2014年05月09日

平安神宮例祭・神販行事《舞妓さんによる日本舞踊など》(2014.4.16)

13:15頃、平安神宮に到着

本殿の前に紅白の幕に囲われた舞台が設置

 4月16日に平安神宮で神販行事が行われます。 平安神宮の場所はこの辺です。
 例祭の神事は前日の15日の10:00から行われ、神販行事が16日に12:00に行われます。 平安神宮に到着したのは13:15頃で、本殿の前に紅白の幕で囲われた舞台が設置されていて、ちょうど舞妓さんが舞台に向かう所だったので撮影しました。 その後、すぐに舞台で、先ほど、入場したた舞妓さんによる日本舞踊が「花笠」「祇園小唄」で踊られました。
 その後もお神楽などが奉納されました。 毎年、内容は変わるそうです。 今回、舞妓さんによる日本舞踊の奉納は3つあり、最終の3つ前に舞妓さんによる日本舞踊の奉納があり、これが終わると半分程の人が帰って行きました。 そして、午後4時頃には終わりました。
 最近、気が付いたのですが、キリスト教の教会で宗教音楽が演奏される時は「神に捧げられる音楽」に拍手はしないものです。 神社で行われる演芸(演奏、踊り、落語など)は『奉納』という言葉を使いますが、これは司会者も「どうぞ、拍手を〜」と言っていて少し違和感を感じる様になりました。

ちょうど舞妓さんが舞台に向かう所だったので

舞台に向かう舞妓さんを撮影

先ほど、入場した舞妓さんによる「花笠」「祇園小唄」の日本舞踊

舞妓さんによる日本舞踊「花笠」

舞妓さんによる日本舞踊「祇園小唄」

【動画】舞妓さんによる日本舞踊「花笠」「祇園小唄」

次の「里神楽」「剣の相舞」「早神楽」はほとんどピンボケだったので写真2枚紹介

舞妓さんによる日本舞踊「京の四季」(これもややピンボケ)

【動画】舞妓さんによる日本舞踊「京の四季」(これもややピンボケ)

お琴の演奏「さくら」「祝いの曲」他

【動画】お琴の演奏「さくら」「祝いの曲」

「式部の舞」「五色の舞」「明石の楽太鼓」「般若祓いの舞」(これもピンボケが多い)

「般若祓いの舞」

【動画】「式部の舞」「五色の舞」「明石の楽太鼓」「般若祓いの舞」

舞妓さんによる日本舞踊「京の四季」「六段くづし」

舞妓さんによる日本舞踊「京の四季」「六段くづし」

日本舞踊が終わって挨拶をして退場「この後、半分位の観客は帰った」

【動画】日本舞踊「京の四季」「六段くづし」(ズームでアップの時、ピンボケ)

創作舞踊「ひなげしの花」

舞楽「北庭楽」「納曽利」

舞楽「納曽利」

【動画】平安神宮神販行事で舞楽「北庭楽」「納曽利」
平安神宮の本殿

終わった後の観客席と本殿

posted by 京都情報 at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 4月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396628534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。