2010年02月23日

自己ランキング・ベスト10《マップ作成記念!?》

 地図上にお店や観光スポットの位置マークを付けたマップ(ジャンル別と地域別)を作成して紹介しています。(一部、作成途中のものもあります)
 これを機に、これまでを振り返って、今まで書いてきた300余りのレポートの中から個人的に「良い」と思ったものや「お勧め」のものを《自己ランキング・ベスト10》として選んでみましたのでコメントと共に紹介します。(ランク順ではなく、古い順番に紹介します)

《錦天満宮》の鳥居
《錦天満宮》の鳥居

ビルにめり込んだ鳥居《錦天満宮》
 最初、見た時は「何じゃこれ!」と思ましたが、ブログを始めて「面白い所」を紹介しようと思って、まず、思い付いたのがここでした。

250円弁当(元気や 四条大宮店)
 ブログを始めて間もなく、とりあえず、身近で珍しそうなものという事で紹介しましたが、その後、《ロケみつ》をいうTV番組でこの店が紹介されると一気に多くのアクセスがありました。また、再放送があるとアクセスが増えて、今でもコンスタントにアクセスがあります。

おはぎの丹波屋 四条南座前店
 これもブログを始めて間もなくの頃、何度か利用しているお店でレトロな雰囲気が面白いと思って紹介しましたが、その後、TVCMが再開されてチェーン店の店舗も増えました。

蹴上インクライン(昔の写真と今の写真を比較)
 このページで紹介したように「昔の写真」と「今の写真」を比較して紹介するのも面白いと思います。

紅葉の円通寺【比叡山の借景】(2008.11.12)
 円通寺は何度か行った事がありますが、ブログで紹介しようと思って紅葉の時期に写真を撮りに行ってきました。

京都の桃桜情報(京都御所他 2009.3.20)
 2009年春の桜の季節から本格的にコンスタントにレポートを書くようになりましたが、桜のレポートの中で印象的だったのが「近衛邸跡のシダレザクラ」です。

東山三条の不思議な道具屋《探偵ナイトスクープでも紹介》
東山三条の不思議な道具屋
《探偵ナイトスクープでも紹介》

東山三条の不思議な道具屋
 この不思議な道具屋の写真を撮りに行った時、「そのブログ、見た事ある」と声をかけられて、その後、色々と昔の事を教えてもらったり、フォローしてもらって、お世話になっています。

どんぶり おの亭(丼が500円)
 カウンター席9席ほどの小さいお店で、あまり有名ではないのでアクセスは少ないですが、安くて美味しいお勧めのお店です。 おの亭の12種類の丼をすべて食べて、個人的にランキングを付けて紹介しています。

京都の鬼門封じの猿
 京都の鬼門封じの猿として京都御所の猿が辻や幸神社を紹介していましたが、急にアクセスが増えたので、どうしたのかと思ったらTV「世界ふしぎ発見」で紹介されたとの事で、それなら、きちんとまとめようと思って、比叡山の延暦寺、滋賀県の日吉神社にも行って写真を撮ってきました。

木下大サーカス《伏見桃山城運動公園》(2010.1.15)
 とりあえず、京都にサーカスが来たので紹介しておこうと思って紹介した所、公演の終盤になって「サーカスの様子」「混み具合」「行く方法」「駐車場」「渋滞の様子」などを知りたい人から多くのアクセスがあり、1日のアクセス数の記録(1ページでの記録と合計での記録)を更新しています。

・番外
 半年以上前に紹介したので累計のアクセス数では1番のページは他にあるのですが、個人的には「それほどの内容のものか?」「内容的には他にも上のものがある」と考えて、ここでは紹介しない事にします。



posted by 京都情報 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

虚飾の『食べログ』(「がっちりマンデー」でカカクコムが大風呂敷)

250円弁当(元気や 五条店)
250円弁当(元気や 五条店)

250円弁当(元気や 鞍馬口店)
250円弁当(元気や 鞍馬口店)

250円弁当(元気や 四条大宮店)
250円弁当(元気や 四条大宮店)

250円弁当(元気や 烏丸店)
250円弁当(元気や 烏丸店)

250円弁当(元気や 河原町今出川店)
250円弁当(元気や 河原町今出川店)

