2012年12月06日

慧光寺の銀杏《終盤》と御金神社の銀杏《緑色の葉も少し》(2012.12.2)

慧光寺の山門「黄葉した銀杏が見えます」

 慧光寺の銀杏と御金神社の銀杏の黄葉の様子を見てきました。 まず、《慧光寺(えこうじ)》の場所はこの辺で、2ヶ月程前、芙蓉が咲いている頃に紹介しました。
 手前の大きな銀杏の木は上の方が落葉していましたが、奥の少し小さい銀杏の木はそれほど落葉していなかったです。 まだ、芙蓉も少し咲いていました。 前回、本堂がどれかわからなかったのですが正面の《七面大明神》の北西の建物の中からお経が聞こえてきたので、この建物が本堂なのでしょう。

山門には慧光寺と書かれています

慧光寺と書かれた石碑

山門をくぐると2本の銀杏の木「上の方は落葉していて終盤」

まだ、少し芙蓉が咲いていたので銀杏の木をバックに撮影

奥の銀杏の木は、まだ、それほど落葉していなかったです

山門から入って正面に七面大明神

北西のこの建物の中から
お経が聞こえてきました

御金神社の鳥居

 慧光寺に行った後、御金神社に大きな銀杏の木があるので行ってきました。 《御金神社》の場所は西洞院御池を上がったこの辺で、節分会の時に紹介した事があります。
 本来、クワやカマなどの金属に感謝する神社ですが、最近、その名前から「宝くじが当たります様に…」など、お金に関する願い事をする人が多くなってきているそうです。
 御金神社には本殿の左斜め後にビルに囲まれた所に大きな銀杏の木があります。 この銀杏の木の葉は、まだ、真ん中の方に緑色の葉が多く残っていました。 銀杏の木も種類や場所によって黄葉する時期が違う様です。

道路から御金神社の鳥居、本殿、その後の大きな銀杏の木を撮影

御金神社の本殿

御金神社の由来の説明

本殿の前から大きな銀杏の木を見上げて撮影「真ん中あたりは緑色の葉が見えます」

銀杏の葉をズームで撮影「確かに、まだ、緑色の銀杏の葉があります」



posted by 京都情報 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。