2013年05月03日

蹴上浄水場のつつじの一般公開初日の様子(2013.5.3)

蹴上浄水場の東出入り口「自家用車は不可、
老人ホーム関係の見学の自動車は入れる」

蹴上浄水場の東出入り口横の一般公開の案内

 昨年はつつじの開花が遅かったので、蹴上浄水場のつつじの一般公開は「平成24年5月5日(土)〜5月11日(金)まで、9:00〜16:00(入場は15:30まで)」でしたが、今年はつつじの開花が遅いのに「平成25年5月3日(金)〜5月6日(月)まで、9:00〜16:00(入場は15:30まで)」という日程で、初日の5月3日に行ってきたので、その様子を紹介します。 天気予報では最高気温が20℃以下の寒い日という事でしたが、実際は昼間は最高気温が20℃で、蹴上浄水場をぐるっと回ると少し汗が出る様な陽気でした。
 つつじの開花の様子ですが、「ダメだろうな〜」と思って行くと「そこそこ咲いている」という感じもありますが、やはり、昨年の一般公開初日と比べても開花は遅いです。
 珍しい黄色いつつじ「レンゲツツジ」や「つつじのトンネル」は、まだ、咲いていない状態でした。 また、本館内での展示やビデオでの紹介はなく、通路にパネルの展示がある程度でした。
 蹴上浄水場の場所はこの辺で、地下鉄東西線蹴上駅のすぐ近くで、京都駅から地下鉄に乗った場合、御池駅で乗り換えになります。

蹴上浄水場の東出入り口付近から見た場内

蹴上浄水場の東出入り口から入って左手の斜面のつつじ

坂道をあがって行きます

比較的咲いているつつじを撮影

こちらは紅色のつつじ

まだ、つぼみも多いです「向こうの斜面の上が、一番、高い所」

一番、高い所にあがるとお茶の接待

一番、高い所にあるソーラーパネルのまわりのつつじもイマイチ

天気もよく、暖かかったので、お弁当を食べている人も〜

珍しい黄色のレンゲツツジは手前の1株だけ咲いていた

レンゲツツジの説明

レンゲツツジのアップ

次の見所は《第1高区排水池》

《第1高区排水池》の案内

《第1高区排水池》とつつじ

与謝野晶子の歌碑「このあたりのつつじもイマイチ」

《つつじのトンネル》の入口

《つつじのトンネル》のつつじは、まだ、つぼみです

本館の裏の斜面の鉢植えのつつじ

本館内では通路にパネル展示のみ

場内には座って休めるベンチ「しかし、考えてみると年4日ほどの
一般公開の日の為だけにベンチを設置するのは無駄な気もします」

一般公開の場内の案内

こちらは北出入り口

posted by 京都情報 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

一般公開6日前の蹴上浄水場のつつじの様子(2013.4.27)

蹴上浄水場の東出入り口の横のつつじ
近づいて見るとピークを過ぎた感じ

 蹴上浄水場の前を通りかかったので、一般公開6日前の蹴上浄水場のつつじを撮影してきました。 蹴上浄水場の場所はこの辺です。
 毎年、ゴールデンウィークの時期に蹴上浄水場のつつじの一般公開が行われますが、今年(2013年)は5月3日から5月6日まで(午前9時から午後4時まで)で、詳しくは、こちらのページを参考にして下さい。
 東入り口の門の横のつつじは、毎年、最初に咲き始めますが、こちらは近づいて見るとピークを過ぎた感じでした。 入り口を入って左手の斜面のつつじは開花が進んでおらず、三条通りに面した斜面のつつじは少し開花が進んでいました。 この調子では6日後の一般公開初日のつつじの開花はイマイチかも知れません。 一般公開まで、もう1回、追記で蹴上浄水場のつつじの様子を紹介します。

