2013年08月07日

京の七夕・二条城会場の夜間無料公開《プロジェクションマッピング》(2013.8.7)

二条城の東大手門

午後7時5分頃、二条城に入場

 京の七夕・堀川会場《光の天の川》の紹介に続いて、二条城の夜間無料公開の様子を紹介します。 二条城の東大手門の場所はこの辺です。
 二条城の夜間無料公開は午後7時から開場になりますが、午後7時前になると入口には長い行列(おそらく、100人くらい)が出来ていて、行列には並ばず、行列の最後尾が入口付近に来るまで待って入場しましたが午後7時5分頃に入場できました。
 東大手門を入ると左手に竹に色々な模様の穴を空けて中にライトを入れた竹の灯篭が並んでいました。 工事中の門の向こうに二の丸御殿があり、プロジェクションマッピングの会場ですが、午後7時半から始まるという事なので、先に二の丸御殿台所を見学する事にしました。 二の丸御殿台所では新島八重についてのパネル展示をしていましたが、今回は『撮影禁止』ではなかったので中の様子を撮影してきました。 (以前、二の丸御殿台所でお琴の演奏などをやっていましたがパネル展示より演奏会の方が興味があります)
 午後7時半になったので二の丸御殿の南に行くとプロジェクションマッピングは始まっていました。 プロジェクションマッピングは10分足らずで、その様子は動画を参考にして下さい。
 プロジェクションマッピングが終わると、多くの人がぞろぞろと帰って行ったのでいっしょに帰りました。 名産品の売店も少し出ていました。 この前は、東大手門の城側(西側)もゆっくりと色が変わるプロジェクションマッピングでライトアップされていましたが、今年はやってなかったです。

竹に色々な模様の穴を空けて中にライトを入れた竹の灯篭

色々な模様の竹の灯篭

工事中の門の向こうに二の丸御殿「プロジェクションマッピングの会場」

二の丸御殿のプロジェクションマッピングは午後7時との案内

二の丸御殿台所では新島八重についてののパネル展示

NHK「八重の桜」のキャスト

「八重の桜」についての説明

洋装を和装の新島八重

午後7時半から二の丸御殿の南面でプロジェクションマッピング

二の丸御殿の南面でプロジェクションマッピング

色々なパターンが描かれます

襖の様な絵が描かれました

エンディングに保存の為の寄付のお願い

【動画】京の七夕・二条城会場の二の丸御殿でのプロジェクションマッピング

名産品の売店も出ていました

東大手門の城側(西側)はライトアップされていませんでした



posted by 京都情報 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 8月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。