2013年03月27日

東寺の河津桜は満開で枝垂れ桜はそろそろ見頃(2013.3.27)

東寺の東門(慶賀門)

東門から入って、まっすぐ西に進んで
右手に咲き始めていたソメイヨシノ

 東寺の桜の様子を見てきました。 東寺の場所はこの辺です。

 まず、前回(2013.3.13)、そろそろ見頃だった河津桜の様子を見てきました。 東門(慶賀門)から入って、まっすぐ西に進んで、門をくぐると、《足利尊氏寄進鐘》の手前のソメイヨシノが咲き始め、その向こうの河津桜はほぼ満開でした。 今年は河津桜の開花が遅く、ソメイヨシノの開花が早かったので、河津桜とソメイヨシノの花がいっしょに咲いている所を見られたのですが、これは珍しい事です。

 東寺の五重塔のまわりの桜も咲き始めていて、東寺の五重塔の北側にある枝垂れ桜がそろそろ見頃の状態でした。 満開の枝垂れ桜と五重塔は絵になるのですが北側から撮影すると五重塔が逆光になって細かい所が写らないのが少し残念です。 五重塔の近くに入るのには拝観料が必要なので、入りませんでしたが、夜は3月23日から4月14日までライトアップもやっているそうです。

《足利尊氏寄進鐘》の手前のソメイヨシノが咲き始め「右の向こうに河津桜」

ソメイヨシノ越しに《足利尊氏寄進鐘》を見た所

こちらは3本の中で、一番、最初に咲き始めた河津桜

葉は出てきているものの、ほぼ満開です

《足利尊氏寄進鐘》の横の河津桜「ほぼ満開です」

《足利尊氏寄進鐘》の横の右が河津桜で、左に咲き始めたソメイヨシノ

角度を変えて、手前にソメイヨシノのアップ、向こうに河津桜

一番、西の河津桜越しに《足利尊氏寄進鐘》を見た所

《足利尊氏寄進鐘》のまわりの桜を撮影 「河津桜とソメイヨシノがいっしょに咲いているのは珍しいです」

三面大黒天の前のピンク色の桜

東寺の金堂

東寺の五重塔を西側から撮影

東寺の五重塔の西側に咲いていた桜の花をズームで撮影

東寺の五重塔を北側から撮影「枝垂れ桜がそろそろ見頃です」

枝垂れ桜の上の方をズームで撮影

ライトアップの案内
3月23日から4月14日
まだ、つぼみのソメイヨシノ

東寺の五重塔と枝垂れ桜を少し角度を変えて撮影



posted by 京都情報 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。