 2010年2月7日放送のTBS系「がっちりマンデー」でカカクコムが運営する『食べログ』のサイトにはお客さんが「写真の投稿」「口コミの書き込み」「5段階で店の評価をしてくれる」と紹介していましたが、とんだ大風呂敷です。
 また、「『価格.com 』に書き込まれたクチコミ情報をメーカーに40万円で売っている」とか「『食べログ』ではお金を払った店のページには他の店の広告を載せないという方法で儲けている」と説明していました。

 そもそも、タダで情報を提供して、相手がその情報をネタに金儲けをするとわかっているような所に喜んで情報提供する人間はどれだけいるでしょう。少なくとも私はそんな所に(何らかメリットがない限り)情報提供をする気にはなりません。
 『食べログ』では1件の口コミも1枚の写真の投稿もないページが多くあり、『「xx(店の名前)」に関連するブログ画像(ブログ記事)へのリンク集です』と書いて勝手にブログの写真や文章の一部を紹介しています。

 著作権法上、著作権者に無断で写真や文章を紹介する事は『引用』という形で条件付で認められていいますが、引用の条件としては「主従関係が明確であること」「引用部分が明確になっていること」「出所の明示」などがあります。
 「リンク集」や「検索エンジン」で「タイトルや U.R.L. 」を表示させるのは問題はないですが、写真や文章の一部を掲載する場合、「主従関係」の部分で「ほとんど場合、黒に近いグレー」と言えます。(なので、Google などの大手の検索エンジンでは「掲載拒否」の連絡をしたら、きちんと対応してくれる筈です)
 余談ですが、こちらのページでは、内容を要約したり、感想を書き加えた形の説明文でブログを紹介しており、こういう形なら「著作権法上、問題はない」と言えます。

 しかし、『食べログ』では「何も情報がなければ寂しい」という理由で勝手にブログの写真や文章の一部を掲載しています。 それも自動プログラムで情報を探しているので間違いが多いのです。

 このブログでは他では紹介していないようなマイナーな情報も紹介していて、その一例は「250円弁当(元気や)」の各店舗を紹介していますが、ここで紹介した写真が『食べログ』の「250円弁当 元気や 五条店 」のページで紹介されていたのですが、間違って「鞍馬口店」の写真が紹介されていたのです。
 そこで、すぐにカカクコムの連絡フォームに「五条店のページに鞍馬口店の写真が紹介されている。鞍馬口店の写真はこちらで紹介しているので修正しておいて下さい」と書いて送ったのです。
 すると1週間も後に、カカクコムから「五条店のページの間違った写真は削除した」「自動プログラムで表示しているので変更は出来かねます」という返事が来たのです。 それも「(間違った表示をした事について)申し訳ありません」等の謝罪の言葉も、また、「今後、このような間違いが起こらないように気をつけます」という反省の言葉もなく、こちらが正しい情報を教えてあげているのに「出来かねます」という高飛車な返事を送って来るのです。(今後も自動プログラムで間違った表示をしていないか、いちいち、こちらがチェックして連絡しないといけないのでしょうか?)
 なので、「『食べログ』にブログの写真の掲載を許可した覚えはない。今後も間違った引用をされる恐れがあるので、他のページで使っているブログの写真も削除し、今後、一切、私のブログの写真を使わないで下さい」と連絡しました。すると「少人数で対応している」とか言って、3週間以上後に、ようやく、「すべて削除しました」という連絡が来ました。

 「少人数で対応している」という理由で返事や対応に時間がかかる事自体、間違っています。こちらは「掲載して欲しい」とお願いした訳でもなく、こちらは「情報を使わせてあげている立場」で、そういう相手に対して迅速な対応ができない状態で商売を始める事自体が間違いです。
 そして、そんな実態を隠して、自慢げに「儲かっている」とか「お客さんが情報を提供してくれる」などと大風呂敷を広げる態度にも非常に不快感を覚えました。

【嘘ばっかりのTVのコメント】
 2010年2月7日放送のTBS系「がっちりマンデー」で『食べログ』について、「お客さんが作り上げるクチコミがベース。だから、お店の住所もメニューもお料理写真も全部お客さんが書き込んだもの!」とコメントしていましたが『嘘つけ』と言いたくなります。
 先ほども紹介した『食べログ』の「250円弁当 元気や 五条店 」のページは2010年2月9日時点で「店舗情報(住所、電話番号、地図)」と「ブログ写真」「ブログでの評判」以外、お客さんが書き込んだ情報は何もありません。 そもそも、お客さんが面倒な「店舗情報(住所、電話番号、地図)」を入力して、他にコメントも何も書かないという事が考えられるでしょうか?
 そして、「お客さんが情報を提供してくれる」のであれば、頼んでもいないし、許可もしていないブログの情報を勝手に使わないで欲しいものです。

