2013年06月06日

縣神社の縣祭・前編(2013.6.5)

縣通りの鳥居「人が多くて前に進めない」

縣通りには多くの人と露店

 《縣(あがた)神社》の《縣(あがた)祭》に行ってきました。 《縣神社》の場所は宇治の平等院の近く(南西)のこの辺です。
 一昨年<2011.6.5>の様子も紹介しましたが、この時は始めてだったので、午後9時頃に帰りましたが、今年は午後11時頃から行われる「梵天渡御(ぼんてんとぎょ)」の様子も見てきましたが、それは《縣神社の縣祭・後編》で紹介します。
 午後7時過ぎに到着するつもりで行ったのですが、多くの露店が出て、人が多くて、なかなか前に進めず、縣神社に到着したのは午後7時半頃で、ちょうど神楽殿で『音曲ケロケロ座』による「この花さくや姫」の劇が始まる所で、最前列の席が空いていたので、最前列に座って撮影してきました。
 「この花さくや姫」の劇が終わって境内を散策すると、本殿の前には参拝の人の長い行列が出来ていました。
 そして、午後8時50分頃から踊りが始まりました。 その後、午後10時頃、縣神社を後にしましたが、「午後11時まで露店を片付けないと警察がうるさい」と言って露店を片付け始めていました。

ようやく縣神社の南の鳥居に到着

境内には《護摩焚法修》の火床

『音曲ケロケロ座』による《この花さくや姫》

【動画】縣神社の縣祭の「この花さくや姫」の劇・前半

『音曲ケロケロ座』による《この花さくや姫》

【動画】縣神社の縣祭の「この花さくや姫」の劇・後半

本殿の前には参拝の為の長い行列

大幣殿の梵天

境内の梵天

そして、午後8時50分頃から踊りが始まりました「さんさおどり」

縣神社の縣祭で踊り

【動画】縣神社の縣祭で踊り

縣神社の縣祭で踊り

【動画】縣神社の縣祭で踊り

午後10時頃、縣神社を後にすると露店を片付け始めていました



posted by 京都情報 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 6月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。