2014年01月04日

京都の三大干支の絵馬+1《松尾大社》(2014.1.4)

松尾大社の2の鳥居

鳥居をくぐると露店が並んでいました

 京都で大きな干支の絵馬がある神社として「北野天満宮」「下鴨神社」「護王神社」がありますが(「京都の三大干支の絵馬」と勝手に名づけています)、「松尾大社」にも大きな干支の絵馬があるという事で出かけてきました。 「松尾大社」の場所はこの辺です。
 行ったのは1月4日(土)でしたが、多くの人が初詣に訪れていて露店も出ていました。2の鳥居とくぐって、楼門の外からでも拝殿の大きな干支の絵馬が見えました。
 そして、拝殿に近づいてみると白馬の玩具が描かれた大きな絵馬が飾られていました。「下鴨神社」と「護王神社」では干支の絵馬が拝殿に飾られていますが、松尾大社の干支の絵馬の方が明らかに大きく、「北野天満宮」では楼門に干支の絵馬が飾られていますが「北野天満宮」の干支の絵馬とほぼ同じ位ではないかと思います。
 その後、本殿で参拝してから帰りましたが、雨が降った時の為に本殿の前には屋根が取り付けられていて、お賽銭が本殿の中に入らないようにビニールで仕切られていました。

楼門「外からでも絵馬が見える」

楼門をくぐると拝殿に干支の絵馬

拝殿には白馬の玩具が描かれた大きな絵馬

松尾大社の本殿

松尾大社の境内の様子

北野天満宮の楼門に掲げられた干支の絵馬

 大きさから言うと「京都の四大干支の絵馬」と言っても良いのでしょうが、少しゴロが悪いし、場所も少し離れているので(あくまで個人的な勝手な分類で)、「+1」として松尾大社を加える事にしました。

 最後に「北野天満宮」「下鴨神社」「護王神社」の京都の三大干支の絵馬も紹介しておきます。

北野天満宮の楼門には白馬と梅が描かれた干支の絵馬

下鴨神社の駆け上がる白馬が描かれた干支の絵馬

護王神社の立ち上がる白馬が描かれた干支の絵馬



posted by 京都情報 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。