2012年08月12日

南禅寺の蓮の花(2012.8.12)

南禅寺の全景図「中央のやや下の池に
蓮の花が咲いているが実際はわかりにくい」

南禅寺の三門「ここから蓮の花は見えない」

 昨年は(2011.8.4 の夕方)の南禅寺の蓮を紹介しましたが、今年は午前8時半頃、訪れてみました。 南禅寺の蓮の咲いている所(池)の場所は少しわかりにくく、通常、南禅寺橋を渡って、まっすぐ東に行くと「南禅寺の中門」があり、この先に三門、本堂、水路閣がありますが、この南禅寺の中門の手前の左側の駐車場の奥にあり、場所はこの辺で、南禅寺に行く参道からは見えにくく、気をつけて見ないと通り過ぎてしまうでしょう。

 蓮の花は4日くらいが寿命で、最初の1〜2日は朝(午前2時頃から)開いて、午前10時頃には閉じ、3日目は半開まで閉じ、4日目は閉じずに散り始めるそうです。 だから、午前10時までに行かないと、3日目の半開の状態か、4日目の開き切って散り始める蓮の花しかみられないですが、午前10時までに行くと、1〜2日目の咲き始めの蓮の花が見られるので、昨年の(2011.8.4 の夕方)と比べて、咲いていた蓮の花は明らかに多かったです。

蓮の花越しに見た南禅寺の中門

別の角度から撮影した蓮の花越しの南禅寺の中門

ズームで撮影した蓮の花越しの南禅寺の中門

蓮の花のアップ

左に勅使門 右に中門

蓮の花の向こうに牧護庵

蓮の花のアップ「このあたりは蓮の花が多く咲いています」



posted by 京都情報 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。