2010年04月01日

京都御苑の清和院御門あたりの山桜(2010.3.31)

京都御苑の清和院御門
京都御苑の清和院御門

京都御苑の清和院御門
山桜のアップ(バックに清和院御門)

 京都御苑の桜と言えば《近衛邸跡のシダレザクラ》《出水の小川の遅咲きの山桜》が有名ですが、京都御所の東側、清和院御門あたりも山桜が咲いていました。 ちょうど、《近衛邸跡のシダレザクラ》と《出水の小川の遅咲きの山桜》の間の時期にこのあたりの山桜が見頃を迎えるようです。 清和院御門の場所は寺町丸太町を上がったこの辺で、梨木神社の一の鳥居の南西になります。
 清和院御門をくぐると右手の桜が咲いています。その後の建物はトイレです。 桜のアップの写真を見てもらえばかわる通り、花といっしょに茶色の葉も付けています。 この茶色の葉が遠くから見ると鮮やかさを邪魔しているようで、あまり人気がないのかも知れません。
 その桜の先を右に曲がると突き当りに《京都迎賓館》があります。 そもそも、京都に迎賓館が必要でしょうか?  「これも箱物行政の一つ?」と思っていたので後で確認したら桜のアップのバックに写した写真しか写真を撮っていませんでした。
 迎賓館の手前を西の方に歩いて行くと桜並木の遊歩道が続きます。 そして、学習院跡あたりに「松にはえた桜」があります。 説明が書かれた駒札の字は読みにくくなっていますが、枯れたクロマツの中の空洞に山桜が生えて、毎年、花を咲かせていましたが、平成8年4月17日にクロマツは倒れましたが、その後も山桜は角度を変えて伸び続け、桜を咲かせています。「桜松」「松木の桜」と呼ばれています。
 近寄ってみると、まだ、つぼみも多く、これから見頃になるようです。 時間があれば清和院御門あたりも散歩してみて下さい。

京都御苑の清和院御門をくぐって右手の桜(後の建物はトイレ)

山桜のアップ(先に京都迎賓館)
山桜のアップ(先の突き当たりに京都迎賓館)

《京都迎賓館》の近くの山桜(見事な桜の木もあります)

遊歩道を東に歩いています(向こうに見えるのは京都御所)

「松にはえた桜」の案内

学習院跡の石碑と桜松

《桜松》の全景(数箇所から方向を変えて枝を出しています)

《桜松》のアップ(茶色の葉も多いですが、つぼみも多いです)

《桜松》を色々な角度から撮影

《土御門第跡》の桜
《土御門第跡》あたりの桜



posted by 京都情報 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

養源院の桜(2010.3.31)

養源院の門

養源院の駒札

 養源院と言えば「血天井」で有名で、以前、血天井を見に行きましたが、残念ながら建物内は撮影禁止なので血天井は紹介できないので、ここで紹介するのは始めてです。 今回は建物の中には入らず、本堂に行くまでにある桜の様子を見てきました。 養源院の場所は三十三間堂の東側のこの辺です。
 養源院の入り口には「桃山御殿 血天井」という立て看板と案内の駒札があります。 お寺の歴史などは駒札を読んで下さい。(クリックすると大きな画像で表示されます)
 門をくぐって境内に入ると左手に手水舎があります。 この手水舎は裸電球に手押しポンプという昭和初期を思わせる雰囲気がありますが、手押しポンプを上下しても水が出ませんでした。
 境内を本堂の方に進んで行くと左手の桜が綺麗に咲いていました。 満開の状態で、地面には花びらも落ちており、また、風が吹くと花びらが散り始めて、見頃から散り始めという状態でした。
 本堂の前にも桜があり、こちらはよく見ると何輪かの花が咲き始めていました。 これから本堂の前の桜が綺麗に咲くと思われます。

手水舎(裸電球に手押しポンプという昭和初期を思わせる雰囲気)

左手の桜の全景

桜のアップ(茶色の葉も出ています)

養源院の本堂(本堂の前にも桜)

