2012年12月31日

新熊野神社の大祓式《年越しそば》(2012.12.31)

新熊野神社の鳥居

本殿の中で神事が始まっていました

 新熊野神社の大祓式に出かけてきました。 大祓式は6月30日と12月31日の年に2回行われ、半年の穢れを祓う行事です。 《新熊野神社》の場所はこの辺です。
 大祓式は午後6時から始まると案内されていましたが、午後6時10分頃に到着すると、本殿の中で神事は始まっていて参列者全員で祝詞をあげていました。 その後、祝詞が書かれた紙で体をなでて穢れを拭い取り、これは集められて後で燃やしてもらい、清めの紙を自分の体の左、右、左に振りかけて体を清めて、玉串を本殿に捧げて、午後6時半頃に終りました。
 その後、「時間のある方は〜」と奥の建物に案内されて、中に入ると「今、お蕎麦を注文していますが混んでいるので少しお待ち下さい」と説明があり、その間、新熊野猿楽についての説明がありました。 そして、出前のお蕎麦が届いたので《年越しそば(にしんそば)》を戴いた後、再度、本殿でお参りして、お賽銭を多い目に入れて、午後7時15分頃に帰りました。

午後6時10分頃に到着すると本殿の中で神事が始まっていました

清めの紙を振りかけた後「この葉っぱは持って帰る」

玉串を捧げて本殿での神事は終了

神事が終った後の本殿

本殿での神事の後、「時間のある方は〜」とこちらの建物に案内されました

《年越しそば(にしんそば)》を戴き、本殿でお賽銭を多い目に入れて帰りました



posted by 京都情報 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 12月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。