2012年12月22日

同志社栄光館のキャンドルライトサービス(2012.12.22)

同志社女子校の入口(入場中の行列が見える)

栄光館に入場中の行列

 今年も同志社栄光館のキャンドルライトサービスに行ってきました。 栄光館は同志社女子学校の校内にあり、場所は京都御所の北のこの辺です。
 午後5時半開場、午後6時開式という事で、午後5時35分頃、到着すると、栄光館の前に行列が出来ていて中に入っている所でした。 「礼拝中の撮影はご遠慮下さい」という事だったので礼拝の前後の写真は少し撮影してきました。 栄光館の2階の最前列に座りましたが、まず、前の手すりが変わっていた事に気がつきました。
 午後5時50分頃から聖歌隊の入場、そして、礼拝と続いて、午後7時半頃に礼拝が終わりました。 この中で、今年、栄光館の改装工事が行われて、照明が蛍光灯からブドウ型に変わり、これは昭和7年に出来た時とほぼ同じ形で、戦争中に武器を作る為に供出されたのを昔の形に復元したという話があったので、礼拝が終わった後、ぶどう型の照明を撮影してきました。(改装前の蛍光灯の照明は<2009.12.19>に行った時の写真を参考にして下さい)
 栄光館の前で聖歌隊が賛美歌を歌い、これは撮影は自由なので、こちらは撮影してきましたが「きよしこの夜」「神の御子は今宵しも」「もろびとこぞりて」「同志社の校歌」の4曲を歌って終りましたが、録画ボタンを押すタイミングが悪く、「もろびとこぞりて」以外は頭が切れています。

入口前から見たクリスマスツリー

栄光館の入口

栄光館のパイプオルガン

栄光館の中の様子「手すりが変わっていました」

礼拝が終わった後の栄光館の中の様子「天井からぶどう型の照明」

ぶどう型の照明を別角度から撮影

1階のクリスマスツリー

礼拝の後、栄光館の前で聖歌隊が賛美歌

【動画】栄光館の前で《きよしこの夜》

クリスマスツリーの前で聖歌隊による賛美歌

【動画】「神の御子は今宵しも」「もろびとこぞりて」

クリスマスツリーの前で聖歌隊による賛美歌

【動画】最後に英語の同志社の校歌

終わった後、写真撮影

栄光館の横のクリスマスツリーを撮影して帰りました

posted by 京都情報 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

平安女学院のアグネスイルミネーション点灯式(2012.11.24)

午後5時50分頃に到着すると静か

一部、セッティングしている所

 平安女学院のアグネスイルミネーション点灯式に出かけてきました。 点灯式が午後6時からと聞いていましたが10分位前に到着しました。 午後3時45分から午後5時45分までアグネスホールで演奏会があったそうですが、到着した時には向かいの建物の中から演奏が聞こえていたので少し遅れていたのでしょう。そして、一部、イルミネーションのセッティングしていました。
 点灯式の開始も少し遅れるのかと思ったら、ほぼ予定通りで午後6時過ぎから外人教師による英語の司会で始まり、歌や創作童話の紹介があり、カウントダウンしてブラスバンドの演奏と共にイルミネーションが点灯されました。 アグネスイルミネイションは2005年から始まり、平安女学院の学生・生徒や教職員が、毎年、形を変えて"手づくり"で光のオブジェを作っているとの事です。 今年は創作の童話を作って大型ディスプレイで紹介し、童話のストーリーのイルミネーションを作ったという事です。(点灯式の様子は動画で紹介しています)

午後6時過ぎから外人教師による英語の司会で点灯式が始まる

大型ディスプレイで創作の童話を紹介

カウントダウンしてブラスバンドの演奏と共にイルミネーションが点灯

イルミネーションが点灯

【動画】平安女学院のアグネスイルミネーション点灯式

ブラスバンドの演奏

 点灯式で「ロームのイルミネーションは電球だったので原発停止による節電で中止になり(ここはLEDなので電気は消費しない)、鑑賞ツアーも中止なった」と説明をしていました。 しかし、1kmほど北東の同志社のイルミネーションの紹介がなかったのは「?」でした。 一般的にカトリックは色々と厳しく、プロテスタントは自由で、カトリックの平安女学院のクリスマスイルミネーションは遊び心を持って作られ、プロテスタントの同志社のクリスマスツリーはシンプルなのも少し面白いです。
 「アグネス・イルミネーション2012」は11月24日から12月25日まで(17時30分から21時まで)で、場所は室町下立売を下がった西側のこの辺です。以前は『水車』など動く物もあったのですが、(故障が多い為か)今年は動く物はなく、一部、LEDが点滅していました。