本堂の前の桜は咲き始め

満開の桜を右手に見て帰りました

posted by 京都情報 at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(1) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

祇園白川《夜桜ライトアップ》(2010.3.30)

川端通から祇園白川に入る所

 昨日は夜になってから雨からみぞれ、雪に変わりましたが朝には雪もやんで、ほんのり雪化粧の朝を向かえ、今晩は昨晩より寒さも少しゆるんで、天気も良くなったので、祇園白川のライトアップに立ち寄ってみました。 祇園白川の場所はこの辺です。
 昨日、来る予定だった人も、今日、来たのか、人は多かったです。 ライトアップで見たせいもあるのか、ほとんど満開に見えました。 2010年のライトアップは3月26日(金)〜4月4日(日)《P.M.6:00〜P.M.10:00》です。

川端通から祇園白川に入った所あたりの桜

大和橋から西を見た所

大和橋から東を見た所

祇園白川の人通り(ライトアップの時間は歩行者専用になります)

ライトアップしているせいか、満開に見えます

桜をアップで撮影(多くの花が咲いています)

祇園白川の石碑と桜

辰巳大明神と前の桜

posted by 京都情報 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

岡崎神社の桜はそろそろ見頃(2010.3.28)

鳥居をくぐると左にピンク、右に白の桜

 岡崎神社の前を通りかかると桜が咲いているようだったので立ち寄ってみました。 岡崎神社には本殿の南東に遅咲きのシダレザクラがある事は知っていましたが、他に桜がある事は知りませんでした。 岡崎神社の場所はこの辺です。
 鳥居をくぐると左にピンク、右に白の桜が咲いていました。 本殿の南東に遅咲きのシダレザクラはまだ咲いていませんでした。 桜の木の数は多くありませんが、遅咲きのシダレザクラが咲いて散るまで、まだ、しばらく、岡崎神社の桜は楽しめそうです。

左側のピンク色の桜

左側のピンク色の桜のアップ(まだ、つぼみも多いです)

右側の白色の桜(左後の遅咲きの桜はまだ咲いていないです)

右側の白色の桜のアップ(後に遅咲きの桜と本殿)

本殿の左手前にも咲き始めのピンク色の桜

本殿の兎の提灯の向こうに白い兎

【追記】(2010.10.16)
 平成22年10月1日、岡崎神社に狛兎が登場しました。 狛兎について詳しくはこちらを参考にして下さい。

左側の口を閉じた狛兎

右側の口を開けた狛兎

posted by 京都情報 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

五条楽園のレトロな建物《桜の季節編》

高瀬川沿いのお茶屋「本家三友」

 前回、初夏の時期に《五条楽園の散策レポート》を紹介しましたが、高瀬川沿いのお茶屋「本家三友」は桜の咲いている時期も綺麗だろうと思って立ち寄ってみました。
 少し早いかと思ったのですが、もう桜の花は咲いていました。 お茶屋「本家三友」の前の桜だけ、少し早く咲いているみたいで、高瀬川沿いの他の桜はつぼみが膨らんだ状態か、咲き始めの状態でした。 お茶屋「本家三友」の場所はこの辺です。

高瀬川沿いのお茶屋「本家三友」

高瀬川の向こう側からお茶屋「本家三友」を撮影

お茶屋「本家三友」をバックに桜のアップ(まだ、つぼみもあります)

高瀬川の東岸からお茶屋「本家三友」を撮影

お茶屋「本家三友」を東側から撮影

高瀬川沿いの他の桜は咲き始め

これは空家(場所はお茶屋「本家三友」の南東のこの辺です)

posted by 京都情報 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

六角堂の御幸桜は見頃(2010.3.25)