門を入って左手の斜面のつつじは開花は進んでいない

つつじの咲いている所をズームで撮影

斜面の向こうの遅咲きの桜が満開からピークを過ぎた感じ

桜をズームで撮影

三条通りに面した斜面のつつじの開花は進んでいる「手前の街路樹はハナミズキ」

三条通りに面した斜面のつつじをズームで撮影「このくらい咲いていれば〜」

早咲きのオレンジ色の
つつじは満開

地下鉄の駅の横の
つつじは僅かに咲き始め

蹴上浄水場の東出入り口の横の
つつじは終盤ですが〜

【追記】(2013.5.1)
 蹴上浄水場のつつじの一般公開は5月3日から5月6日まで(午前9時から午後4時まで)ですが、一般公開2日前の蹴上浄水場のつつじの様子を紹介します。
 4月29日が暖かかったので東入り口から入った所の斜面のつつじも少し開花が進み、三条通りに面した斜面のつつじはそろそろ見頃という状態になってきました。 しかし、また、4月30日は気温が低く(最高気温18℃)、天気予報では5月1日から3日まで最高気温が20℃以下の日が続き、5月4日から20℃を超えるという事なので、初日の5月3日はちょっと期待できないかも知れないです。 そして、5月5日6日は多くの人が訪れるかも知れません。 次回は一般公開初日の様子を別ページで紹介する予定です。

門を入って左手の斜面のつつじの開花は少し進んでいまいした

ズームで撮影「まだ、ちょっと物足りないです」

桜の花は散っていました

三条通りに面した斜面のつつじはそろそろ見頃

このくらい咲いていれば良いのですけどね

手前のオレンジ色のつつじは満開ですね

posted by 京都情報 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

鳥羽水環境保全センターの藤の一般公開初日の様子(2013.4.27)

駐輪場のある南側の出入り口

駐輪場のある出入り口から入るとすぐに受付

 鳥羽水環境保全センターの藤の一般公開は2013年4月27日(土)から30日(火)までですが今年は初日の27日に行ってきました。 藤の一般公開に行くには「自家用車」「京都駅八条口からのシャトルバス」「自転車、バイク、徒歩」で出入り口が違いますが藤棚まで歩く距離が、一番、短いのは駐輪場のある南側の出入り口で場所はこの辺です。
 駐輪場のある出入り口から入るとすぐに受付があり、受付でパンフレットとうちわをもらうと、その向こうに藤棚と芝桜が綺麗に咲いていました。 今年は藤がいつになく見頃だったと思ったのですが、昨年の写真と見比べてみると、昨年と同じくらいの感じでした。 今年は藤棚の動画も撮影してきました。
 最後にもらったパンフレットを引用(紹介)しておきますので、こちらも参考にして下さい。パンフレットには京都駅までの帰りのバスの時刻表も紹介されていました。 京都駅からのバスの時刻表はありませんが京都駅からも10分おきにバスが出ていると思います。但し、4月30日(月)は京都駅からのバスの運行はありません。

受付の向こうに藤棚と芝桜

藤棚と芝桜

藤棚の下を歩いてみる事に〜

藤越しに見た芝桜

藤棚の下を歩くとこんな光景も〜

これは斜めの藤棚

一旦、藤棚は終わり、
奥にも藤棚の案内
奥の藤棚の手前にお茶の接待

こちらの藤棚も見事です

藤棚を反対側から撮影

端の伸びた藤が見事で人気があります

端の藤をアップで撮影

こちらの藤棚の下にベンチやテーブルがあり、くつろげます

【動画】鳥羽水環境保全センターの藤棚の下を歩いて撮影

帰りは藤棚の横を歩いて帰りました

横から見た藤棚と芝桜

【動画】鳥羽水環境保全センターの藤棚を横から撮影

入口でもらったパンフレット「クリックすると大きな画像で表示されます」

入口でもらったパンフレット「クリックすると大きな画像で表示されます」

posted by 京都情報 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

蹴上浄水場のつつじは僅かに咲き始め(2013.4.19)《一般公開は5/3〜5/6》

蹴上浄水場の東出入り口の横のつつじ
毎年、このつつじが最初に咲き始めます

 蹴上浄水場のつつじが僅かに咲き始めていました。 蹴上浄水場の場所はこの辺です。
 毎年、ゴールデンウィークの時期に蹴上浄水場のつつじの一般公開が行われますが、今年2013年は5月3日から5月6日まで(9:00〜16:00)で、詳しくは、こちらのページを参考にして下さい。
 東入り口の門の横のつつじは、毎年、最初に咲き始めますが、入り口を入って左手の斜面のつつじや三条通りに面した斜面のつつじは僅かに咲き始めという状態でした。 昨年はつつじの開花が遅かったですが、今年は(2009.4.22)に撮影した時と同じくらいのペースではないかと思います。 これから、蹴上げ浄水場のつつじの開花の様子は追記や新しいページで、随時、紹介して行きます。

