で餅つき

 熊野神社から東大路通りを渡って1筋上って東に入った《西尾八つ橋》の店の横の駐車場で、餅つきをやっているので、ここに立ち寄るのも恒例になりました。 《西尾八つ橋》の店の場所はこの辺です。
 今年も多くの人が訪れていて行列が出来ていました。 「今、お餅をついている所なので少し待って下さい」という事で数分待っているとお餅がつき上がりました。 「ぜんざい」か「きな粉餅」かと聞かれたので、今年は「きな粉餅」をいただきました。つきたての「きな粉餅」を食べたのは始めてで美味しかったです。

餅つきの様子

ここでもち米を蒸しています

長い行列

お餅がつき上がって小餅に〜

つきたての「きな粉餅」を食べたのは始めてで美味しかったです

西尾八ツ橋のお店「無料できな粉餅を頂いたのでお店のPRもしておきます」



posted by 京都情報 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

雪の円通寺(2014.1.19)

円通寺の入口

山門をぐぐって本堂に

 (2014.1.18)はエクシブ京都八瀬離宮に宿泊し、翌朝、目が覚めると、一面の雪景色だったので雪の円通寺を撮影してきました。 円通寺は紅葉の時期に訪れた事があり、場所はこの辺です。

 円通寺は比叡山の借景の庭として有名ですが、雪で白くなった比叡山が見られるかと思って行ったのですが、比叡山にはそれほど雪が降っていないみたいで富士山の様な景色を見る事は出来ませんでした。

 到着した時は円通寺の庭から比叡山が見えていたのですが、少し経つと雪が降り出して、先が真っ白で比叡山は見えなくなりました。 比叡山の見える時と見えない時の円通寺の庭を見られたのは、ある意味、ラッキーだったかも知れません。もう少し遅く行ったら、比叡山の見えない庭だけを見る事になったかも知れません。

到着した時の円通寺の庭と比叡山「晴れていて比叡山がよく見えます」

場所を移動して比叡山が正面に見える所から撮影

比叡山をズームで撮影

さらにズームで撮影

少し違うアングルで撮影

【動画】雪の円通寺の庭「雪が降り始めて比叡山がよく見えない」

雪が降り出すと比叡山が見えなくなってしまった

庭以外の撮影は出来ないので、そろそろ、帰る事に〜

撮影が出来るのは、ここまで〜

帰りに参道沿いの南天を撮影

posted by 京都情報 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | お寺や神社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

京都の三大干支の絵馬+1《松尾大社》(2014.1.4)

松尾大社の2の鳥居

鳥居をくぐると露店が並んでいました

 京都で大きな干支の絵馬がある神社として「北野天満宮」「下鴨神社」「護王神社」がありますが(「京都の三大干支の絵馬」と勝手に名づけています)、「松尾大社」にも大きな干支の絵馬があるという事で出かけてきました。 「松尾大社」の場所はこの辺です。
 行ったのは1月4日(土)でしたが、多くの人が初詣に訪れていて露店も出ていました。2の鳥居とくぐって、楼門の外からでも拝殿の大きな干支の絵馬が見えました。
 そして、拝殿に近づいてみると白馬の玩具が描かれた大きな絵馬が飾られていました。「下鴨神社」と「護王神社」では干支の絵馬が拝殿に飾られていますが、松尾大社の干支の絵馬の方が明らかに大きく、「北野天満宮」では楼門に干支の絵馬が飾られていますが「北野天満宮」の干支の絵馬とほぼ同じ位ではないかと思います。
 その後、本殿で参拝してから帰りましたが、雨が降った時の為に本殿の前には屋根が取り付けられていて、お賽銭が本殿の中に入らないようにビニールで仕切られていました。

楼門「外からでも絵馬が見える」

楼門をくぐると拝殿に干支の絵馬

拝殿には白馬の玩具が描かれた大きな絵馬

松尾大社の本殿

松尾大社の境内の様子

北野天満宮の楼門に掲げられた干支の絵馬

 大きさから言うと「京都の四大干支の絵馬」と言っても良いのでしょうが、少しゴロが悪いし、場所も少し離れているので(あくまで個人的な勝手な分類で)、「+1」として松尾大社を加える事にしました。

