2013年05月12日

下鴨神社の御蔭祭<2012.5.12>

午後3時頃、切芝の儀が行われる場所に到着

御蔭祭保存会入会受付(2千円)
入会金は席代ではないと言っていたが〜

 下鴨神社の《御蔭祭》に出かけてきました。
 御蔭祭は《賀茂祭》の中の行事の1つで、クライマックスが5月15日の《葵祭》で、他にも5月3日の《流鏑馬神事》や5月5日の上賀茂神社の《競馬会神事》も《賀茂祭》の中の行事の1つです。
 比叡山の山麓にある八瀬の御蔭神社から神霊を迎える神事で、国内で最古の神幸列と言われていて、朝9時頃に下鴨神社を出発して、お昼頃に八瀬の御蔭神社で神移しの神事が行われて、下鴨神社に戻ってきます。 今回は下鴨神社に戻って来て、参道の途中で行われた《切芝神事》と本殿に入る様子を見学して来ました。 本殿の中に入ると扉が閉じられて中の様子を見る事はできません。
 《切芝神事》が行われた場所は下鴨神社の参道の途中のこの辺です。

《賀茂祭》は頭に葵を付けている
事から《葵祭》と呼ばれる
《御蔭祭》の行列が到着

神馬に乗った荒御魂が主役

【動画】御蔭祭の行列が下鴨神社に到着する所

いくつかのものが引き渡される

その後、神馬の前で舞楽【鶴の舞】が舞われる

【動画】下鴨神社の御蔭祭の切芝の儀で舞楽【鶴の舞】

次は舞楽【東游(あづまあそび)の舞】

【動画】下鴨神社の御蔭祭の切芝の儀で舞楽【東游の舞】

最後は雅楽の奉納演奏

行列は本殿に向かったので先回りして鳥居の前に〜

行列が鳥居をくぐる所

神馬に乗った荒御魂が鳥居をくぐって本殿に向かう

【動画】御蔭祭の行列が下鴨神社の鳥居をくぐって本殿に向かう所

神馬に乗った荒御魂が本殿に入る所

行列が本殿に入ると扉が閉められる

御手洗社と手前の白い花は空木(うつぎ)

つつじと向こうに《輪橋》

帰りに中の様子を隙間から撮影



posted by 京都情報 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。