門を入って左手の斜面は僅かに咲いている感じだったので〜

ズームで撮影するとこんな感じ

咲いているあたりをさらにズームで撮影

こちらは三条通りに面した斜面のつつじ「こちらも僅かに咲き始め」

こちらもズームで撮影「手前に写っているのは街路樹のハナミズキ」

蹴上浄水場の東出入り口の横のつつじ

【追記】(2013.4.23)
 4日後の(2013.4.23)の蹴上浄水場のつつじの様子です。 蹴上浄水場の東出入り口の横のつつじは変わらずに咲いていましたが、蹴上浄水場の東出入り口を入って左手の斜面のつつじは、最近、寒い日が続いた事もあり、ほとんど開花は進んでいませんでした。
 三条通りに面した斜面のつつじは少し開花が進んでいる感じでした。 これからの気候にもよるでしょうが、一般公開初日の5月3日には、どこまで開花が進んでいるか心配です。一般公開の日程は4月10日に決定されており、つつじの開花状況を見て決めたのではなく、お役所の都合により決めたものでしょう。

門を入って左手の斜面のつつじはほとんど開花は進んでいないです

三条通りに面した斜面のつつじは少し開花が進んでいる感じでした

三条通りに面した斜面のこのオレンジ色のつつじは、毎年、早く開花します

posted by 京都情報 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

神泉苑のサツキはそろそろ見頃(2012.5.31)

神泉苑の入口「橋の向こうにサツキ」

 神泉苑にツツジが咲いていたので、ツツジが植えられている所には、だいたいサツキも植えられているのでサツキが咲いているかと思って立ち寄ってみました。 《神泉苑》の場所は二条城の南のこの辺です。
 神泉苑の鳥居の外からでも入口の橋の向こうにサツキが咲いているのが見えました。 池のまわりには何本かのサツキが植えられていて、そろそろ見頃の状態でした。

入口から入った所のサツキ「左に《法成橋》、右に《善女龍王社》」

入口を入って橋を渡らずに右のサツキ

このサツキが満開でした

《法成橋》とサツキ「このサツキはまだ少しつぼみも残っています」

《神泉苑》の本殿

《神泉苑》の駒札

《法成橋》を渡って向こう側のサツキ「《法成橋》の向こうに《善女龍王社》」

入口付近に戻って《法成橋》と《善女龍王社》とサツキを見た所

posted by 京都情報 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

智積院のつつじはそろそろ終盤(2012.5.10)

智積院の東大路通りに面した石垣のつつじ

 智積院のつつじの様子はどうかと思って立ち寄ってみました。 智積院の場所は七条通りを東に行って東大路通りで三叉路に交差した突き当たりで、南口の場所はこの辺です。
 今年は例年と比べて梅の開花が約2週間遅れ、梅の開花が桜の開花が約1週間遅れだったので、智積院のつつじの開花はどうかと思って立ち寄ってみたのですが、東大路通りに面した石垣や境内のつつじは咲いていましたが、近づいてみると、花びらを落としたり、花びらが萎れたつつじの花もあり、そろそろ、終盤という感じでした。 蹴上浄水場のつつじの様子を見ていると、確かに開花はやや遅かった様ですが、開花後の天候が良かったせいか、一気に開花が進んで終盤を迎えるではないかと思われます。

智積院の南入口

境内図のまわりのつつじの花

智積院の南入口から入って左に進むと

《延命子育地蔵大菩薩》があります

左に井戸、右に《延命子育地蔵大菩薩》、中央手前につつじの花

金堂に続く参道沿いのつつじ「よく見ると地面につつじの花びらが落ちています」

金堂に続く参道沿いのつつじと向こうに智積院の金堂

智積院の金堂

明王殿をバックにつつじを撮影

金堂の裏(東側)の階段沿いのつつじの花

よく見ると、まだ、つぼみが少しあるので、もう少し見頃は続くでしょう

鐘楼の東側のつつじの花

鐘楼の東北の白いつつじの花

鐘楼の北側と西側は青もみじ

東山通りに面した石垣のつつじ(2012.5.16)

