2011年12月10日

渉成園の紅葉(2011.12.9)

渉成園の入口

渉成園の入口の案内

 《渉成園》はいつも河原町通りを通る時に塀は見ていましたが、河原町通り側には出入り口はなく、中に入った事もありませでした。 《渉成園》の出入り口は《渉成園》の西側のこの辺にありました。
 出入り口に「参観者協力寄付金1人500円以上」と書いてあり、「500円を払う価値はあるのかな〜 有料の手前まで行ってみようか〜」と思って門をくぐると門の右側に寄付金徴収の受付があって、参観者協力寄付金を払うと、立派な表紙を含めて28頁のA4の小冊子をくれました。(こんな立派な小冊子は要らないし、後でちょっと苦情を書きたい事があったのですが参観者協力寄付金という表現なら苦情も書けないです)
 《渉成園》の中に入ると広く、大きな池があり、池の横に建物が建てられていたり、橋が架けられていたりという感じでした。 幼稚園児と思われる団体も入ってきましたが「わかるのかな〜」と思っていたら池を覗き込んで「河童がいた」と騒いでいました。(それなりの楽しみ方があるのでしょう)

門をくぐった右側に受付

入口でもらった「立派な小冊子」

《渉成園》の駒札

《渉成園》の案内図

臨池亭と池

代笠席「抹茶席」

幼稚園児と思われる団体

紅葉越しに池と橋

回棹廊に幼稚園児たち
ここで「河童だ」と騒いでいた
園児が去った後

静けさを取り戻した回棹廊

印月池と右手に侵雪橋「向こう岸には幼稚園児たち」

池の中に「源融ゆかりの搭」

南大島(臥龍堂)

【動画】渉成園の池のまわりの風景

侵雪橋と紅葉

《傍花閣》

印月池と侵雪橋「向こうに見えるのは河原町通り沿いのビル」

《大玄関》

 庭を散策した後、帰り道に建物があり、入口でもらった小冊子を見ると《大玄関》と書いてあり、中に『「馬繋ぎ(廐)」が当時にまま残されています』と書かれていたので、「来た以上、すべて見ないと損」と思って、中に入ろうとすると「本日、貸切です」といわれました。
 「貸切?」・・・その時はそれなら「入口でちゃんと説明しろよ」という気持と「同じ拝観料を払ったのにすべてを見られないのは損(少し値引きするべきでは?)」と思ったのですが、後で確認すると参観者協力寄付金と書いてあったのです。 何か煙に巻かれた様な気分です。(当分、ここに来る事はないでしょう)



posted by 京都情報 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

西本願寺と東本願寺の銀杏の黄葉(2011.12.9)

西本願寺の北東角を堀川通りの東から撮影

 西本願寺と東本願寺の銀杏の黄葉の様子を見てきました。 あまり時間がなく、色々なアングルの写真が撮れなかったのでまとめて紹介します。

【西本願寺】
 西本願寺の銀杏は大きくて立派です。 阿弥陀堂の前の銀杏は上に広がり、御影堂の前の銀杏は横に広がって、特徴的です。 どちらも「まずまず見頃」という状態だったと思います。 西本願寺の場所はこの辺です。

阿弥陀堂と銀杏の黄葉

阿弥陀堂の北方向から撮影
後がなく、銀杏の全景は撮れない

阿弥陀堂の前から
御影堂の前の銀杏を撮影

御影堂と銀杏の黄葉

御影堂門と銀杏の黄葉

御影堂門の外から撮影

阿弥陀堂門の外から撮影

南の阿弥陀堂門「向こうに銀杏」

【東本願寺】
 東本願寺には西本願寺の様な象徴的な大きな銀杏の木はないです。 昨年は<2010.12.1>に写真を撮っていますが、昨年より銀杏の黄葉は遅く、緑の葉が目立ちました。 阿弥陀堂は昨年も修復工事中でしたが、今年も修復工事中でした。 東本願寺の場所は京都駅の少し北の烏丸通り沿いのこの辺です。

