2014年04月04日

北野天満宮の梅風祭(2014.3.25)

西門に「3月25日梅風祭午後3時半」の案内

 梅が見頃の北野天満宮で梅風祭が行われるというので出かけてきました。 梅風祭を知ったのは北野天満宮の西門に「3月25日梅風祭午後3時半」という案内が掲げられていたからです。 北野天満宮の場所はこの辺です。
 毎月25日は北野天満宮の縁日で境内は多くの露店が出て賑わいます。 とりえあず、【国宝】社殿に行き、人が集まっている所を探すと、午後2時半頃、三光門の東南の社務所から八乙女が出てきて、三光門の横に整列して、神職が先頭で三光門をくぐって【国宝】社殿に入りました。
 神事のほとんどは【国宝】社殿の中で行われる為、見学する事は出来ません。 しかし、【国宝】社殿の前にござが敷かれて、何か用意をしていたので、何かあるのだろうを思って待っていると午後4時10分頃、八乙女が【国宝】社殿から出てきて鈴舞が奉納されました。 動画で撮影してきましたが11分程でした。

北野天満宮の南入口から入ると

楼門まで露店がずらり

楼門の手前に梅苑の入口

【国宝】社殿「紅梅も見頃」

午後2時半頃、三光門の東南の社務所から八乙女が出てきて三光門の横に整列

神職が先頭で三光門をくぐって【国宝】社殿に向かう

【動画】北野天満宮の梅風祭で八乙女が三光門から【国宝】社殿に入る

【国宝】社殿の前で用意が始まる

八乙女が出てきて

【国宝】社殿の前に着席

【国宝】社殿と紅梅の前で八乙女の鈴舞の奉納

【国宝】社殿の方を向いて

鈴でお祓い

【動画】北野天満宮の梅風祭で【国宝】社殿の前で八乙女の鈴舞の奉納

終了の礼

三光門をくぐって

梅の花が咲いている中を退場

posted by 京都情報 at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

蹴上インクラインの桜はそろそろ見頃(2014.4.2)

南禅寺橋から蹴上インクラインを見下ろした所

少しアングルを変えて撮影
こうして見るとほぼ満開の様です

 前回、(2014.3.27)に蹴上インクラインの桜は僅かに咲き始めた様子を紹介しましたが、その後、暖かい日が続いた事もあり、一気に開花が進んだ様です。
 今回も、まず、南禅寺橋から蹴上インクラインを見下ろした写真から紹介しますが満開の様に見えます。 近づいて、よく見ると僅かにつぼみは残っていました。
 その後、上流方向に行き、大神宮橋から下流方向に歩きましたが、琵琶湖疏水の上流方向のトンネルの出口付近の桜はやや遅咲きですがもう咲いていました。 南禅寺橋の近くまで歩きましたが、僅かにつぼみは残っていましたが、ほとんど満開の状態でした。 この感じなら次の土日(4.5〜6)は満開から散り始めで、次の土日(4.12〜13)は遅咲きの桜は僅かに咲いている状態ではないかと思います。
 蹴上インクラインは地下鉄東西線蹴上駅「出入口1番」から出て徒歩3〜4分の所にあり、こちらのページで写真付きで行き方を説明しています。

南禅寺橋の下で韓国語で話していた撮影クルー

近づいて、よく見ると僅かにつぼみは残います

蹴上インクラインの横を歩いて上流方向に〜

上流の大神宮橋あたりの桜も開花

琵琶湖疏水の上流方向のトンネル

琵琶湖疏水の上流方向のトンネルの出口付近の桜はやや遅咲きですがもう咲いている

蹴上インクラインの下流方向

復元された運搬車の横を通って

蹴上インクラインの上流から下を見た所「この辺もやや遅咲きだがもう咲いている」

《蹴上の疎水公園》を階段の上から見た所

桜の向こうに平安神宮の朱色の鳥居が僅かに見えます

蹴上インクラインの線路に戻ります「この辺も綺麗に咲いています」

桜を近づいて撮影「僅かにつぼみが残っています」

この辺は桜のトンネルの中を歩く感じです

復元されたインクラインの運搬船「今年は荷物が乗っています」

インクラインの運搬船の説明

運搬船を下から見た所

その後、蹴上インクラインの上流方向に引き返しました

posted by 京都情報 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴上インクラインの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