 最後に「北野天満宮」「下鴨神社」「護王神社」の京都の三大干支の絵馬も紹介しておきます。

北野天満宮の楼門には白馬と梅が描かれた干支の絵馬

下鴨神社の駆け上がる白馬が描かれた干支の絵馬

護王神社の立ち上がる白馬が描かれた干支の絵馬

posted by 京都情報 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

京都御所・秋の一般公開・初日の様子(2013.10.31)

ルート図(クリックすると大きな画像で表示)

 京都御所の秋の一般公開の初日に出かけてきたので、その様子を紹介します。 今年の一般公開は、平成25年10月31日(木)から11月4日(振替休日)までです。

 (2011.11.1)にも行っていますが、見学ルートは、この時と同じで一般的なコースで、人形の展示も御池庭の前の小御所だけでした。 今年の秋はまだ寒い日がないので紅葉もほとんど進んでいませんでした。

 この日は曇りで暖かい日でしたが、平日の京都御所の秋の一般公開としては、やや人が少なかったと思います。 人形の展示も少なく、人も少ない目だったので「プレーンな御所」をのんびりと見学できたという感じです。 見学ルートは1.4km程で、今回も1時間くらいかけて散策してきました。

 詳しい事はパンフレットや(2011.11.1)の様子も参考にして下さい。 2年前と違っていた所としては、以前は部屋の前に(おそらく、防犯の為の)2本の細いワイヤーが張られていて、肉眼で見た時はあまり気にならないのですが、写真を撮ると少し気になったのですが、今回は、その細いワイヤーはなかったです。(光式のセンサーに変えたのかも知れません)

中立売御門から京都御苑の中に

中立売御門を入ると売店

一般公開入口の宜秋門の前の
手荷物検査はスムースに通過
ここでパンフレットをもらって
宜秋門をくぐって中に入る
御車寄「正式に参内する時の玄関」

諸大夫の間
《正式に参内した者の控えの間》
中央の《鶴の間》の襖絵

新御車寄《天皇皇后の玄関》

パネルで建物などの紹介「これは今までなかったです」

承明門から紫宸殿を見た所

右近の橘と紫宸殿

左近の桜と紫宸殿

紫宸殿を正面から見た所

清涼殿《平安時代、天皇が日常生活をしていた御殿》

小御所《東遊(あずまあそび)の人形が展示》

小御所の前の御池庭

御学問所《和歌の会などの学芸関係の行事などが行われた》

紅葉が始まった楓と御常御殿

御常御殿に行く入口

御常御殿の前の御内庭「この辺の楓はまだ緑色です」

御常御殿の襖絵

御内庭のすすき

御三間の襖絵

御三間の向かいで御学問所の御池庭の反対側の部屋の襖絵「これは始めて見た」

そろそろ出口
「これは桜の葉の紅葉」
出口に続く道

出口の清所門

清所門を外から撮影

入口でもらったパンフレット「クリックすると大きな画像で表示されます」

posted by 京都情報 at 23:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 京都御所と離宮跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

建勲神社の船岡祭で火縄銃の実演(2013.10.19)

建勲神社にあがる階段

階段の上に拝殿と本殿

 建勲神社の船岡祭に出かけてきました。 建勲神社織田信長の栄誉を称えて、明治2年に明治天皇が創建された神社で、信長が京の都に入洛した10月19日を記念して、毎年、船岡祭が行われます。 建勲神社の場所は今宮神社の南のこの辺で船岡山にあり、坂と階段を上って行きます。
 船岡祭では何年かに1回、火縄銃の実演が行われますが、2011年、2012年となかったので、そろそろ、火縄銃の実演が行われるのではないかと思って出かけてきました。 午前11時から神事が始まると聞いていましたが、建勲神社に到着したのは午前11時10分頃で、神事は始まっていて、多くの人が参列していました。 参列者の中に鎧兜を着た人たちがいたので、今年は火縄銃の実演が行われる様でした。
 神事の後、拝殿で舞がありましたが、横の幕でほとんど見えませんでした。 多くの人が見える様に横の幕をもう少し工夫して欲しいです。
 舞の後、参列者代表により玉串が捧げられて、最後の挨拶と船岡祭についての説明があり、本殿前での神事は午後12時10分頃に終わり、火縄銃の実演奉納を見学する為に拝殿前の階段下に移動しました。