阿弥陀堂門の前に鳩の豆売り

阿弥陀堂は修復工事中

阿弥陀堂から東(阿弥陀堂門)を見た所「左の銀杏のほとんど緑色の葉です」

阿弥陀堂門の横の銀杏を角度を変えて撮影

御影堂と銀杏「こちらの銀杏も緑色の葉が目立ちます」

御影堂の前から見た御影堂門

御影堂門から見た御影堂

東本願寺の境内から御影堂門から北の銀杏の黄葉を見た所

烏丸通りから御影堂門とその北の銀杏の黄葉を見た所

posted by 京都情報 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

上御霊神社の紅葉(2011.12.3)

上御霊神社の鳥居

 上御霊神社の紅葉も綺麗というので立ち寄ってみました。 上御霊神社の場所はこの辺です。
 上御霊神社は《お祭》や《六斎念仏》の時に何度か訪れた事がありますが楓の木があると気が付きませんでした。 楼門をくぐって境内に入ると左側に2本の紅葉した楓がありましたが、特に見事と言えるほどのものではなかったです。
 本殿の前まで行くと本殿の向こうに紅葉した木があったので本殿の裏に行くと何本かの楓の木や(ほとんど落葉していましたが)銀杏の木がありました。 本殿の裏にこんな所があったとは今まで気が付きませんでした。

「応仁の乱勃発地」の駒札と石碑

「上御霊神社」の駒札

「上御霊神社」の楼門

「上御霊神社」の拝殿

拝殿の左の建物の前に2本の紅葉した木

左側の紅葉した楓

右側の楓はだいぶ落葉しています

本殿の左向こうに僅かに紅色の葉

左の角のある狛犬を撮影して、
やっと向こうの紅葉に気づく
本殿の横を通って行くと本殿の裏に紅葉した楓

今年は紅葉が遅いので緑色の葉も

この辺は黄色と紅色

真ん中にあるのが銀杏の木で、下に落ちているのは銀杏の黄葉した葉

銀杏の木の上の方を撮影すると、葉はほとんど残っていない

福寿稲荷神社の鳥居

末社の福寿稲荷神社

福寿稲荷神社の前から見た鳥居と境内の紅葉

「晴明心の像」と紅葉

「晴明心の像」の説明

帰りは南門から

上御霊神社の南側の堀のイチハツの葉も黄葉

posted by 京都情報 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

祇園白川の桜の木の紅葉(2011.11.28)

川端通からの入り口

 祇園白川は桜の花の季節には多くの観光客が訪れ、ここでも何度か紹介した事がありますが、桜の木が紅葉している頃ではないかと思って立ち寄ってみました。祇園白川はこの辺からこの辺までの白川沿いの事です。
 紅葉の時期も<2009.11.12>に紹介しましたが、この時よりも2週間余り後なので、今年の紅葉は遅いと言っても、この時より紅葉は進んでいました。

右手に大和橋

これは楓の紅葉です

「料理旅館 白梅」の前の木は白梅ですが黄色からオレンジ色

祇園白川の石畳と桜並木の紅葉

「かにかくに碑」あたりはだいぶ落葉

結婚記念写真の撮影中

《辰巳大明神》あたりの桜の木の紅葉

紅葉した桜の葉のアップ

辰巳大明神の前の橋あたりの紅葉

posted by 京都情報 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

冷泉通りの疎水沿いの桜の木の紅葉(2011.11.28)

川端冷泉通付近の桜の木の紅葉

 「冷泉通りの疎水沿いの桜の木の紅葉」を紹介します。 冷泉通りの疎水沿いには桜の木が植えられていて、桜の時期は<2009.4.5>と<2010.4.4>の様子を紹介しています。
 今年の紅葉は遅く、楓の紅葉の色づきはイマイチですが、桜の木の葉も例年なら11月末になったら落葉していますが、今年は11月末になってもオレンジ色から紅色に色づいています。 今回、撮影した場所はこの辺から、この辺です。

川端冷泉通から東方向を撮影

東大路通まで疎水沿いに遊歩道と一般歩道が続きます

この先に夷川発電所

レンガ造りの夷川発電所「向こうの白い泡の出ている水路で発電中」

【動画】発電中の夷川発電所とまわりの紅葉

手前の黄色は銀杏の黄葉で、向こうのオレンジ色は桜の木の紅葉

遊歩道の途中の休憩所と夷川発電所

休憩所から上流を見た所

この辺を泳いでいる鴨

疎水を泳いでいる鴨と桜の木の紅葉「向こうに見えるのは熊野橋」

熊野橋から下流を見た所「夷川発電所は右側の紅葉に隠れて見えません」

熊野橋から上流を見た所「向こうに見えるのは徳成橋」

徳成橋から上流を見た所

ほぼ同じアングルで桜の咲いている時に撮影した写真<2010.4.4 撮影>

posted by 京都情報 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

岩倉実相院の紅葉もそろそろ見頃(2011.11.27)