ピースツリー「ペットボトルで作られていて願い事か書かれている」

反対側から全景を見た所「手前はきのこ」

真ん中にお城

道路側から見ると「St.Agnes」の文字

校舎の壁にもイルミネーション

烏丸通りに面した所は安全の為か
イルミネーションはなし

烏丸通りを少し西に入ると
こんな感じ

posted by 京都情報 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

同志社栄光館のキャンドルライトサービス(2011.12.23)

同志社女子校の入口

栄光館の入口

 同志社栄光館のキャンドルライトサービスに行ってきました。 栄光館は同志社女子学校の校内にあり、場所は京都御所の北あたりのこの辺です。
 同志社栄光館のキャンドルライトサービスは<2009.12.19>に行きましたが、前回、「礼拝中の撮影はご遠慮下さい」という事だったので、礼拝の前後の写真は撮ったのですが、今回、「撮影禁止は礼拝中だけですか?」と余計な事を質問してしまって「ご遠慮下さい」と言われたので、栄光館の中の写真は撮影していないので、前回のレポートを参考にして下さい。
 午後6時から始まりますが、午後5時48分頃に到着すると栄光館の中は9割くらいの入りで、今まで来た中で、一番、人は多かったです。 午後5時50分から聖歌隊の入場、そして、礼拝と続いて、午後7時半頃に礼拝が終わったので急いで外に出ました。 礼拝の後、栄光館の前で聖歌隊が賛美歌を歌うので、これなら撮影は自由なので、こちらを撮影に行ったのですが、「きよしこの夜」「神の御子は今宵しも」「もろびとこぞりて」「同志社の校歌」の4曲を歌って終りました。

【動画】きよしこの夜

クリスマスツリーと聖歌隊

【動画】神の御子は今宵しも

クリスマスツリーと聖歌隊

クリスマスツリーと聖歌隊

【動画】きよしこの夜「指揮者の終わりの挨拶」

終った後の記念写真撮影

最後にクリスマスツリーを撮影

posted by 京都情報 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

京都丸太町教会のクリスマス礼拝(2010.12.24)

《京都丸太町教会》

入り口と横のクリスマスツリー

 昨年は《同志社栄光館のクリスマスキャンドルライトサービス》を紹介しましたが、今年は《京都丸太町教会のクリスマス礼拝》を紹介します。 京都丸太町教会の場所は川端丸太町の東、徒歩2〜3分の所の東北角のこの辺です。
 京都丸太町教会のHPにクリスマス礼拝は午後6時半からと書いてあり、《オープンチャーチ》に行った時、『昨年のクリスマス礼拝では立ち見もいた』という事だったので、6時20分頃に行き、入り口で記帳して、礼拝堂に入ると6割くらいの入りで賛美歌の練習をしていました。
 6時半からクリスマス礼拝が始まりましたが、「撮影禁止」の説明はなかったですがマナーとして礼拝中の撮影は控えました。 賛美歌を歌い、聖書の一節を(ここでは会員が)読み、お説教があり、パイプオルガンの演奏もあって、8時頃に終わりました。 (平日の6時半から始まる事もあり)礼拝中に入場する人もいて、終わる頃には8割くらいの入りになっていました。 最後に「平成23年2月6日(日)午後6時半からパイプオルガンの演奏者(ルドルフ・ルッツ)を迎えて賛美礼拝(無料)があります」と案内していました。これも行ってみたいと思っています。
 帰りに出口で聖歌隊が賛美歌を歌い、また、牧師が「お気をつけてお帰り下さい」と言って見送りをしてくれました。