【追記】(2012.5.16)
 智積院のつつじの様子がどうなったか立ち寄ってみました。 予想通りだった所や予想と少し違った所もありました。
 まず、東山通りに面した石垣のつつじは(もう少し咲いているかと思ったのですが)ほとんど花びらが落ちていたか、萎れていました。 境内に入るとピンク色のつつじはまだ咲いているという感じでした。 思ったより咲いていたのが、金堂と明王殿の間のつつじで、ほぼ満開でした。 そして、金堂の裏(東側)の階段沿いのつつじは、もう少し咲いているかと思ったですが期待していた程ではなかったです。

ピンク色のつつじはまだ咲いている(2012.5.16)

このあたりは終盤という感じ

金堂に続く参道

金堂と明王殿の間のつつじはほぼ満開(2012.5.16)

金堂の裏(東側)の階段沿いのつつじの花(2012.5.16)

鐘楼の東側のつつじの花も終盤(2012.5.16)

金堂と明王殿の間にある池に咲いていたキショウブ(2012.5.16)

posted by 京都情報 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

蹴上浄水場のつつじの一般公開初日の様子(2012.5.5)

東口の受付(うちわとパンフレットをもらう)

蹴上浄水場の東出入り口付近から見た場内


 今年はつつじの開花も遅く、つつじの一般公開は「平成24年5月5日(土)〜5月11日(金)まで、9:00〜16:00(入場は15:30まで)」ですが、一般公開初日の5月5日に行ってきたので、その様子を紹介します。 初夏の様な天気で、少し歩くと汗ばむような陽気で見物客も多かったです。 心配していたよりはつつじの開花は進んでいました。

 珍しい黄色いつつじ「レンゲツツジ」は見頃に近い状態でした。 しかし、与謝野晶子の歌碑の前のつつじは、例年なら、もう少し咲いています。 全体的に、まだ、満開とは言えず、見頃は一般公開の終わりごろになると思われます。

 蹴上浄水場の場所はこの辺で、地下鉄東西線蹴上駅のすぐ近くで、京都駅から地下鉄に乗った場合、御池駅で乗り換えになります。

蹴上浄水場の東出入り口から入った所から見たとつじと本館

蹴上浄水場の東出入り口から入って左手の斜面のつつじ

蹴上浄水場の案内図

坂道をあがって行きます

少し坂道をあがった所「左の木は桜ですが今年は花びらは散ってしまっている」

もう少し坂道をあがると、一番、高い所

休憩所には無料のお茶のサービス

一番、高い所は芝生で
お弁当を食べている人も
一番、高い所にあるソーラーパネルのまわりのつつじは、一部、枯れているのか?

よく見るとソーラーパネルのまわりのつつじは鉢植えで自動給水装置

一番、高い所から見た南禅寺の三門

珍しい黄色いつつじ「レンゲツツジ」

「レンゲツツジ」の案内

ベンチもあり展望台になっている

《第1高区排水池》とつつじ

与謝野晶子の歌碑「例年なら、このあたりのつつじももう少し咲いています」

《つつじのトンネル》の入口

《つつじのトンネル》の出口

本館の中では色々な展示やDVDの再生、古い写真の展示

本館の裏の斜面の鉢植えのつつじ

イベントの案内

マスコットキャラクターと撮影

蹴上浄水場の北出入り口「左に地下鉄蹴上駅があり、ここから入る人が多いです」

posted by 京都情報 at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(1) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

蹴上浄水場の一般公開の2日前のつつじの様子(2012.5.3)

蹴上浄水場の東門横の一般公開の案内

蹴上浄水場の東門付近と斜面のつつじ

 今年のつつじの一般公開は「平成24年5月5日(土)〜5月11日(金)まで、9:00〜16:00(入場は15:30まで)」ですが、一般公開2日前の5月3日に前を通りかかったのでつつじの様子を紹介しておきます。

 初夏の様な天気が続いたり、雨が降った事もあってか、開花は順調に進んでいる様で、この調子なら初日の5月5日に行っても、そこそこ、つつじは咲いていると思われます。一般公開の幕や入口付近の準備も進んでいました。

