2012年08月18日

大津市の建部大社の船幸祭《南郷洗堰付近》(2012.8.17)

お神輿を載せた船

お神輿を載せた船のアップ

こちらは女神輿一基と子供神輿二基

 大津市の建部大社の船幸祭に出かけてきました。 船幸祭ではお神輿を船に載せて南郷洗堰あたりまで行き、帰りの瀬田の唐橋あたりで花火もあったので2回にわけて紹介する事にします。
 船幸祭は大津三大祭りの一つで、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征する際に船団を組んでいったという故事によるお祭だそうです。
 夕方からお神輿が建部大社を出て、お神輿を船に載せて南郷洗堰あたりまで行くと聞いていたので、お神輿を載せた船が見られるかと思って、石山寺の少し下流付近で待っていたら午後6時頃に船に載せたお神輿が通って行きました。
 午後6時半頃、南郷洗堰の少し上流の東岸に一行が到着しました。 《南郷洗堰》の場所はこの辺です。
 南郷洗堰の少し上流に到着すると、みんな上陸して、午後6時50分頃から神事が始まりました。 神事が終わった後、挨拶があり、午後7時半頃に南郷洗堰を出発して上流に向かいました。 この頃にはあたりは暗くなり、先頭の船が花火を上げながら進んで行くので暗くなってからの方が綺麗です。 この後、瀬田の唐橋あたりの花火も含めて次のレポートで紹介します。

【動画】お神輿を載せた船が南郷洗堰に向かう所

南郷洗堰の少し上流の東岸に到着すると、みんな上陸

上陸すると写真と撮ったり神事の準備をして午後6時50分頃から神事が始まりました

【動画】南郷洗堰の少し上流の東岸で神事が始まりました

神事が終わる頃、あたりも暗くなってきました

【動画】南郷洗堰で神事が終わった挨拶の後、暗くなった中を一行は出発

帰りは先頭の船が花火を上げながら進みます

【動画】先頭の船が花火を上げながら一行は瀬田の唐橋に向かいます


先頭の船が花火を上げながら一行は瀬田の唐橋に向かいます



posted by 京都情報 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 8月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。