【ブログ運営者の皆さんへ】
 「別に自分のブログの内容をネタに勝手にカカクコムが金儲けしても構わない」という人は問題ありませんが、勝手に使われたり、間違った使われ方をするのが嫌な人は「掲載しないで欲しい」と連絡すれば良いでしょう。著作権者として掲載を拒否する権利があります。

【追記−再び、勝手に写真が使われている】(2010.4.4)
《天下一品 竹田店》
《天下一品 竹田店》
 「今後、一切、私のブログの写真を使わないで下さい」と連絡したにも拘わらず、再び、『食べログ』の「天下一品 竹田店」のページで、こちらのブログの写真が勝手に使われていました。 いった、どこまでいい加減な(ふざけた)会社なのでしょう。
 このページの記載について「クレーマーか」と言いがかりをつけてくる連中がいるので「天下一品 竹田店」のページについては、こちらからは会社に連絡しません。 「会社にクレームを言うのがクレーマー」なので、会社に連絡しない事によって「クレーマーか」という悪口を否定したいと思います。
 「正当な苦情を述べる人間をクレーマー扱いして謝礼をせびる」という「新種のたかり屋」がいるそうです。 また、このページの記載について「名誉毀損で訴えられる」と言う連中もいますが、訴えられるのなら訴えて欲しいです。 法廷の場で真実が明らかになる事を多くの人が望んでいる筈です。 「お店の住所も・・・全部お客さんが書き込んだもの!」というコメントは99%嘘です。

【追記】
「天下一品 竹田店」のページについては、その後、削除された様です。

posted by 京都情報 at 22:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

《EXPACK500》と《郵便書簡》について、お得な情報

《郵便書簡》の宛名書きの部分

《郵便書簡》の手紙を書く部分

 《EXPACK500(えくすぱっく500)》と《郵便書簡(ゆうびんしょかん)》について意外と知らない人が多いみたいなので、「今まで知らなかった人もよくわかるような」、また、「知っている人も『なるほど』と思えるような」説明をしてみたいと思います。
【追記】
 《EXPACK500》の販売は2010年3月31日をもって終了しました。 すでに購入した分は使う事ができます。
 同様のサービスは《レターパック500》に引き継がれましたが「重量4kg以内」という点が大きく異なります。

【郵便書簡】
 《郵便書簡》とは右の写真のような物で、簡単に言うと「切手付き封筒&便箋」もしくは「封筒&便箋付き切手」と言えます。
 写真のように1枚の紙に「切手」「宛名を書く部分」「手紙を書く部分」があり、送る時、折りたたむので「手紙の部分」は中に隠れます。
 郵便局で「《郵便書簡》を下さい」と言えば1枚60円で買えます。
 《郵便書簡》は折りたたんだ状態で「厚さ1cm以内」「重さ25g以内」なら、中に物を入れる事も可能です。(普通郵便で送れない物を入れる事はできません)
 つまり、「80円の切手+封筒」と同等に使う事が出来るので便利でお得と言えます。
 少し不便なのは「切手の部分だけ切り取って使えない」という所で、宛名部分を書き損じしたら10円の交換手数料を払って交換してもらう必要があります。