入り口で記帳

礼拝堂に入ると賛美歌の練習中

クリスマス礼拝前の礼拝堂の様子

クリスマス礼拝の後、出口で聖歌隊が賛美歌を歌ってお見送り

posted by 京都情報 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

京都丸太町教会のオープンチャーチ(2010.1.24)

《京都丸太町教会》

《オープンチャーチ》の案内

《京都丸太町教会》の入り口

入り口を入ると人形劇用の人形が展示

こちらにも人形劇用の人形

 《京都丸太町教会》の《オープンチャーチ》に行ってきました。 今までお寺や神社の紹介をしてきたので、公平に(?)キリスト教の教会も紹介しようと思ったのですが、教会は、お寺や神社と比べて、ちょっと入りにくい感じがあります。 そこでインターネットで調べていたら京都丸太町教会のHPに2010年1月24日(日)午後1〜5時にオープンチャーチがあるという事で行ってきました。 京都丸太町教会の場所は川端丸太町の東、徒歩2〜3分の所の東北角のこの辺です。
 入り口を入ると、人形劇用の人形が展示されていて、2〜3人の人がいました。 「オープンチャーチに来たのですけど」と言うと牧師と思われる人に「どうぞ」と案内されました。 どうやら、他の人はいつも来ている人達のようで、この時、オープンチャーチの見学者は他にはいなかったようです。
 まず、入り口を入って右手の礼拝堂に案内されました。 少し予想外だったのは「キリスト像」や「マリア像」はなかったですが、中央に十字架があった事です。 そこで牧師さんに「プロテスタントではキリスト像やマリア像はないのですね。イエスキリストが像を作る事を禁止したからですか?」と言うと、牧師さんは「偶像崇拝の禁止は旧約聖書に書かれている事です。ここ(プロテスタント)では十字架がぎりぎりです」と説明してくれました。
 ここで【知ったかぶりの薀蓄披露】をしますと、イエス・キリストは旧約聖書の教えが間違った方向に運用されているのを正した『宗教改革』をした人で、イエス・キリストが新しい宗教を起こした訳ではないのですよね。 ちなみに『キリスト』というのは旧約聖書に出てくる「救い主」の事で『イエス』が名前で『イエス・キリスト』とは『救い主イエス』という事になります。

 その後、牧師さんに2階や1階のその他の部屋などを紹介してもらいました。 現在の建物は京都丸太町教会のHPによると1995年に建て替えられたもので近代的な明るい建物になっていました。
 牧師さんから聞いた話しをいくつか紹介しますと「日曜の礼拝の後、調理場があって、みんなで料理を作ってお昼を食べて帰る(この辺の様子は人がいたので写真撮影は控えました)」「年に1回、12月に人形劇を披露している」「12月24日のキャンドルライトサービスでは、多くの一般の人も来て、座れない人も出た」「時々、礼拝堂でコンサートもしている」「(牧師自身は)若い頃は興味がなくて50歳をなってから洗礼を受けた」という事でした。 そして、「また、時々、HPを見て、来ます」と言って帰りました。 後でデジタルカメラの録画時間で確認すると15分くらいの見学でした。

《京都丸太町教会》の礼拝堂
《京都丸太町教会》の礼拝堂

《京都丸太町教会》の礼拝堂のパイプオルガン
《京都丸太町教会》の礼拝堂のパイプオルガン

2階の子供用図書室

2階から丸太町通を見た所

1階奥の小さい方の礼拝堂

posted by 京都情報 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

同志社栄光館のクリスマスキャンドルライトサービス(2009.12.19)

《同志社女子高等学校・
同志社女子中学校》の校門

《同志社栄光館》入り口でお出迎え

 同志社栄光館のクリスマスキャンドルライトサービスに行ってきました。 栄光館は同志社女子学校の校内にあり、男性は少し敷居が高い感じがありますが、栄光館の建物に入ると、プログラムを渡されて「寒い中、お越しいただいて、有難うございます」と言って出迎えられ、少し肩の力が抜けて中に入りました。 同志社の栄光館の場所は京都御所の北あたりのこの辺です。
 栄光館の建物の中に入って、まっすぐ、行くと1階に入りますが、横の階段を上がって2階に行く事にしました。 礼拝が始まる前に「礼拝中の写真撮影はご遠慮下さい」というアナウンスがあったので、礼拝中の写真は紹介できません。
  礼拝後、栄光館の中の写真を撮って来ました。 栄光館の中はシンプルです。