祇園白川のシダレザクラはそろそろ見頃(2014.3.27)

祇園白川の川端通り側の入り口

 祇園白川のライトアップは《2014.3.28(金)〜4.6(日)》という事なので、そろそろ、桜が咲き始めているだろうと思って立ち寄ってみました。
 祇園白川の川端通り側の入り口あたりはソメイヨシノで遠くから見た感じでは、ほとんど咲いていませんでしたが、近づいてみると少し咲き始めていました。
 大和橋付近から祇園白川の東の方を見ると何本かのシダレザクラが咲いていて、「かにかくに碑」の前のシダレザクラは。そろそろ、見頃の状態でした。 今度の土日(3.29〜30)はソメイヨシノはまだ咲き始めでしょうが、何本かのシダレザクラは見頃でしょう。 祇園白川のシダレザクラの場所はこの辺です。

近づいてみると少し咲き始めています

大和橋付近のソメイヨシノはまだ咲いていません

大和橋から上流方向(東の方)を見た所「つぼみが膨らんで少し咲き始めています」

祇園白川の東の方を見ると何本かのシダレザクラが咲いているのが見えます

「ぎおん琢磨」の前あたりのシダレザクラはそろそろ見頃

「かにかくに碑」の前のシダレザクラもそろそろ見頃です

「かにかくに碑」の駒札

「かにかくに碑」の前は人が多く
人にいない写真を撮るのは大変

巽橋あたりの桜もまだ咲いていません

辰巳大明神の鳥居の左の木も桜ですがまだ咲いていません

posted by 京都情報 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

蹴上インクラインの桜は僅かに咲き始め(2014.3.27)

南禅寺橋から蹴上インクラインの桜を撮影

 恒例になった蹴上げインクラインの桜の様子を今年も何回か紹介する事にします。 蹴上インクラインは地下鉄東西線蹴上駅「出入口1番」から出て徒歩3〜4分の所にあり、こちらのページで写真付きで行き方を説明しています。
 昨年は、(2013.3.23)に桜が僅かに咲き始めた様子を紹介しましたが、今年は(2014.3.27)に訪れて、同じ様に僅かに咲き始めた状態でした。 すでに何輪か咲き始めているので、この感じ状態なら、今度の土日(3.29〜30)は咲き始め、次の土日(4.5〜6)は満開、その次の土日(4.12〜13)は散り際で、3週間の土日に桜が楽しめるかも知れません。 但し、暖かい日が続いたり、風が強かったり、終盤に雨が降ると、早く散ってしまうでしょう。

南禅寺橋の南西の桜は少し咲き始めていました

上流の大神宮橋に行ってみました

大神宮橋から上流を見た所
このあたりの桜の開花はまだ
大神宮橋から下流を見た所

復元された運搬車の横を通って

蹴上インクラインの上流から下を見た所「咲いている桜は見えないです」

《蹴上の疎水公園》と噴水「このあたりの桜も、まだ、咲いていないです」

蹴上インクラインに戻ると、つぼみが膨らんで僅かに咲き始めている桜

この桜の木も少し花が咲き始めています

膨らんだつぼみと一輪だけ咲いた桜の花「この桜の木も、毎年、早く咲き始めます」

三条通りから見た蹴上インクラインの桜

【追記】(2014.3.29)
 2日後の土曜の蹴上げインクラインの桜の様子を見てきましたが、予想していた以上に桜の開花は進んでいました。 しかし、これだけ開花が進んでいると思わなかった人が多かったのか、土曜なのに訪れる人は少なかったです。 この様子なら次の土日(4.5〜6)は満開から散り始めで、その次の土日(4.12〜13)は遅咲きの桜が咲いているだけかも知れません。

この辺は、だいぶ、咲いています

南禅寺橋の上から蹴上インクラインを見た所

posted by 京都情報 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴上インクラインの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

長徳寺のおかめ桜は満開から散り始め(14.03.25)

