2009年06月22日

やよい軒 烏丸御池店《定食屋チェーン店》

《やよい軒 烏丸御池店》

《カツ丼》今だけ390円

食券の自動販売機

 『カツ丼 今だけ390円』というポスターを見かけたので《やよい軒 烏丸御池店》の中に入ってみました。 《やよい軒》は《宮本むなし》と並んで『定食屋チェーン店』として、最近、よく見かけます。 以前は「めしや丼(めしやどん)」という名前で展開していましたが2006年7月に《やよい軒》に名前を変更しています。 チェーン展開をしているプレナスは「ほっともっと(旧ほっかほっか亭)」も運営しています。 《やよい軒 烏丸御池店》の場所はこの辺で、御池通に面していて、地下鉄の駅から歩いて1〜2分で、交通の便は良い所にあります。。

 店に入ると食券の自動販売機があり、食券を買うのは「宮本むなし」と同じです。 店内はカウンター席10席とテーブル席は二十数席あり、ちょうど、カウンター席が空いたので、そこに座って食券を渡すと、10分程で味噌汁付きのカツ丼が出てきました。 (ファーストフードに慣れていると10分はちょっと長く感じます)

 味の方は少し辛い目で関東風の味付けかも知れません。 味噌汁の具は「油揚げ」と「わかめ」でした。 390円なら文句はないですが通常料金の630円では少し首を傾げる所です。

 店に入ったのは午後7時過ぎでしたが、店内にいた25分くらいの間で、満席になって「しばらく、お待ち下さい」という状態が数回ありました。 回転が早いので待ち時間は長くても2〜3分でしたが、そんなに繁盛しているのなら「席待ち用の椅子」を2〜3人分でも用意すれば良いのに、みなさん、立って待っていました。

 「宮本むなし」と同様、定食は「ご飯のおかわりは自由」です。 「宮本むなし」と比較すると、店内は「やや大衆向け」の造りですが、値段の方は「少し高い」という所です。

カウンター席

テーブル席

《カツ丼》今だけ390円

メニューサンプル

《チェーン展開の食事処》の地図を表示する


posted by 京都情報 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェーン展開の食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

宮本むなし(定食屋チェーン店)地下鉄丸太町駅前店

宮本むなしの外観
『宮本むなし』の外観

照焼チキン定食
照焼チキン定食

 「宮本むなし」という定食屋チェーン店があちこちに出来ているので中に入ってみました。表に「期間限定 照焼チキン定食590円」という立て看板が立っていたので、これを食べてみる事にしました。
 入り口横の券売機で食券を買って、食券を渡してから8分ほどで、鉄製のステーキ皿に「ジュウジュウ」と音を立てた状態で出てきました。 「照焼チキン」の他に「(揚げたてのほくほくの)ポテトコロッケ」「サラダ」「味噌汁」「漬物」「ご飯」のセットで、定食のご飯のおかわりは自由です。
 店内はカウンター席をあわせて30席程度で、お店の場所はこの辺です。 以前、この場所にはオムライスを売り物にしていた「洋食昭和ランチ」がありましたがチェーン本部は同じで大半の店舗を「宮本むなし」にリニューアルして営業しているようです。 外から見たレポートをこちらでした事をありますが、その時と比べるとやや安い目の定食を追加しています。

立て看板 munasi_kenbaiki.jpg
『照焼チキン定食』の立て看板

入り口横の券売機

munasi_tenai2.jpg munasi_tenai4.jpg
店内(全30席程)

店内(カウンター席)

munasi_okawari.jpg munasi_hasiire.jpg
定食はご飯のおかわり自由

引き出し式の箸入れ

《チェーン展開の食事処》の地図を表示する
posted by 京都情報 at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェーン展開の食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

飲食チェーン店の栄枯盛衰

 以前、オムライスを売り物にしていたお店(洋食昭和ランチ)があったと思った場所に「めしや 宮本むなし」という看板がかかっていました。 このお店の場所はこの辺です。

 ここ10年程で、あらわれたり、消えたり、規模を縮小した飲食チェーン店はいくつもあります。 これから飲食チェーン店の栄枯盛衰もレポートしたいと思います。

消えた店:アトムボーイ(回転寿司)、明治亭(ファミリーレストラン)、名前?(ステーキ丼)

縮小したり珍しくなった店:小僧寿司、丹波屋(おはぎ)、洋食昭和ランチ(オムライス)、あさくま(ステーキ)

京都が本店で展開している店:王将(餃子、中華)、天下一品(ラーメン)

CIMG0260.jpg CIMG0257.jpg

 「卵丼(390円)」「カレーライス(460円)」「ごはん食べ放題の定食(650〜790円)」を売り物にしているようです。店の名前は社長の子供が幼い頃、宮本武蔵を「宮本むなし」と言っていた事から付けたそうで、ショーケースの下の段に袴に「宮本むなし」と書いた人形が飾られています。

CIMG0261.jpg
 後で調べてみると「洋食昭和ランチ」と「宮本むなし」のチェーン本部は同じ会社(株式会社 UG・宇都宮)で、「洋食昭和ランチ」は大阪の2店で営業を続けているそうです。
 「洋食昭和ランチ」のレポートがこちらにありましたが、このような内装を改装してしまったのは少し惜しい気がします。

 四条堀川と烏丸の間にも「めしや 宮本むなし」の看板のかかった店があり、このお店の場所はこの辺です。

《チェーン展開の食事処》の地図を表示する
posted by 京都情報 at 14:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | チェーン展開の食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。