2014年05月30日

ソフトバンクのプリペイド携帯契約の失敗談の紹介

【携帯電話が必要になり〜】
 長い間、ウィルコムのPHSを(データ通信の利用も含めて)使っていて、待ち合わせの時も、特にこれで問題はなかったのですが、最近、『携帯電話による本人確認』が多くなり、「ヤフオクの新規アカウント作成でも携帯電話があれば簡単に本人確認が出来る(携帯電話がなければ郵送で時間がかかる)」という事なので着信専用で良いので維持費の安い所を調べてみました。
 すると、ソフトバンクのプリペイド携帯なら「ランニングコスト約3千円で約1年間、着信専用として使える」という情報があったので、これが一番安そうなので、これにしてみようと思いました。

【電話機本体を新規購入か、中古で購入か?】
 まず、電話機本体を「新規購入か」「中古で購入か」で初期費用が、どの位、違ってくるのか調べてみました。

 まず、新規契約の場合、プリペイド携帯の一番安い機種の値段をソフトバンクのHPで調べてみると「105SHというタイプが約1万円で4千円の無料チャージ付きで、契約事務手数料約3千円」で約1万3千円の初期費用で約1年、着信専用として使えるという事がわかりました。

 次にヤフオクで中古の携帯電話を探してみると送料共で約3千円で購入できるので、これを購入してプリペイド契約をする事にしました。

【事前の調査不足で思い違い】
 近くのソフトバンク携帯電話ショップを探して、ヤフオクで買った携帯電話を持って行って「プリペイド契約をしたい」と言いました。
 事前の調査不足で、最初、「プリペイド契約をして3千円のプリペイドカードを買ってチャージすれば1年間使える」と思い違いをしていて、まず、『事務手数料3千円+消費税が必要です』と言われました。 「それならやめます」とも言えないので『構いません』と言って、『プリペイドカードはどうなさいます?』と聞かれたので、「プリペイドを買ってチャージすれば使えるようになる」しないと使えないと思っていたので『1枚買います』と言って、店員の人にチャージしてもらって、約6千円を現金で支払って(クレジットカード払い出来ないのも事前調査不足)帰りました。(『希望の下4桁の番号はありますか?』と聞かれたので固定電話の番号を言うと空いていたので、その番号にしました)
 そして、帰って、すぐにヤフオクの個人確認をしました。

【後でわかったいくつかの失敗】
 3千円のチャージをすると、チャージした日から60日間、3千円の通話が有効で、60日以内に次のチャージをしないと消えてしまうのはわかっていましたが、着信用として使えるのが「チャージしてから1年間」か「チャージが無効になってから1年間」なのかわからなかったので確認すると、こちらのページを見ると後者だとわかりました。 つまり、3千円のチャージをすると60日+360日間、着信専用(及び110番などの無料発信)として使える事がわかりました。

 さらに、こちらのページをよく読むと『ソフトバンクプリペイドサービスをご契約された日から360日間プリペイドカード(通話料)登録が1度も確認できない場合は、自動的に解約となります。ただしこの場合には契約解除料は発生いたしません。』という記述がありました。 つまり、契約事務手数料約3千円を支払ったら、その後、360日、着信専用として使えた訳で、プリペイドカード3千円は360日の少し前に買って登録すれば良かったのです。

 その他、わかった事はヤフオクで買った中古の携帯電話は付属品のUSBコードが付いておらず、後で送料共で約千円で買ったので、結局、携帯電話購入で約4千円、ソフトバンクへの支払い約6千円の計約1万円の初期費用で60日+360日間、着信専用の携帯電話として使える計算です。

 契約して、すぐにプリペイドカードを買ってチャージしてしまったので、新規購入と比べて、そんなに安くならなかったですが、もし、プリペイドカードの3千円を「純粋に着信専用携帯電話の基本料金」と考えると
3000円÷(60日+360日)×360日=2571円
の基本料金を損した事になります。
 以上が私の失敗談なので参考にして下さい。

【ソフトバンクの電波はPHS並!?】
 携帯電話を契約しようと思ったもう一つの理由として「自宅ではPHSの電波が弱い」という状況だったからで、住宅街の端の方で鉄筋の建物で、PHSでは圏外になったり、圏内になったりという状況です。
 TVであれだけ「繋がるナンバーワン」と宣伝しているので期待していたら、電波は PHSと同様、圏外になったり、圏内になったりという状況でした。 これにはガッカリです。

posted by 京都情報 at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。