岩倉に続く白川通りの街路樹も紅葉

実相院の前の公園も綺麗に紅葉

 岩倉実相院の紅葉もそろそろ見頃ではないかと思って行ってきました。 「実相院」の場所は叡電岩倉駅の北北西の方向のこの辺です。
 岩倉に行く白川通りの街路樹も紅葉(黄葉)していました。 実相院の前の公園の公園も綺麗に紅葉していて、公園に長い行列が出来ていて、何の行列かと思ったらタクシー待ちの行列でした。実相院は少し交通の便が悪いですからね。
 入口で拝観料500円払うと「堂内の撮影は禁止。庭の写真は撮ってもらって構いません」と説明されたので、庭の静止画と動画を撮影してきたのですが、後で半券を見ると「動画撮影禁止」と書かれていました。 堂内でも、その様な案内はなかったですが、そう書いている以上(説明不十分なので撮影した事についてはとやかく言われないでしょうが)、ここで動画を紹介するのは控えておきます。
 規模的には《瑠璃光院》よりやや劣り、《床紅葉(床に鏡の様に写った紅葉)》が有名らしいですが、床には絨毯が敷かれていて《床紅葉》は見られず、《床紅葉》の絵葉書を売っていたので何か商売っ気を感じてしまいました。

実相院の前の公園に長い行列「タクシー待ちの行列でした」

実相院の入口「前の駐車場には何台もの観光バス」

実相院の入口「紅葉している葉も
あれば緑色やオレンジ色の葉も」
実相院の駒札

山門をくぐると紅葉した楓

この先で拝観料 500円払って入場

本堂を入って正面の庭の紅葉

同じ庭の反対側を撮影

場所を移動して反対側から撮影「先ほど、撮影した場所も撮影」

楓の葉をアップで撮影すると緑色の葉も多いです

このあたりが「床紅葉」の廊下ですが絨毯が敷いてあります

こちらは入口の右手の石庭

石庭の右に山門が見えます

さらに右を見ると本堂の入口

楓の葉越しに石庭を撮影「楓の葉は緑色の葉もあります」

石庭の全景を撮影「正面の白い壁の向こうに、最初の方の写真の
バスの停まっていた駐車場があり、この庭の紅葉が外から見えていた」

posted by 京都情報 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

法然院の紅葉(2011.11.23)

法然院の山門を境内から撮影

 法然院に立ち寄ってみました。 哲学の道から細い坂道を100mほど上がってゆくのに人は多かったです。 法然院の場所はこの辺で、哲学の道から東の方向(山の方向)に細い坂道を100mほど上がった所にあります。
 午後4時過ぎに行ったので山門は閉門されていたので山門の手前(左側)から入りました。 法然院の紅葉は過去に<2009.11.28>と<2010.12.5>に訪れましたが、法然院の紅葉はすべて真っ赤にならず、黄色やオレンジ色のまま枯れる葉も多い様です。 <2011.11.23>の時点ではまだ緑色の葉も多かったです。

山門を入って西側の《白砂壇(びゃくさだん)》白い盛り砂
水を表わす砂壇の間を通る事は心身を清めて手水舎で手を洗うのと同じ意味がある

山門を入って東側の《白砂壇》この辺りの楓はまだ緑色です

【動画】法然院の山門付近の紅葉

《白砂壇》の先の池と紅葉

池のまわりは紅色とオレンジ色と緑色の楓の葉

この日はコンサートがあり、本堂の東側には行けませんでした

ズームで撮影しましたが本堂の東側は紅葉しておらず、緑色の葉ばかり

池の反対側から山門を撮影

posted by 京都情報 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

南禅寺の紅葉はようやく色づき始め(2011.11.23)

