2011年05月08日

大豊神社の氏神祭(2011.5.4)

大豊神社の氏神祭のポスター

 5月4日に大豊神社のお祭があると調べてわかったのですが、時間がわからなかったので、まず、午後2時頃に行ってみました。 《大豊神社》の場所はこの辺です。
 大豊神社に午後2時頃に着くと本殿の前でお稚児さんのお祓いが行われていて、その後、帰って行きました。 大豊神社の氏神祭のポスターがあり、神輿の行列は午後4時頃に大豊神社の戻ってくるという事なので、《蹴上浄水場のつつじの一般公開》に行って、また、来る事にしました。
 連休という事もあり、大豊神社の境内には多くの観光客が来ていて、狛鼠の写真を撮っている人も多かったです。

本殿でお稚児さんのお祓いが行われて、帰って行きました、

狛鼠の前で多くの観光客が
写真を撮っていました
鼠の絵馬など

お馴染みの狛兎

午後3時45分頃、お神輿は本殿の前

 《蹴上浄水場のつつじの一般公開》に行った後、午後3時45分頃、大豊神社に来ると、お神輿は到着していて、本殿の前で回ったり、差し上げたりしていました。 その後、お神輿は哲学の道沿いの《大豊神社御旅所》まで担いで行って、御神輿は納められました。
 到着予定の15分前に行ったのに、御神輿はすでに到着していたので、《大豊神社御旅所》には順路図も貼ってあったので、来年は、行列の途中の写真も撮ってみようと思っています。 《大豊神社御旅所》の場所はこの辺です。

お神輿を本殿の前で差し上げ

【動画】大豊神社の氏神祭で本殿の前の御神輿(2011.5.4)

すでに到着した馬や剣鉾

神様を本殿に戻す神事

その後、お神輿と剣鉾が退場

お神輿の後、剣鉾を担いで退場

【動画】お神輿と剣鉾が大豊神社を退場する所(2011.5.4)

御旅所に貼られていた順路図

お神輿が御旅所に戻ってきました

お神輿が大豊神社御旅所に収められる



posted by 京都情報 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

京都さくらよさこい at 京都市役所前広場(2011.5.4)

《京都さくらよさこい》の案内

 《京都さくらよさこい》が京都市役所前広場で5月3〜4日に行われているという事で立ち寄ってみました。 京都市役所の場所はこの辺です。
 5月の連休はあちこちでお祭やイベントがあるので、本当に立ち寄った感じで3〜4組の踊りを見ただけです。 最後の奈良から来た《華鹿》を椅子に座って、ゆっくりと見学しましたが「震災後の東北に行って『必要な物がありますか?』と聞いたら『踊りを見せて欲しい』と言われた」という話をしていました。

会場の様子(多くの人が来ていて、同じ衣装を着た出演者もあちこちに)

《空〜KUH〜》の踊り

最後の《華鹿》の踊りが始まる所

【動画】《京都さくらよさこい》での《華鹿》の踊り(2011.5.4)

京都市役所の南東にハナミズキが咲いていました

posted by 京都情報 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

藤森神社の藤森祭のお祭の行列(2011.5.5)

駆馬神事の後、鼓笛隊の行列が到着

 5月5日の藤森神社の藤森祭の《駆馬神事》に続いて、お祭の行列が藤森神社に到着した時の様子を紹介します。 《藤森神社》の場所はこの辺です。
 駆馬神事の後、午後4時頃、鼓笛隊の行列が到着。 その後、間隔を開けて、お神輿が到着して、午後7時過ぎ、2基のお神輿が到着した所で帰りましたが、その後もお祭の行列は藤森神社に戻ってきていました。

駆馬神事の後、鼓笛隊の行列が到着して、前を通過

【動画】藤森神社の藤森祭のお祭の行列(2011.5.5)

その後、お祭の行列が通過

武者行列

午後6時12分頃、宮本下ノ郷神輿が藤森神社に到着

【動画】宮本下ノ郷神輿が藤森神社に到着(2011.5.5)

宮本下ノ郷神輿は拝殿に納められる

八重桜が咲いていたので八重桜越しに拝殿を撮影

午後6時40分頃、女神輿が藤森神社に到着して、拝殿に納められる

【動画】女神輿が藤森神社に到着(2011.5.5)

続いて、東福寺上之郷神輿が藤森神社に到着



【動画】東福寺上之郷神輿が藤森神社に到着(2011.5.5)

東福寺上之郷神輿が到着後、午後7時10分頃に帰りました

posted by 京都情報 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

藤森神社の藤森祭の《駆馬神事》(2011.5.5)

藤森神社の南入口(露店が並んでいます)

境内は多くの人と露店

 5月5日に藤森神社の藤森祭で《駆馬神事》とお神輿の行列がありましたが、別々に2回に分けて紹介します。 《藤森神社》の場所はこの辺で、《京都のおいしい水のシリーズ》で紹介した事があります。
 《駆馬神事》は午後3時からですが、午後2時頃に藤森神社に到着しました。 境内を歩いてみると、南の鳥居から拝殿に行くまでの参道に多くの人が歩いていましたが、時間になると、ここを馬が走るようです。 境内をひと回りしてから場所取りの為に午後2時半頃に有料席の反対側に座りました。 《駆馬神事》では有料席の反対側に無料で観覧できるので有難いです。(下鴨神社や上賀茂神社ではこんな良い場所で無料で観覧できません)
 午後3時になって、人馬が登場して、《駆馬神事》が始まりましたが、《駆馬神事》というのは全力疾走で横に乗ったり、逆立ちしたりして、曲乗りするもので、横に乗ったりするので落馬する人もいました。 全力疾走するのでシャッターチャンスが早かったり、遅かったり難しく、動画撮影も前を通り過ぎる時にうまく付いて行けず、何度か練習して、少しづつ慣れてきましたが、慣れてきた頃には終わりになりました。

この参道を馬が走る

この辺は有料席

競馬のパドックの様に走る馬を歩いて見せていました

不二の水を汲む為に行列

本殿にも長い行列

いよいよ人馬が登場して始まります

【動画】割と良く被写体を捕らえる事ができましたが(警官が邪魔?)

シャッターを押すのが遅い写真

落馬する人も

馬の上で逆立ち(シャッター速度が遅い事に気が付いてISOを上げる)

【動画】藤森神社の《駆馬神事》逆立ち(正面を通る時、付いて行けない)

静止画では、一番、綺麗に撮れた写真

【動画】藤森神社の《駆馬神事》ラスト(複雑な乗り方です)

終わりの挨拶の行進

その後、すぐに行列が戻ってきた

posted by 京都情報 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

伏見稲荷大社の還幸祭(2011.5.3)

お神輿の到着を待つ伏見稲荷大社の鳥居付近

 5月3日に伏見稲荷の還幸祭があるという事なので伏見稲荷大社でお神輿が到着する所の写真を撮ってきました。 伏見稲荷大社の場所はこの辺で、お神輿が午後4時頃に到着するというので15分位前に行って鳥居の前で待っていました。
 伏見稲荷祭では5基のお神輿が出るというので行ってみたのですが、《氏子祭》では、お神輿を人が担ぎますが、還幸祭ではお神輿はトラックに乗せられて戻ってきました。(ちょっと期待外れだったので簡単に写真を撮って帰りました)

行列の先頭が伏見稲荷大社に戻ってきました

次々と行列のトラックが戻ってきます

次々と行列のトラックが戻ってきます

1基目のお神輿(田中社神輿)が鳥居をくぐる所

次々とお神輿を乗せたトラックが到着

2基目のお神輿(上ノ社神輿)が鳥居をくぐる所

3基目のお神輿(下ノ社神輿)が鳥居をくぐる所

4基目のお神輿(中ノ社神輿)が鳥居をくぐる所

5基目のお神輿(四大神神輿)が鳥居をくぐる所

馬を乗せたトラックも到着

その後、本殿前で神事

posted by 京都情報 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

上御霊神社の御霊祭(2010.5.18)

上御霊神社の鳥居

 昨年も《上御霊神社の御霊祭》を紹介しましたが、今年も行ってきました。 かなりの数の動画と静止画を撮影してきたので、どのようにまとめて紹介するか大変ですが、順次、紹介して行きます。
 まず、「上御霊神社を午後1時に出発」という事だったので1時前に行ったら、二基目のお神輿(小山郷)が南門を出る所でした。 その後、三基目の末廣が南門を出て、そして、紅白の宮司さんが白馬に乗って南門から出て行きました。
 お祭の行列はそれで終りだったので境内を少し散策して、また、行列の予定表をもらって、次の場所に移動しました。 上御霊神社の場所はこの辺です。

三基目の小山郷が南門を出る所

三基目の末廣が南門を出る所

その後、紅白の宮司さんが白黒の馬に乗って南門から出発

南門の堀のイチハツはピークは過ぎた感じですが咲いていました

上御霊神社の本殿

行列が出発して一段落?

今出川口が出町の商店街を通って来ました

【動画】今出川口が商店街から出てくる所

 今年は昨年と行列のルートが違っているようだったので、桝形通と出町通の交差するあたりで待つ事にしました。・・・と言ってもわかりにくいと思いますが、出町の商店街と河原町通と交差する所と言えばわかるかと思います。河原町通は今出川通から南で、今出川通から北は出町通になるそうです。 場所はこの辺です。
 三基のお神輿(今出川口、小山郷、末廣)が出町の商店街から出て来る所の動画と静止画を撮影しましたが、すべて紹介すると容量が大きくなるので、動画は先頭の今出川口が商店街から出てくる所を紹介します。

 三基のお神輿が河原町今出川を上がった東側に並んで河原町通を南下するのかと思ったら、河原町今出川の交差点で先頭の今出川口は、数分、ぐるぐる回ったり、差し上げたりしてから河原町通を南下して行きました。 後の二基は普通に交差点を渡って行きました。

三基のお神輿が河原町今出川を上がった東側に並んだ所

今出川口が河原町今出川の交差点を回っている所

今出川口が河原町今出川の交差点で差し上げている所

お祭の行列の先頭は太鼓

 ここまでお神輿と馬に乗った宮司さん以外のお祭の行列を見ていません。 昨年は行列の後にお神輿でしたが、今年は別のルートを行列しているようで、次に京都御所の朔平門で撮影しようと移動していたら寺町今出川を少し西に入った所でお祭の行列を見学する事が出来ました。
 しかし、牛車は見かけなかったので、他にも分かれて行列はあったのかも知れません。

お祭の行列は続きます

車輪の付いた鉾です

さらに鉾が続きます

その後にお稚児さんが続いて行列は終りです

 そして、京都御所の朔平門で、かなりの数の動画と静止画を撮影したのですが整理が大変なので1枚だけ紹介し、また、順次、追加して行きます。

三基のお神輿(今出川口、小山郷、末廣)が朔平門に並んだ所

posted by 京都情報 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

今宮神社の還幸祭(2010.5.16)

今宮神社の楼門

 今宮神社の還幸祭に行って来ました。 《神幸祭(2010.5.5)》に行った時に順路図と予定時刻表をもらってきたのですが、見方がよくわからず、「還幸祭は御旅所から今宮神社に戻るもの」と簡単に思い込んで今宮神社に午後4時頃に行ったのですが、今宮神社の境内には露店は出ておらず、お祭にしては静かです。
 境内を散策して予定表を見ると御旅所から出て、御旅所に戻って、午後4時頃は御旅所あたりらしいので御旅所に行ったら北大路大宮の交差点を少し下がった所にお祭の行列の先頭がいました。 20〜30分、北大路大宮を下がったあたりで行列は休憩して、行列は動き出しましたが、お神輿は別のルートを行列しているようで、この行列にはいませんでした。

今宮神社の拝殿・その向こうに本殿

今宮神社の本殿

つつじも綺麗に咲いています

「黄色のつつじは珍しい」と思ったら白のつつじの花がしなびて黄色に

北大路大宮を下がった所で休憩していた行列が動き出した所

行列は続きます

八乙女が続きます

最後に牛車(お神輿は別のルートを行列しているようです)

行列の先頭が東門に近づく

 その後、今宮神社に戻りました。 しばらくすると、行列の先頭が東門に近づいてきました。 先ほどとは行列の内容は少し違っていました。
 その後、どこからともなく《玉の輿神輿》も到着しました。 今宮神社に到着する時は見物の人も多く、もう少し派手かと思ったのですが、意外と地味に到着して解散していました。
 しばらく待っていましたが大宮神輿などの三基の神輿が到着するのはもう少し後のようだったので帰りました。

行列は先ほどと比べて少し違うようです

どこからか《玉の輿神輿》が戻ってきました

戻ってきた《玉の輿神輿》

戻ってきた《牛車》ほか

posted by 京都情報 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

葵祭のヘソ曲がりレポート(2010.5.15)

最初に撮った1枚

手すりに座って高い位置から撮影

 ちょっとヘソ曲がりなレポートなので、一般的なレポートを読みたい人は他の人のレポートを読んで下さい。 何年かぶりに葵祭を見学しました。 この前は「いつ」「どこで見て」「どんな様子だった」かも覚えていないくらい昔です。 今回、見学した場所は北大路通を少し上がった賀茂川沿いのこの辺です。
 到着した時には、すでに行列の先頭は通り過ぎていて、人も多く、良い撮影場所を確保するのに、ちょこちょこと移動しました。 最初、手すりに座ってやや高い位置から撮影しましたが、それでも前の人が写り、人がどんどん増えてゆきます。
 そこで反対側の賀茂川側に移動しました。 生垣があって人がいない所があったので、そこに座って撮影したのですが、他の人が1歩2歩と道路側に出てくるので、これが写ってしまいます。
 後には人がいても、前の人が座って見学や撮影をすれば邪魔にならないのですが、後で来て、平気で前に立って見学する人もいて、「前の人、立たないで下さい。後から来て立たれたんではかなんわ」と言っている人もいましたが、まったく、知らん振りの状態でした。
  葵祭は行列も長く、参加人数も多いのですが、時代祭のようなストーリー性がないので少し興味に欠ける感じです。

