2013年04月08日

哲学の道の桜の花びらの渋滞(2013.4.7)

白川通今出川東北角の『哲学の道』の案内

まだ、花びらは残っていますが〜

 毎年、桜の花が散る頃、疎水と白川が交差して、疎水が白川の下をくぐる所で、桜の花びらの渋滞が起こるので様子を見てきました。 場所はこの辺です。
 まず、白川通今出川から哲学の道を東の方に行くと、まだ、桜の花びらは残っていましたが、前夜の風と雷雨でだいぶ散っていました。
 そして、疎水が白川の下をくぐっている所に行くと、このあたりは、まだ、桜の花も残っていて、桜の花びらは少し渋滞していました。 上流から少し桜の花びらの流れてきていましたが、昨夜の風雨で散りそうな花びらは散ってしまったみたいで、流れてくる桜の花びらは多くはなかったです。 流れてくる桜の花びらが多い時は渋滞の長さは2倍以上になります。
 その後、もう少し疎水の上流の方にも行きましたが、ピークは過ぎていましたが、ソメイヨシノだけでなく、遅咲きの桜も植えられているので、もうしばらく楽しめるでしょう。

疎水が白川の下をくぐっている橋から撮影

桜の花びらが渋滞している所を渋滞していない所の境目

【動画】哲学の道の白川と疎水が交差する所で桜の花びらが渋滞

疎水の上流の方から桜の花びらが渋滞している所を撮影

疎水の南側に行ってみます

疎水の南側の哲学の道

疎水の南側から見た桜の花びらが渋滞している所「多い時は渋滞の長さは2倍以上」

疎水にのびた桜の枝と水面の桜

まだ、つぼみも残っています

その後、もう少し疎水の上流に行ってみました

このあたりも前夜の風雨でだいぶ花びらは散っています

哲学の道にはソメイヨシノだけでなく、遅咲きの桜も植えられているので

ピークは過ぎましたが、もうしばらく楽しめるでしょう



posted by 京都情報 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。