拝殿の前には多くの人

本殿で神事「鎧兜の人がいるので
火縄銃の実演があるのでしょう」
拝殿で奉納の舞

【動画】拝殿で奉納の舞「幕が邪魔でほとんど見えない」

次の拝殿で奉納の舞が始まるので入場

拝殿で奉納の舞

【動画】拝殿で奉納の舞「幕が邪魔でほとんど見えない」

参列者代表が玉串を捧げる

古式砲術流儀保存会の人たちも
玉串を捧げる
【動画】火縄銃を奉納する古式砲術流儀保存会の人たちも玉串を捧げる

本殿での神事も終盤

最後の挨拶と船岡祭の説明

【動画】最後の挨拶と船岡祭の説明

火縄銃の実演を見学する為に階段下に移動

 そして、いよいよ、午後12時15分頃から火縄銃の実演奉納が始まりました。 普段、鉄砲を撃つ音を聞く機会はないので、どんな音がするのかと待っていると、特に何の合図もなく、いきなり1発目が撃って、思ったより大きな音だったので、みなさん、少し驚いていました。 この迫力は実際に聞かないとわからないと思います。 今回は実弾は撃てないので鉛の弾のかわりにティッシュを詰めて撃っていたそうです。
 火縄銃の実演の後、火縄銃の説明がありました。 火縄銃は、一見、分解できない様に見えたのですが、うまく分解できて中を掃除できる様になっている所も見せてもらいました。

こんな場所を確保して、火縄銃の実演を待ちます

1発目の火縄銃を撃った所

火縄銃の一斉射撃の様子

火縄銃に弾をこめている所

【動画】建勲神社の船岡祭で火縄銃の実演奉納《前半》

火縄銃を座って撃つ

最後の火縄銃の一斉射撃

【動画】建勲神社の船岡祭で火縄銃の実演奉納《後半》

神主さんたちが退場した後

火縄銃の説明が始まりました

火縄銃の構造や使い方の説明

【動画】建勲神社の船岡祭で火縄銃の実演の後の説明

銃身を分解して奥のネジの部分を見せてくれました
当時、日本にはネジを作る技術はなかったが1年程でコピーして作ったとの事

posted by 京都情報 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 10月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

御香宮神社の御香宮神幸祭《神輿渡御祭》(2013.10.13)

午後6時頃、御香宮神社の南門に到着すると
ちょうど何かの行列が到着した後の様子

「次の午後7時半頃」という事で東門に〜

 御香宮神社の御香宮神幸祭《神輿渡御祭》に行ってきました。 午後8時半と午後8時にお神輿が到着すると聞いていましたが、それまでに他の行列が到着するそうなので午後6時頃に御香宮神社の南門に到着するとちょうど何かの行列が到着した後の様子で「次の行列は午後7時半頃に到着の予定です」と案内したいました。 御香宮神社の南門の場所はこの辺です。 " target="_blank">この辺です。
 少し境内を散策して午後6時40分頃に南門に行くと、お神輿が到着していて差し上げがされていました。 そして、南門をくぐって境内に入って行ったので先回りして境内の階段を上がる所と、最後のお神輿をおさめる所に到着する所を動画で撮影してきました。
 その後、南門に行くと午後7時頃で、午後7時20分頃、二基目のお神輿が戻ってきました。南門を通過した後、同じく早回りして行ったのですが、階段をあがる所には間に合わず、お神輿をおさめる所での差し上げやかき上げには間に合いました。 午後8時頃には終わり、帰りました。
 予定の時間は、あくまで予定で早くなったり、遅くなったりする事がある様なので要注意です。