長徳寺のおかめ桜を川端通りから見た所

 長徳寺のおかめ桜の様子を見に立ち寄ってみました。 長徳寺の場所は叡電出町柳駅を少し下がった所のこの辺で、萩の寺の常林寺の北隣になります。
 長徳寺のおかめ桜は今まで、 終盤(2011.4.1)見頃(2012.3.27)) 散り際(2013.3.23)、 と紹介してきましたが、今年は(2014.4.25)に訪れると、満開から散り始めという状態でした。 工事用のトラックが来ていたので少し落ち着きがない感じでしたが、京阪電車と叡電の出町柳駅に近いので立ち寄って写真を撮っている人も多かったです。
 帰りに加茂大橋の西南のしだれ桜の様子もを見てきましたが、このしだれ桜もソメイヨシノより少し早く咲きますが、今年は、まだ、咲いていませんでした。

長徳寺のおかめ桜の全景「工事用のトラックが来ていたので少し落ち着きがなかった」

長徳寺の石柱とおかめ桜「つぼみは見えず、満開の状態です」

おかめ桜の上の方を撮影

別の角度から、おかめ桜の上の方を撮影

【おまけ】加茂大橋の西南のしだれ桜「まだ、咲いていません」

加茂大橋の西南のしだれ桜をズームで撮影「まだ、つぼみです」

posted by 京都情報 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

平野神社の早咲きの桜の開花は遅い目(2014.3.22)

東門の鳥居の左手前の河津桜

河津桜をアップで撮影

 平野神社の桜の様子を見てきました。 平野神社の場所は北野天満宮の北西のこの辺です。
 ちょうど同じ頃に平野神社の桜の様子を見に行ったのは(2010.3.20〜22)ですが、この年は開花が早かった様ですが、この時と比べて明らかに今年の早咲きの桜の開花が遅いです。(予報ではソメイヨシノの開花は3月末で例年並みとの事です)
 まず、東門の鳥居の左手前の河津桜は見頃という感じでした。 そして、鳥居をくぐって右手の「出世導引稲荷社」「猿田彦社」の入り口の鳥居の手前の桜は見頃という感じでした。
 しかし、楼門の前や本殿の前の桜は、まだ、咲いていませんでした。 西門の鳥居の横の寒桜は咲いていました。 《桜園》の中の桜は、まだ、咲いておらず、《雪山桜》も、まだ、咲いていませんでしたが、つぼみが膨らんで今にも咲きそうな感じでした。
 今年は早咲きの桜の開花は遅れている様ですが、最初から予定が立てられていたのか、花見席の設置は進んでいました。

鳥居をくぐって右手の

「出世導引稲荷社」「猿田彦社」

鳥居をくぐって右手の《猿田彦社》《稲荷社》の鳥居の手前の桜

楼門の左の桜はまだ咲いていない

楼門をくぐって拝殿

平野神社の本殿「このあたりの桜も、まだ、咲いていないでした」

平野神社の西の入口の鳥居

西の入口の鳥居の横の寒桜

寒桜のアップ「寒桜なので真冬でも咲いています」

花見席の設置は進んでいます

《桜園》の中の桜は、まだ、咲いていません

《雪山桜》のアップ「つぼみが膨らんで今にも咲きそうな感じ」

posted by 京都情報 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

《ムライ》ブランドの《ひやしあめ・あめ湯》ムライは閉店しました

《ムライ》の外観

 《ムライ》については、こちらで、『京都で業務用食料品の小売販売の草分け的存在』として紹介しましたが、《ムライ》で《ひやしあめ・あめ湯》を売っていたので紹介します。 《ムライ》の場所はこの辺です。
 京都では《ひやしあめ》というのは夏の「なつかしい飲み物」として定番という印象があり、全国的なものかと思ったいましたが、他府県では、あまり知られていないみたいですね。 《ひやしあめ》はカンロ飴の様な味で生姜入りです。 愛媛県の松山市の海水浴場では「あめゆ」が定番になっていますが、こちらは生姜が入っていません。
 《ひやしあめ・あめ湯》は「550ml=498円」「1800ml=980円」で売っていましたが、「550ml=ビール瓶」「1800ml=お酒の一升瓶」の大きさで、「550ml=498円」を買いましたが、《ムライ》のオリジナルブランド商品でした。 「隠れた京都の名物」として、お土産にも面白いかも知れません。
 生姜は体を暖めるので体に良いと説明されていました。 横で《サンガリア》の缶入りの《あめゆ・ひやしあめ(しょうが味)》が売られていましたが、これは全国的に買えるのでしょうか?」