《 EXPACK500 》の宛名書きの部分

《 EXPACK500 》の裏面

【EXPACK500】
 《EXPACK500》は《郵便書簡》の「ゆうパック(小包)」版と言えます。 つまり、「ゆうパック(小包)用の切手付き封筒」と言える物です。
 写真の様な「25cmx33cmくらいのボール紙製の封筒」で、「宛名を書く部分」に宛名を書き、中に送る物を入れて裏面の封をします。 封の部分には両面テープが付いていて、厚さのない物なら、ペンさえあれば荷造りの道具は他に要りません。 厚さのある物の場合、両面テープではうまくとまらないので、ガムテープなどで補強して封をする事は認められています。
 郵便局で「《EXPACK500》を下さい」と言えば1枚500円で買えます。
 《EXPACK500》の便利な所は「ポストに投函できる」「封筒に番号が付いていて配達の追跡確認ができる(受領には印鑑かサインが必要)」という所で、また、「日本全国どこでも500円で送れる」というのも大きなメリットです。
 いくつか注意事項があり、「小包(ゆうパック)」の注意事項は、だいたい、《EXPACK500》にも適用されます。
 それ以外に「郵便事故でなくなった時の保障は500円」という所も要注意点かも知れません。めったになくなる事はないと思いますが「なくなった時の保険料がない分、安くなっている」と考えられるでしょう。

【《EXPACK500》で30kgの物が送れるのか?】
 ここから、ちょっとマニアックな情報です。 HPには『EXPACK500の重量制限は30kgまでです。(封筒に30kg入れられるということではありません。)』という注意書きがありますが、何とも遠回しな表現です。
 こんな書き方をしているのには訳があって、以前、『30kgまで入れ放題』という宣伝をしていたら「この封筒に30kgも入れられない不適切な表現」とクレームがあり、それからこのような表現になったそうです。 この件についてはインターネットで調べたら「計算上、可能(不可能)」と解説しているページがいくつか出てきます。 そんな中で実際に試した人がいて「33.9kgの鉛の塊」を入れる事ができたそうです。 普通のテープでは強度が足りないのでアルミテープで補強して荷造りしたそうです。
 30kgと言えば、身近な物としては「10kg入りの米」がスーパーなどで売っていますが「10kg入りの米」が3つです。 灯油の比重は0.8前後なので18リットルで約15kgです。 ポリ容器の重さが約1kgなので、灯油18リットル+容器で約16kgでしょう。
 そう考えると30kgというのは気合を入れないと持ち上げるのも難しい重さでしょう。 30kgの物を《EXPACK500》で送ったら・・・郵便局の人も、受け取る人も、難儀するでしょうね。

【配達に4〜5日もかかる事がある?】
 2つ目のマニアックな情報は、《EXPACK500》は一部の地域を除いて翌日に配達されます。 所が「配達に4〜5日もかかった」という事があります。 それは「台風が来た時、船便で送られたので船が出港できなかった」というケースです。
 これは運輸省告示の改正により「リチウムイオン電池の入った機器の航空便の輸送」が厳しくなった為の対応のようです。 以前の《EXPACK500》にはなかったのですが、最近は『品名』を書く所があります。 ここに「リチウムイオン電池の入っていると思われる品名(デジタルカメラや携帯電話など)」を書くと航空便以外で送られます。 明らかにリチウムイオン電池が入っていない物でも、例えば、HDD(ハードディスク)やマウス等でも、『電子機器』とか『パソコン部品』等と書くと航空便以外で送られるかも知れません。 なので、「リチウムイオン電池が入っているか、入っていないか」がわかる様に書いた方が良いでしょう。 航空便以外でも沖縄以外なら、だいたい、トラック便で送られるので何日もかかる事はないでしょう。(小笠原諸島は飛行機が飛んでいないので、どちらにしても翌日の配達は無理でしょう)

【《EXPACK500》が485円で買える!?】
 「京都の話題を提供する」というサイトなので京都独自の話題となりますが、京都駅前の《チケットショップ TOKAI》というお店では《EXPACK500》を485円(3%引き)で売っています。 但し、「いつでも買える」という訳ではなく、売り切れの時もあり、印象としては「買える確率は30〜50%」という所だと思います。(つまり、3回行ったら1回は買えるけど、2回に1回買えるかな? という所です)
 《チケットショップ TOKAI》の場所は京都駅の北東になり、烏丸塩小路の交差点から東に行って1つ目の信号の北西角のビルの1階のこの辺にあります。

【《郵便書簡》は安く買えるか?】
 《チケットショップ TOKAI》では《郵便書簡》はめったに売っていませんが、切手(通常切手、記念切手)は10%引きで売っていて、切手はいつ行っても(額面や種類にこだわらなければ)売っています。
 《郵便書簡》を安く方法を考えてみました。 もし、120円切手(通常切手でも記念切手でも可)が売っていたら、10%引きで1枚108円で買えます。 これを郵便局(京都駅前に京都中央郵便局があります)に持って行くと「120円切手1枚+交換手数料5円」で「郵便書簡2枚」と交換してもらえます。 その結果、(108円+5円)÷120円=約94.2%となり、約5.8%の値引きになります。 これは高額切手の方が有利に(割引率は高く)なります。
 ネットオークションに出品している人などは、こういう所で《EXPACK500》や切手を安く買って、正規の送料をもらえば『チリも積もれば山となる』でしょう)