少し境内を散策

小さいお神輿は戻っているけど
中央に大きなお神輿が戻る予定
向こうに本殿

能舞台には鎧兜が陳列

午後6時40分頃に南門に行くとお神輿が到着していて差し上げがされていました

お神輿が南門を入る所

【動画】御香宮神社の神輿渡御祭でお神輿が南門に到着して入る

お神輿が境内の階段をあがる所

【動画】御香宮神社の神輿渡御祭でお神輿が境内の階段を上がる所

お神輿をおさめる所に到着

到着して、お神輿を差し上げたり、かき上げたり

【動画】御香宮神社の神輿渡御祭でお神輿をおさめる所に到着して差し上げ

午後7時20分頃、二基目のお神輿が南門の前に到着

二基目のお神輿が南門をくぐる所

【動画】御香宮神社の神輿渡御祭で二基目のお神輿が南門に到着して入る

二基目のお神輿をおさめる所に到着

最後に手拍子をして終了

【動画】二基目のお神輿が到着して手拍子をして終了「ピンボケが激しいです」

午後8時頃、帰る時も境内は賑やか

posted by 京都情報 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 10月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

御香宮神社の御香宮神幸祭《お琴の奉納演奏》(2013.10.6)

御香宮神社の鳥居「平成25年の日程の看板」

御香宮神社の鳥居をくぐると露店がずらり

 御香宮神社の御香宮神幸祭は9月下旬か10月上旬の土曜から翌週の日曜まで9日間行われます。 しかし、その日程がよくわからず、平成25年10月6日が最終日の神輿渡御祭かと思って行ってみたら今年の日程は10月5日(土)から13日(日)までで、境内には多くの露店が出ていて、能舞台でお琴の奉納演奏が行われていたので、お琴の奉納演奏と境内の様子と予定の確認をしてきました。 《御香宮神社》は国道24号線沿いのこの辺にあり、(2010.10.2)の花笠行列の様子はこちらで紹介しています。
 御香宮神社の鳥居をくぐって境内に入ると多くの露店が出ていて多くの人が訪れていました。 本殿の方に向かうとお琴の演奏が聞こえてきて能舞台でお琴の奉納演奏が行われていたので、しばらく、見学していました。
 お琴の奉納演奏が終わってから、境内を少し散策して、10月13日の神輿渡御祭の予定を確認して、佐世保バーガー(300円)を食べて帰りました。 普通、露店の食べ物はやや高いですが佐世保バーガー(300円)は少しお得だった感じです。

能舞台でお琴の奉納演奏

お琴の奉納演奏のプログラム

御香宮神社の能舞台でお琴の奉納演奏《六段の調べ》

【動画】御香宮神社の神幸祭でお琴の奉納演奏《六段の調べ》

御香宮神社の能舞台でお琴の奉納演奏《かわいい踊り子》

【動画】【動画】御香宮神社の神幸祭でお琴の奉納演奏《かわいい踊り子》

御香宮神社の能舞台でお琴の奉納演奏《鷹(たか)》

【動画】御香宮神社の神幸祭でお琴の奉納演奏《鷹(たか)》

お琴の奉納演奏の終わりの挨拶

神幸祭の期間中の奉納演奏の予定

本殿の前には長い行列

本殿で参拝

御香宮神幸祭の案内のポスター

神輿渡御祭の出発と帰着の予定

本殿の前の建物にお神輿が展示

こちらには大きな獅子舞の獅子

この建物にお神輿が展示

神輿渡御祭の巡幸表

神輿渡御祭の巡幸表

神輿渡御祭の巡幸表

これは能舞台の横に展示されていたお神輿で、今は担がれていない

佐世保バーガー(300円)「ボリュームもあり、お得な感じ」

posted by 京都情報 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 10月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

瀧尾神社の神幸祭(2013.9.29)

瀧尾神社の西の鳥居

瀧尾神社の本殿

 瀧尾神社の神幸祭に出かけてきました。 瀧尾神社の場所は東福寺の少し北のこの辺で、節分の時にも来た事がありますが、拝殿の天井に立派な龍の彫刻があります。

 時間がわからなかったので、瀧尾神社に到着する所を見学しようと思って、午後4時半頃、瀧尾神社に行きました。 鳥居の前の巡行図を確認すると泉涌寺での龍舞の演舞は午後3時頃という事で、時間がわかっていわば、これを見学したかったです。