南禅寺橋から南禅寺に続く道は
バスと人でいっぱい

 <2010.11.23>に南禅寺の紅葉の様子を見てきましたが、ようやく色づき始めたという感じです。 昨年は<2010.11.18>に南禅寺の紅葉の様子をレポートしましたが、ほぼ同じくらいか、少し遅れている感じでした。 「南禅寺」の場所はこの辺です。
 祭日という事もあり、南禅寺橋から南禅寺に続く道はバスと人でいっぱいでした。 入口の門をくぐると紅葉した葉が見えますが、よく見ると緑色や黄色の葉が混在している木が多いです。 昨年も紅葉が遅く、紅葉せず、黄色やオレンジ色のまま枯れた葉もありましたが、もしかしたら、今年も同じ様なパターンになるのかも知れません。

南禅寺の三門に続く道「綺麗に写っている写真を紹介していますが実際は…」

左に桜の木の紅葉

三門の右側の楓の紅葉
紅色の葉はすでに枯れています
三門の北側「オレンジ色、紅色、黄色のコントラスト」

近づいて撮影

反対側を見た所

三門の南あたりの紅葉

三門の南から楓の紅葉を撮影
(後の楓の葉はまだ緑色です)
本堂の前から三門を撮影

本堂の横の紅葉「後に銀杏の黄葉」

紅葉した楓の葉と緑色の楓の葉が混在しています。

先に水路閣「緑の葉も多いです」

水路閣と緑色と紅色の楓

紅色の楓と水路閣「この木は新芽から紅色の葉かも?」

本堂を東南から撮影「黄色の楓の葉もあります」

本堂を東から撮影「黄色の葉は銀杏です」

posted by 京都情報 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

神泉苑の紅葉のライトアップ(2011.11.22)

神泉苑の鳥居

 神泉苑に桜の時期に、夜、立ち寄ってライトアップされていたので紅葉の時期もライトアップされて綺麗だろうと思って様子を見てきました。 「神泉苑」の場所は二条城の南のこの辺です。
 紅葉の方は始まった所という感じで緑色の葉と紅色の葉が混在していました。 神泉苑には特に門はなく、夜中も開放されているようで、何時までライトアップをしているのか知りませんが今回は午後9時頃に行ったのですがライトアップされていました。 紅葉のライトアップは有料の所が多いですが神泉苑は無料でライトアップが見られるのでお得です。

鳥居をくぐると正面に《善女龍王社》

《善女龍王社》の右側の紅葉

池の向こう岸の紅葉も少し見えます

《善女龍王社》の左に《法成橋》

《法成橋》から見た池に浮かぶ《龍王船》

《法成橋》から見た本堂

本堂の前から《法成橋》を見た所

入口付近から見た《法成橋》
【オマケ】
 昼間に撮影した「紅葉の風景」「駒札」「11月23日の御火焚祭の案内」も紹介しておきます。

入口付近から見た《法成橋》<2011.11.20 撮影>

昼間に撮影した神泉苑の駒札

11月23日の御火焚祭の案内

【追記】<2011.11.30>
 <2011.11.30>に立ち寄ると、紅葉がちょうど良い感じに色づいていたので写真を撮ってきたので紹介します。

入口付近から見た《法成橋》<2011.11.30 撮影>

《法成橋》と紅葉<2011.11.30 撮影>

posted by 京都情報 at 22:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

東寺の紅葉と露店の準備中(2011.11.20)

東寺の東門(慶賀門)

 東寺の前を通りかかると紅葉していたのとテントが見えたので立ち寄ってみました。 東寺の場所はこの辺です。
 <2011.11.20 P.M.15.45頃>、東寺の東門(慶賀門)から入るとテントを設置中で、明日<2011.11.21>の縁日の準備中とわかりましたが、前日から露店の準備をしているとは知りませんでした。 こちらに<2009.11.21>の縁日と紅葉の様子を紹介しています。 東寺の紅葉は桜の木が中心ですが<2009.11.21>と比べて紅葉は少し遅い様です。

テントを設置中

こちらは植木の露店の準備中

北側から五重塔と紅葉を撮影

池の北側から五重塔と紅葉を撮影

南大門付近は銀杏の黄葉「11月21日の縁日の準備中」

南大門の横の修行大師と黄葉

南大門から見た五重塔

南大門から見た金堂

西側から見た五重塔と紅葉(おそらく桜の木の紅葉)

こちらも桜の木の紅葉

《足利尊氏寄進鐘》のあたりの
桜の木の紅葉
posted by 京都情報 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。