 蹴上浄水場の場所はこの辺で、地下鉄東西線蹴上駅のすぐ近くで、京都駅から地下鉄に乗った場合、御池駅で乗り換えになります。

蹴上浄水場の東門から入って左手の斜面のつつじが咲き始めています

蹴上浄水場の東門から入って左手の斜面のつつじをズームで撮影

三条通りに面した斜面のつつじも咲き始めてきました

三条通りに面した斜面のつつじをアップで撮影

地下鉄東西線蹴上駅の前のつつじも咲いています「その向こうに北出入り口」

北出入り口付近の一般公開の準備も進んでいます

posted by 京都情報 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

鳥羽水環境保全センターの藤の一般公開(2012.4.30)

駐輪場のある南側の出入り口

駐輪場のある出入り口から入るとすぐに受付

 鳥羽水環境保全センターの藤の一般公開は2012年4月27日(金)から30日(月)までという事で今年も最終日の30日に行ってきました。 いつもは駐車場のある所から入ってシャトルバスで会場まで行っていましたが、今年は駐輪場のある南側の出入り口から入りました。 駐輪場のある出入り口の場所はこの辺です。
 駐輪場のある出入り口から入るとすぐに受付があり、受付でパンフレットとうちわをもらうと、その向こうに藤棚と芝桜が綺麗に咲いていました。今年は藤がちょうど見頃だったようです。
 下水処理の展示もあったそうですが、閉園30分前に行ったので藤棚を見学する時間しかなく、下水処理の展示などを見る事は出来ませんでした。 最後にもらったパンフレットを引用(紹介)しておきますので、こちらも参考にして下さい。パンフレットには京都駅までの帰りのバスの時刻表も紹介されていました。

藤棚と芝桜「芝桜の方が目立っている感じでした」

藤棚と芝桜

芝桜はここで終わり

藤の説明のパネル

今年は藤がちょうど見頃だったようです

見事な藤棚

つつじも咲いていました

こちらの藤棚の下には木のテーブルや椅子があって休憩できます

藤棚の下のテーブルで椅子で休憩している人たち

この伸びた藤の枝は人気があって撮影している人が誰もいない写真を撮るのは難しい

のんびりと眺めていたい気になります

藤の花越しに処理場を見た所

こちらにものんびりしている人達

藤棚越しに見た処理場

帰りは藤棚の下を歩いたので、藤棚の下から芝桜を撮影

この建物の中で下水処理の展示等

京都駅までの有料の臨時のバスも

入口でもらったパンフレット「クリックすると大きな画像で表示されます」

入口でもらったパンフレット「クリックすると大きな画像で表示されます」

posted by 京都情報 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

安井金毘羅宮《安井神社》の山吹と藤(2012.4.25)

安井金比羅宮《安井神社》の鳥居

安井金比羅宮《安井神社》の駒札

 安井金比羅宮《安井神社》の前を通りかかると鳥居の前に紅色の花が咲いていたので立ち寄ってみました。 近づいてよく見ても何の花かわかりませんでした。 安井金比羅宮は《初金比羅》の時に紹介しましたが、場所は東大路通りに面していて五条通りと四条通りの間のこの辺です。
 鳥居をくぐると参道が続いていて、参道の両側に黄色の山吹が咲いていました。 山吹といえば《松尾大社》が有名ですが安井金比羅宮にもこんなに咲いているとは知りませんでした。
 さらに参道を進むと散り際の枝垂桜があり、その向こうには咲き始めた藤の棚がありました。
 安井金比羅宮は、『悪縁を切り良縁を結ぶ祈願所』と鳥居にも書かれており、崇徳天皇の怨念を断ち切り、霊を慰める為に造られたそうで、境内には『悪縁を切る碑』があり、また、絵馬には色々な願いが書かれていました。

近づいてよく見ても何の花かわかりませんでした

鳥居の左にも同じ花が咲いていました

参道の両側に黄色の山吹が咲いていました

参道沿いの山吹をアップで撮影

一重の山吹と八重の山吹が咲いています

山吹の花の先に手水鉢

その先の枝垂桜は散り際
左に『悪縁を切る碑』、右に藤棚
少し残っている枝垂桜の花越しに見た咲き始めた藤棚

藤棚の全景

藤棚に近づいて撮影

藤の花をズームで撮影

『悪縁を切る碑』の説明

色々な願いが書かれた絵馬

桜の花越しに見た『悪縁を切る碑』

安井金比羅宮の本殿

本殿は藤棚の前にあります

posted by 京都情報 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の藤つつじ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする