2014年06月30日

新日吉神宮の夏越大祓式(2014.6.30)

新日吉神宮の鳥居

新日吉神宮の楼門

 新日吉神宮の夏越大祓式に行ってきました。 新日吉神社の場所はこの辺で、東山七条を東に入った所にあります。
 午後2時から始まると聞いていたので、15分くらい前に行くと椅子や茅の輪は用意されていましたが、ほとんど、人はいませんでした。しばらく、境内の神猿などを撮影していると午後2時前になると人が集まって来たので下におりました。
 まず、全員が手を清めて、宮司さんが先頭で茅の輪をくぐって一列になって本殿に向かいます。本殿の中に入って25分ほど神事が行われましたが、撮影できる雰囲気ではなかったので、その様子は撮影していません。
 本殿の中での神事が終わると拝殿の前の茅の輪に行き、簡単な説明の後、茅の輪くぐりが行われました。
 茅は持ち帰り自由ですが「輪になっている茅は汚れを吸い取っているので横の持ち帰り用の茅を持って帰って下さい」という説明がありました。
 茅の輪くぐりが終わると宮司さんが拝殿で楼門に向かって大祓詞をあげ、その後、拝殿で四方祓が行われ、祓い清められ、拝殿でて氏子さんと共に清めの紙で清め祓い、氏子さんや新日吉神宮に置かれていた人形を1つづつ読み上げ、祓っていきます。

楼門をくぐると茅の輪は用意されていましたが境内は静かです

神猿を撮影「自分の好みのパネルに差し替えて撮影できます」

本殿と末社

人が集まってきたので下りると

まず、手を清めます

宮司さんが先頭で茅の輪をくぐって一列になって本殿に向かいます

本殿の中に入って25分ほど神事が行われましたが、その様子は撮影していません

神事の後、茅の輪の前に一列に並んで簡単な説明の後、茅の輪くぐりが始まります

【動画】新日吉神宮の夏越大祓式で茅の輪くぐり

茅の輪くぐり「1回目をくぐっていて、宮司さんが次を待っている所」

3回目をくぐっている所

宮司さんが3回目をくぐった所

茅の輪くぐり「3回目をくぐる所」

茅の輪くぐりが終わった後の挨拶

宮司さんが拝殿に
右では茅を抜いている人も〜
宮司さんが拝殿で楼門に向かって大祓詞をあげます

四方祓が行われ

清めの紙で清め祓い

茅を持って帰っている人

これが持ち帰り用の茅

br/tr
posted by 京都情報 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 6月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401552119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。