《ムライ》の《ひやしあめ》「550ml=498円」「1800ml=980円

《ムライ》の《ひやしあめ》の説明文

《サンガリア》の缶入りの《あめゆ・ひやしあめ(しょうが味)》が売られていました
「これは全国的に買えるのでしょうか?」

posted by 京都情報 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシーな食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

《興正寺(西本願寺の南隣)》の紅梅は見頃、白梅は咲き始め(2014.3.5)

《興正寺》の三門

 《興正寺》の梅がそろそろ咲いているかと思って立ち寄ってみました。 《興正寺》の場所は西本願寺の南隣のこの辺にあります。

 《興正寺》の三門をくぐると右側(北側)に紅梅、左側(南側)に白梅があり、紅梅の方が少し早咲きで、白梅は少し遅れて咲き始めますが、紅梅がそろそろ見頃で、白梅は咲き始めという感じでした。 この日は小雨が降っていて平日の昼間でもあり、観光客は少なかったです。

門の外から見た白梅

門の外から見た紅梅

阿弥陀堂をバックに紅梅を撮影

紅梅をアップで撮影「そろそろ見頃です」

阿弥陀堂をバックに白梅を撮影

白梅をアップで撮影

阿弥陀堂

御影堂「向こうに西本願寺」

三門の南西から紅白の梅を撮影

三門を北西から紅白の梅を撮影

紅梅の上の方を撮影

白梅の上の方を撮影

posted by 京都情報 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

五大力尊と聖護院門跡の節分(2014.2.2)

五大力尊の入り口

五大力尊の門「昨年は鬼がお出迎え」

 今年も須賀神社の道路を隔てて北側にある五大力尊と聖護院にも立ち寄ってみました。「聖護院門跡」の場所はこの辺です。

 昨年は、五大力尊の前で鬼が出迎えてくれましたが、今年は時間(シフト)の関係からか鬼の出迎えはありませんでした。

 五大力尊の境内に入って、本堂でお参りしてから、いつもは閉じている五大力尊と聖護院門跡の間の扉は、この日は開いているので、聖護院門跡の本堂の前に出ました。

 本堂にも上がりましたが、本堂の中は撮影禁止なので外からだけ撮影してきました。 そして、今年は蝋燭を1本お供えして、その時、読み上げてくれる言葉を録画してきました。

五大力尊の境内に入って

本堂でお参り

五大力尊と聖護院門跡の間の扉を通って聖護院門跡の本堂の前に

【動画】聖護院門跡の節分の時の境内の様子

【動画】聖護院門跡の節分で蝋燭のお供えをした所

これは2月3日のお火焚

本堂を後にします

反対から見た境内「向こうに五大力尊」

これは聖護院門跡の出入り口

聖護院八つ橋の売店

posted by 京都情報 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

本満寺の節分会(2014.2.3)

寺町通りから本満寺の境内を見た所
「もう多くの人が集まっています」

 本満寺と言えば、が有名ですが、節分会が行われているというので立ち寄ってみる事にしました。 本満寺の場所は寺町今出川を上がったこの辺です。
 実は、それほど期待していなくて少し立ち寄ってみようと考えて、午後2時過ぎに到着すると、多くの人が訪れていて、左側のテントの中ではぜんざいの用意をしていました。そして、正面の舞台の上では、お坊さんのお話が始まっていました。
 そして、午後2時半頃から、豆まき、餅まきが始まりました。 残念ながら、豆や餅は1つも取れなかったのですが、豆まき、餅まきが終わると、左側の《妙見宮》の中で、外れくじなしのくじ引きが行われていて、後の方の人は引けませんでしたが半分以上の人はくじが引けました。 6等の洗剤が当たり、その後、ぜんざいを頂いて帰りました。 豆や餅が拾えなくても外れなしのくじがあり、予想していた以上の頂き物でした。

境内に入ると

左側のテントではぜんざいの用意

正面の舞台の上では、お坊さんのお話が始まっていました

【動画】本満寺の節分会でお坊さんのお話

午後2時半頃から、豆まき、餅まきが始まりました

《妙見宮》の中でくじ引き

くじ引きの他にみかんとお餅も〜

6等が当たりました

ぜんざいをいただきます

頂いた物すべて「福袋の中に10円玉も入っていました」

posted by 京都情報 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。