 境内を少し散策していると午後4時50分頃、神幸祭の行列が瀧尾神社に戻ってきました。 剣鉾と二基のお神輿が戻ってきました。 剣鉾は鳥居の前で立てていたので間近で立てる所を見る事ができました。 龍の他にも女神輿も行列に加わっていたそうですが、別のルートで先の戻ったみたいです。

瀧尾神社の神幸祭の巡行図

泉涌寺での龍の舞は午後3時頃

午後4時50分頃、神幸祭の行列が瀧尾神社に戻ってきました

まず、天狗(?)が戻ってきました

次は剣鉾「鳥居の前で立てて〜」

うまく鈴を鳴らすのが技だそうです

一基目のお神輿が到着

お神輿が鳥居をくぐって

お神輿が本殿の前に到着

【動画】瀧尾神社の神幸祭の行列が瀧尾神社に到着する所

続いて二基目のお神輿が到着

二基目のお神輿が目の前を通過

二基目のお神輿が鳥居をくぐり

境内に入って

二基目のお神輿を本殿の前で差し上げ

【動画】瀧尾神社の神幸祭で二基目のお神輿が瀧尾神社に到着

お神輿が到着した後

本殿の中で神事

神事が終わった後の本殿の中の天狗(?)をズームで撮影

posted by 京都情報 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 9月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

隠れた萩の花の名所?《梨木神社の南》(2013.9.21)

寺町丸太町上がった所に咲いていた萩の花

 萩の花と言えば、萩の花といえば、常林寺梨木神社などが有名ですが、梨木神社の南、寺町丸太町上がった京都御苑のの東側に萩の花が綺麗に咲いていました。 萩の花が咲いている場所はこの辺です。
 梨木神社に行く途中にあり、萩の花に名所になってもおかしくないと思いますが、あまり知られていない様です。 梨木神社の萩の花は「ピンク」と「白」ですが、ここに咲いているのはオーソドックスな紫色の萩の花で、おそらく、植えたのではなく、自生しているもので、このあたりの土が萩の花に適しているのかも知れません。

土手に咲いた萩の花「この土手の向こうに駐車場があり、その向こうに京都御苑の塀」

萩の花が群生している感じです

寺町通り沿いに咲いている様子を撮影

少しアップで撮影「まわりの景色の変化が少なく、
その様子をうまく伝える事ができませんが萩の花がずっと咲いています」

posted by 京都情報 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

梨木神社の萩の花(2013.9.21)

梨木神社の一の鳥居
「以前、一の鳥居をくぐった所にも
萩の花が咲いていたが今はない」

 梨木神社の萩の花の様子を見てきました。 9月21日から23日まで萩まつりが行われますが午後3時過ぎに行ったので、その日の萩まつりの催しものは終わっていたので、萩の花の様子を見てきました。 梨木神社の場所は京都御苑の東隣のこの辺です。
 一の鳥居をくぐると昨年まで参道の両側に萩の花が植えられていましたが、今年はありませんでした。 二の鳥居をくぐると売店が出ていて、萩の花には俳句が書かれた短冊が下げられていました。 両側に萩の花が咲いている参道を進むと楼門、拝殿、本殿があり、拝殿のあたりには白い萩の花も咲いていて、萩の花は桜の花の様な華やかさはないですが、バリュエーションがあって良かったです。

梨木神社の駒札

萩まつりの催しものの案内

二の鳥居をくぐると売店が出ていて、萩の花には和歌が書かれた短冊

萩の花と俳句の書かれた短冊

さらに進むと楼門

楼門の前の萩の花

拝殿の前には白い萩の花

白い萩の花とピンクの萩の花があるのでバリュエーションがあります

梨木神社の本殿

本殿の前のピンク色の萩の花

本殿の前の石灯篭と白い萩の花

梨木神社の本殿と萩の花の様子

posted by 京都情報 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。