京都駅前の《チケットショップ TOKAI》

posted by 京都情報 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

請求時に現金で1%割引される《P-one FLEXY》

【P-one FLEXY】
 今回は、何かと便利な『請求時に現金で1%割引されるクレジットカード《P-one FLEXY》』を紹介します。
 買い物でも、食事でも、旅行でも、クレジットカード払いできる支払いがある時は《P-one FLEXY》で支払いをすると、請求時に現金で1%割引されるので、お得です。 JRや私鉄の乗車券なども旅行会社で購入して、カード払いにすれば1%値引料金で購入できますし、ホテルの宿泊料もカード払いにすると、お得です。
 ポイントで、実質、値引されるカードは他にも沢山ありますが、ポイントだと忘れたり、面倒だという人には、請求時に現金で1%割引されるのは便利です。 1000円に付き、2ポイントのポイントも貰えるので、実質1.2%近くの割引になります。 『年会費無料』なので持っていて損のないカードでしょう。

【P-one FLEXY】

posted by 京都情報 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

デジタルカメラを購入

 今まで「CASIO EX-M2」という数年前に買ったデジタルカメラを使っていたのですが、接写するとボケるので調べてみたら近接は「1mまで」という事で「CASIO EX-Z4」という次機種のデジタルカメラを中古で(送料共で3700円で)購入しました。 明日から、このデジタルカメラを使って撮影するので接写撮影も増えると思います。 (最新機種と比べると3〜4世代前の機種なのでタイトルを「新しいデジタルカメラを購入」とは書けませんでした)

【追記】
 「CASIO EX-Z4」は内蔵メモリーは10MBで、それでは足りないので通常は外付けのSDカードに画像データを記録します。 所が2GBのSDカードを「CASIO EX-Z4」でフォーマットすると容量は1GBになってしまうのです。一旦、1GBになってしまうと Windows でフォーマットしても2GBには戻らず、1GBのままになってしまいます。 外付けHDDに付いていたフォーマットのソフトでフォーマットすると2GBになりました。(このフォーマットのソフトがなければ2GBに復活させる事ができませんでした)
 2GBのSDカードなのに1GBしか使えないのはもったいないので、2GBのSDカードを「CASIO EX-Z4」ではフォーマットせずに撮影してみました。すると、ちゃんと撮影できるではありませんか? 容量も2GBのままです。1GB以上、撮影する事もできました。
 「結論」としては『2GBのSDカードは「CASIO EX-Z4」でフォーマットせずに使いましょう』という事になりました。(こういう使い方をして不具合が発生しても当方では責任を負いかねます・・・と、一応、付け加えておきます)

posted by 京都情報 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

炙り焼きイベリコ豚重《ジャスコのお弁当》

CIMG1377.jpg
 ジャスコ東山二条店に「炙り焼きイベリコ豚重」というのを売っていたので買ってみました。帯には「味わいに富んだスペイン産”イベリコ豚”使用」と書いてありました。

 他の「豚丼」とは違うような気がしたので買ってみたのですが、やはり吉野家などの豚丼とはかなり味は違いました。 味の違いを言葉で表現するのは難しいですが「豚肉臭さがない」「豚肉というより牛肉の佃煮に近い味」「深みのある味」という感じです。

 値段は598円が賞味期限間近の値引で半額で299円でした。 正直な印象としては「400〜500円なら買ってみようかと思いますが598円ではちょっと高いかな〜」という所です。

posted by 京都情報 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

京都得々旅行情報始めました!

京都についての色々な情報をお届けします。
京都旅行を考えている人も参考にして下さい。

皆さんからの「こんな情報を紹介して欲しい」
というリクエストもお待ちしています。

 

「お得なホテルの予約」「お得な航空券」「高速バス」などの予約については、こちらのページを参考にして下さい。

高速バスは色々なタイプがあるので調べてみるだけでも面白いです。



ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。



posted by 京都情報 at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。