六角堂の南門

六角堂の駒札

 六角堂の御幸桜がそろそろ見頃になっているかと思って立ち寄ってみました。 六角堂は烏丸六角を少し東に入った北側のこの辺にあり、地下鉄烏丸御池駅から徒歩数分の所にあり、交通の便は良いです。 ちなみに、六角通は御池通から3筋南、三条通から1筋南になります。
 お寺の歴史などは駒札や案内の立て札を読んで下さい。(クリックすると別画面で大きな画像で表示されます)
 本堂には「観世音菩薩」と書かれた大きな提灯が下がっていて、この大きな提灯も六角堂の名物の1つです。 本堂の前には「銅鑼」が下げっていています。
 本堂の右手(東側)に《御幸桜》があります。 説明の立て札を読むと「早咲きの桜」「最初に白色の花を咲かせ、次第にピンク色に色づいて行く」と説明されていました。 よく見ると「白色の花」の中に「ピンク色の花」も咲いていました。 見た感じは「見頃」でしたが、もう少し先まで「見頃」が続くのかも知れません。

南門から入ると正面に本堂
(左側に松、右側に柳)
「観世音菩薩」と書かれた提灯

本堂の右手の桜(奥に御幸桜)

本堂の右手の桜(バックに本堂)

六角堂の《御幸桜》
六角堂の《御幸桜》の全景

《御幸桜》のアップ(「白色の花」の中に「ピンク色の花」)

《御幸桜》の説明の立て札

《合掌地蔵》の説明の立て札

《合掌地蔵》と《御幸桜》

池の横に《御幸桜》

本堂の北の池の白鳥

白鳥についての注意書き

六角堂を西から撮影(屋根が六角形になっている事がわかるでしょうか?)

posted by 京都情報 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

鴨川沿いのシダレザクラ《七条大橋〜五条大橋》(2010.3.25)

七条大橋の近くのシダレザクラ

 七条大橋から五条大橋の間の鴨川沿い(東岸)のシダレザクラの様子を見てきました。 今回、撮影した場所は、《七条大橋》から《五条大橋》あたりまでです。
 この間には、何本ものシダレザクラが植えられていて、そろそろ見頃という状態でした。 この辺には《250円弁当(元気や 五条店)》もありますが、「桜」と「元気や」をいっしょに写真に撮る事ができないかと色々な角度から写真を撮ってみました。 この日は小雨が降っていたので河原でお弁当を食べる事はできませんでした。
 京都は、わざわざ社寺や観光地に行かなくても、あちこちで桜を楽しむ事ができます。

七条大橋から五条大橋に続く鴨川沿い(東岸)の桜並木の遊歩道

シダレザクラ越しに七条大橋

シダレザクラのアップ(クリックすると大きな画像で表示されます)

シダレザクラの向こうに七条大橋

正面川端あたりの遊歩道

正面通を少し上がった所のシダレザクラ

シダレザクラ越しに正面橋を撮影

シダレザクラの向こう正面橋(こんなシダレザクラが何本もあります)

桜並木の遊歩道は続きます

鴨川には鴨
(鴨がいるから鴨川?)
桜の向こうに《250円弁当(元気や 五条店)》(やはりピントが合いません)

黄色い花は《レンギョウ》

五条大橋が見えてきました

向こうに見えるのが五条大橋です

posted by 京都情報 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

賀茂川沿いの桜(2010.3.22)

加茂大橋の南西の桜

 賀茂川沿い(出町から上)の桜はいつも咲くのが少し遅いですが、どんな状態か様子を見てきました。
 加茂大橋の南西のシダレザクラはいつも咲くのは早く、そろそろ見頃の状態になっていました。
 出町で賀茂川と高野川が合流する地点から賀茂川沿いに北上しました。 しかし、どんどん北上しても向こう岸(東岸)には咲いている桜もありましたが、咲いている桜はありません。 ようやく、出雲路橋の少し南に咲いている桜が1本ありました。 桜の咲いていた場所はこの辺です。 北大路通まで行って賀茂川西岸で咲いていた桜はこの1本だけでしたが、すぐに他の桜の木も咲き始めると思います。

バックに比叡山(まだ、咲いていません)

向こう岸には咲いている桜もあります

出雲橋の少し南に咲いている桜

向こうに見えるのは出雲路橋

山をバックに桜のアップ

賀茂川をバックに桜のアップ

比叡山と賀茂川をバックに桜のアップ

posted by 京都情報 at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

平野神社の桜(2010.3.20〜22)

