2013年08月03日

京の七夕・堀川会場《光の天の川》と《丸太町の南の模型のチンチン電車》(2013.8.3&7)

丸太町の橋の横の出入口

丸太町の橋の上から見た会場の様子

 《京の七夕》の初日に《堀川会場》の《光の天の川》の様子を見てきました。 1日ですべてを見るのは時間がかかるので、今回は丸太町通りから河原に下りて、出水通りから上がりました。 混んでいる時間帯は丸太町の橋の横の出入口からの入場は禁止になっている事があるので要注意です。
 入口のスロープを下りると、ライトアップされたオブジェが展示されています。 目的は《光の天の川》だったので、意外に遠く感じました。 そして、今年は《光の天の川》の手前で写真を撮る人が多く、《光の天の川》の手前で渋滞が起こっていました。 写真なら出口でも撮れるし、出口付近は人が少なかったです。
 後日、行った丸太町から南の模型のチンチン電車は追記で紹介します。 二条城会場(夜間無料公開)については別のページで紹介します。

スロープを下りると

色々なオブジェが展示されている

ライトアップされたオブジェ

堀川には《いのり星》

《光の天の川》の手前で写真を撮る人が多く、《光の天の川》の手前で渋滞

《光の天の川》の下を歩く

時間と共に色と形が変わる

【動画】京の七夕・堀川会場の《光の天の川》

《光の天の川》の出口付近は比較的空いていました

《光の天の川》は出水通りまでで、その先には行かずに帰りました

出水橋の上から《光の天の川》の出口付近を見た所

『おかえり チンチン電車
京の七夕号 堀川線復活』の案内

『堀川に「チンチン電車」を考える会』
の案内

【追記】(2013.8.7)
 二条城会場(夜間無料公開)を見学した後、《丸太町から南の模型のチンチン電車》も見学して来ました。

 最初、『おかえり チンチン電車 京の七夕号 堀川線復活』という案内の看板があったので、昔のチンチン電車でも展示されているのかと思って行ってみたら、チンチン電車の模型を堀川の河原に100m程のレールを敷いて往復運転していました。 午後8時頃に行くと、調整中でしたが、すぐに動き出しました。

 昔のチンチン電車の絵も展示されていました。細かい事を言うと、この絵にはおかしな所があり、二条城の後ろに大文字山が描かれていますが、これは角度的にありえません。二条城がなければありうる絵です。
 その後、丸太町通りまで歩いて、丸太町通りの出口から出て帰りました。

午後8時頃、調整中でしたが〜

すぐに動き出しました

京の七夕・堀川会場《丸太町の南で走る模型のチンチン電車》

【動画】京の七夕・堀川会場で《いのり星》が流れる横を走る模型のチンチン電車

昔のチンチン電車の絵も展示「二条城のバックに大文字山はおかしい」

ライトアップされた展示品

堀川を流れる《いのり星》

【動画】京の七夕・堀川会場で小さな滝がある所を流れる《いのり星》

橋から吊るされた友禅

友禅が橋から吊るされている所

丸太町の出口から出ました



posted by 京都情報 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 8月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。