【知ったかぶりの薀蓄披露】
 旧約聖書で(イエス・キリストも旧約聖書の教えに従って)偶像崇拝を禁止し、像を作る事も禁止していました。 教会にイエス・キリスト像や聖母マリア像があるのはカトリック系で、プロテスタント系の教会には像は置かれていません。 「ミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチはイエス・キリストの絵を描いているけど、それらはカトリック?」と思う人がいるかも知れませんが、ミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチが活躍したのは15世紀で、当時はローマ教会が中心で、16世紀のマルティン・ルターによる宗教改革により、「ローマ教会のやり方はイエス・キリストの教えと違う」と訴えて、カトリックとプロテスタントにわかれています。

礼拝後の栄光館の中の様子

栄光館のパイプオルガン(設置当時、日本で数少ないパイプオルガンの1つ)

【動画】栄光館の前でキャンドルライトサービス


 ゆっくりと栄光館の建物の中の写真を撮って外に出ると栄光館の前でキャンドルライトサービスで合唱しているではありませんか!
 ちゃんと案内してくれたら、もっと早く外に出たのに・・・です。 3曲くらい歌って終わりました。
 栄光館の2階からペンライトを持って指揮をしていたので写真を撮ったらペンライトの軌跡の写真が撮れたので面白いので紹介しておきます。
 その後、栄光館の横のクリスマスツリーの写真を撮って帰りました。

栄光館の2階から指揮(ペンライトの指揮の軌跡が写っています)

キャンドルライトサービス《バックにクリスマスツリー》
(フラッシュは使わず、キャンドルの灯りだけ)

《クリスマスツリー》バックに栄光館

【動画】同志社栄光館の横のクリスマスツリー


 同志社中学の彰栄館の前のクリスマスツリーは大きいですが色数も少なく、点滅せず、シンプルですが、栄光館の横のクリスマスツリーは色とりどりで点滅していたので動画も撮影してきたので紹介します。

【知ったかぶりの薀蓄披露】
 皆さんは「宗教音楽に拍手はしない」という事をご存知でしょうか?  今回のクリスマス礼拝では、知っている人も多く、まわりの雰囲気を見て、拍手する人はいませんでした。
 毎朝、礼拝をしている某ミッションスクールで、外部の聖歌隊を招いて賛美歌が歌われた時、学生が知らずに拍手したのは仕方がないとして、若手の教師までいっしょに拍手をしていたという話しもあります。(その後、宗教担当の先生から注意された事は言うまでもありません)

posted by 京都情報 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

同志社のクリスマスツリー(2009.11.21)

同志社のクリスマスツリー

同志社中学の「彰栄館」

 今年も11月20日から12月25日まで(17時30分から22時30分まで)同志社でクリスマスツリーが点灯されるという事で行ってきました。

 クリスマスツリーの場所は烏丸通に面した西側の入り口を少し入った同志社中学の彰栄館の南のこの辺にあるヒマラヤ杉にイルミネーションをつけたものです。

 間違って「同志社大学付属同志社中学」と書く人がいるようですが、新島襄が作ったのは「同志社中学」で、「同志社大学」は新島襄の死後、出来ています。

 初期に建てられ、重要文化財にも指定されている「彰栄館」や「チャペル」も現在も同志社中学が使っています。 「彰栄館」には同志社中学の図書室や教室などがあり、同志社大学は使っていないのに「同志社大学彰栄館」と表現しているサイトがあり、何を根拠に「同志社大学彰栄館」と表現しているのか疑問に思います。

 同志社大学の方が後に作られているので「同志社中学付属同志社大学」と表現しても良いのではないかと考える所です。 正式名称は「同志社中学」「同志社大学」とのことです。