東門の鳥居の左手前の河津桜

鳥居をくぐって右手の桜

 3月20日21日22日と、毎日、平野神社に行っていました。 毎日、行く予定ではなかったのですが、20日(土)に平野神社に行った時は午後5時を過ぎていたので、平野神社の南東の『桜園』は閉門されていては入れなかったので21日(日)に行き、 22日(月)は《千本釈迦堂》に行ったので、その後、立ち寄りました。
 写真が3日分もあると整理するのが大変ですが、できるだけ、要領よく、紹介してみます。
 まず、東門の鳥居の左手前にある河津桜は、だいぶ、葉が出てきましたが、花はまだ散っていませんでした。 河津桜はソメイヨシノなどと比べると花が咲いている期間が長いようです。
 鳥居をくぐって右手の「出世導引稲荷社」「猿田彦社」あたりの桜は手前の桜は散ってしまいましたが、奥の方の桜が咲き始めました。 鳥居の右側の桜の木には《陽光》と書かれた札がかかっていました。 そして、鳥居の左上の方で白く咲いていた桜の木には《彼岸桜》という札がかかっていました。
 本殿の入り口、楼門の左手のシダレザクラはそろそろ見頃の状態になっていました。 本殿の南では宴会席の設置の準備が進められていて、こちらのシダレザクラもそろそろ見頃の状態になっていました。 《桜園》の中の《雪山桜》なども見頃の状態になっていました。 平野神社も、これから色々な種類の桜が咲き始めるでしょう

鳥居の左上の《彼岸桜》

鳥居の右側の《陽光》

本殿入り口の左手のシダレザクラはそろそろ見頃

本殿入り口の左手のシダレザクラのアップ(つぼみは少ないです)

平野神社の舞殿と本殿(この辺りの桜もそろそろ咲き始め)

こちらのシダレザクラもそろそろ見頃(宴会席の設置準備も進められています)

平野神社の西門の鳥居と寒桜

宴会席の準備も進んでいます

《桜園》の遊歩道(あちこちに熊や猪などの像)

《桜園》の中の《雪山桜》の全景

《雪山桜》の札と桜のアップ

桜の向こうに鹿の像

posted by 京都情報 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

大豊神社のシダレザクラは咲き始めから見頃(2010.3.21)

哲学の道の桜

哲学の道の桜越しに石灯篭と橋

 昨日は暖かかったですが、昨晩10時頃から雨が降り、朝には雨はやみましたが、今日は昨日と違って寒さがぶり返して寒かったです。 この時期は「三寒四温」と言われる通り、寒さと暖かさを繰り返して、徐々に暖かくなって行きます。
 今日は大豊神社の「桜は咲いているか?」「枝垂紅梅はどうなったか?」と思って立ち寄ってみました。 まず、大豊神社に行く途中、哲学の道の桜が咲いていて見頃になっていて、多くの人が立ち止まって写真を撮ったり、見学していました。
 大豊神社の三の鳥居まで行くと鳥居の左側のシダレザクラが咲き始めから見頃の状態になっていました。 右側の枝垂紅梅は少し花は残っていましたが終盤という感じでした。
 前回、大豊神社に来たのは11日前で、この時期、11日も経つと、だいぶ、様子が変わります。
 今日の狛鼠さんのオシャレの様子の写真も撮ってきました。 大豊神社の場所はこの辺です。

大豊神社の三の鳥居《左にシダレザクラ、右に枝垂紅梅》

こちらは枝垂紅梅(少し花は残っています)

大豊神社のシダレザクラ(咲き始めから見頃の状態です)

大豊神社のシダレザクラ(まだ、つぼみも多いので満開になると見事でしょう)

大豊神社のシダレザクラを別の角度から撮影

今日の狛鼠さんのオシャレ

左の狛鼠は大きな紅椿

左の狛鼠は大きな白椿

posted by 京都情報 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。