手すりに座って高い位置から撮影しても前の人が写ります

牛車(前の人が写ってしまいます)

反対側の賀茂川側の様子(生垣があって人がいない所に座る)

賀茂川側に移動して座って撮影(前の人が道路に出て撮影しているのが写る)

座って撮影しても面白い写真が撮れます

下からのアングルの写真も面白いです

逆光になって暗く写ってしまう写真もありました

上賀茂神社の有料席 千円

 その後、上賀茂神社に移動しました。 上賀茂神社の場所はこの辺です。
 上賀茂神社と言えば、《競馬会神事》で無料客・軽視を経験している筈でしたが、葵祭でも酷い状態でした。 無料席から有料席まで10m以上、離れていて遠くに見えるだけです。
 そんな中で無料席の前の人がきちんと座って見ている所がありました。 この位置からでは立っても座っても大差はないのですが、ここだけ、きちんと座って見ている人がいると少しホッとした気になれました。
 こんな遠くから行列を撮影しても仕方がないと思って、行列を終えた人の写真を撮ってきました。

有料席から無料席まで10m以上?

無料席のここだけ、前の人は座って見ていました

有料席の人は立つので、ズームで撮影しても人ばかり写ります

行列を終えてお札を買う人

行列を終えてバスで出発地点まで帰る人たち

行列を終えた人たちと記念撮影をする観光客

牛車をトレーラーに乗せて帰って行く所

posted by 京都情報 at 20:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

新日吉神宮の《神幸祭:新日吉祭》(2010.5.9)

正面橋に貼られた順路図

 昨年も「新日吉神宮(いまひえじんぐう) の《神幸祭:新日吉祭 (いまひえさい) 》」を紹介しましたが、今年も行ってきました。 今年は、この辺この辺この辺の3ヶ所で撮影しました。
 正面橋に順路図が貼ってありましたが順路図も予定到着時刻も昨年と同じでした。 順路図を見てもわかる通り、蛇行して各通りを巡行するので、少し移動したら次の通過予定地点に行けます。
 最初、正面橋で待っていました。 行くのが少し早すぎて、約20分待ちました。 今年は処理の早いデジタルカメラを用意した事もあり、正面橋で行列を一通り撮影しました。
 行列が正面橋を通り過ぎてから、2ヶ所目に移動して、2ヶ所目では行列の最初から最後まで動画で撮影しましたが、これは容量が大きいので、ここでは紹介できません。
 そして、3ヶ所目の公園の前では短い距離ですが剣鉾を立てて(差して)行進したので、その様子を動画と静止画を撮影してきました。(お祭の行列のようにワンチャンスの動画と静止画を撮影したい時はカメラを2台持って行くべきでした)

正面橋で約20分待って

行列の先頭が来ました

ここは剣鉾を担いで行進

行列は続きます

こちらの剣鉾も担いで行進

赤い獅子

車に引かれた鉾

行列は続きます

今年はちまきを子供が配っています(昨年は新型インフルエンザの影響で
子供の参加を最小限にする為か、大人がちまきを配っていました)

行列は続きます

お神輿は車に引かれて行進

人力車に乗っているのは宮司さん?

行列の最後です



【動画】公園の前で剣鉾を立てた(差した)所

 宮司さんのお話によると、剣鉾を差して(立てて)の巡幸は昭和30年代以降、絶えていて、今回、約50年ぶりに復活したそうです。

posted by 京都情報 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

菅大臣天満宮の菅大臣祭(2010.5.8)

菅大臣天満宮の南門

 昨年は《菅大臣天満宮【お祭の後】》で紹介した通り、行った時間が遅く、菅大臣祭が終わった後でしたが、今年は前日の山伏による神事を見学に行ってきました。 菅大臣天満宮の場所はこの辺です。
 菅大臣天満宮に到着した時、山伏による神事が始まったでした。 神事の様子は写真を参考にして下さい。
 菅大臣天満宮の菅大臣祭では露店が出ますが、町内会が運営しているようで、「たこ焼」では「4個券1枚 8個券2枚 10個300円」と表示されていて、町内に配られた券でも現金でも買えるようになっています。

山伏による神事

火をつける前

護摩木を火に投入

護摩木を火に投入

神事が長かったので、本殿をバックに梅の実を撮影

神事もそろそろ終盤

手水舎の牛も神事を見学しているようなショット

手水舎の牛もおしゃれして

女性の山伏も見られます

たこ焼(4個券1枚 8個券2枚 10個300円)

飲み物売り場と休憩所

ゴム銃と輪投げのコーナー

本殿をバックに、つつじのアップ

posted by 京都情報 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。