【追記】
 同志社栄光館(同志社女子中学校・同志社女子高等学校)前のクリスマスツリーとクリスマスキャンドルライトサービスの様子は、こちらで紹介しています。

左手に「彰栄館」、右手にクリスマスツリー

左手にクリスマスツリー、右手に「彰栄館」

クリスマスツリーを下から撮影

同志社のクリスマスツリーを烏丸通に面した入り口付近から撮影

posted by 京都情報 at 03:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

平安女学院アグネス・イルミネーション(2009.11.21)

下立売通に面した校舎の壁面にも電飾

下立売室町東の校舎の壁面の電飾

下立売室町下がった校舎の壁面の電飾

 「平安女学院 アグネス・イルミネーション2009」に行ってきました。
 平安女学院のアグネス・イルミネーションは「平和への願いをクリスマス・ツリーに掲げて、ピースツリーの運動を広げませんか」という呼びかけで2005年から始まり、今年で5年目になります。 平安女学院の学生・生徒や教職員がペットボトルのクリスマスツリーの他、毎年、形を変えて"手づくり"で光のオブジェを作っています。
 平安女学院は英語で「 St. Agnes' School 」と言います。 聖アグネス(セント・アグネス)は西暦304年1月21日にローマ帝国皇帝ディオクレティアヌスの統治下で13歳で殉教し、平安女学院は聖アグネスを守護聖人としています。

【知ったかぶりの薀蓄披露】
 守護聖人とは、キリスト教(カトリック系)において、特定の職業・活動や国、地域などをゆかりのある聖人が守っているという考え方です。
 キリスト教は「神は唯一である」として、「石でも山でも神にして崇拝する(偶像崇拝する)原始宗教とは違う」という考え方ですが、守護聖人の考え方と少し矛盾するような気がするし、「菅原道真は学問の神様」「安倍晴明は災難を除ける神様」など「八百万の神(やおよろずのかみ)」がいる神道の考え方とあまり変わらないですね。 キリスト教でもプロテスタント系では守護聖人という考え方はありません。 イエス・キリストは(旧約聖書では)神は目に見えない存在であり、像を作って拝む事も禁止しています。

《 St. Agnes 》の文字のイルミネーション

イルミネーション

光のトンネル

ペットボトルのクリスマスツリー

ペットボトルに願い事(「 GReeeeN PEACE 」って何やねん)

イルミネーションの全貌

【動画】手回し式の発電機

 手回し式の発電機があり、子供が喜んで回していました。
 11月21日はコンサートや点灯式があったそうですが、行った時はイベントは終わった後でしたが多くの人が残っていました。
 「アグネス・イルミネーション2009」は11月21日から12月25日まで(17時30分から21時まで)で、場所は室町下立売を下がった西側のこの辺です。
 同志社のクリスマスツリーとは雰囲気が違い、距離は1km位しか離れていないので、両方、見てみれば良いと思います。

posted by 京都情報 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

同志社のクリスマスツリー

 同志社にクリスマスツリーがあるという事なので見に行ってきました。 校内のヒマラヤ杉にイルミネーションをつけたものですが、以前は、こういう事はやっていなかったと思うのですが、いつ頃から始めたのか調べてみましたがわかりませんでした。
 同志社女子大学の方もクリスマスツリーはあるかと行ってみたら栄光館の横にありました。 奥の方にあり、外からはちょっと見えにくい場所にあります。
 以前は同志社のキャンドルライトサービスがクリスマスイブの日に街中を歩いていましたが、今はクリスマス前の土曜日(今年は20日)に栄光館の中で行なわれているとの事です。
 栄光館は通常は同志社女子中・高・大学が毎朝の礼拝などに使っていますが、同志社大学の入学式や卒業式は栄光館で行なわれます。 栄光館のパイプオルガンも有名で、建物は重要文化財になっているそうです。 同志社の場所はこの辺です。
【追記】12月25日の昼間のクリスマスツリーも撮影してきました。 昼間に見ると「普通の木」ですね。

同志社のクリスマスツリー
同志社のクリスマスツリー

同志社女子大学
右手に栄光館
12月25日の
クリスマスツリーのヒマラヤ杉

左手にクリスマスツリー
右手に栄光館
posted by 京都情報 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教関係の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。