2012年07月27日

《松彌》の創作生和菓子《金魚 300円》

《松彌》の外観「ビルの1階です」

《松彌》の入口の暖簾

 見た目に涼しいお菓子に《松彌》の《金魚》があるというので買いに行ってきました。場所は少しわかりにくく、二条河原町から西に入って2筋目の北行き一方通行の道を少し上がった東側のこの辺です。
 明治21年創業の老舗というので町屋を想像して行ったら(建て替えたのか)ビルの1階で、最初、通り過ぎてしまいました。
 店内も思ったより狭く、ショーケースが1つで展示している商品も少なかったです。 その中から《金魚》と《花火》(いづれも300円)を買いました。 《金魚》は水色の寒天の中に赤とピンクの金魚と緑色の水草は入っていて、味も見た目と同じく、あっさりとして涼しげな感じでした。
 お店の情報は「京都市中京区新烏丸二条上る橘柳町161?2」「075-231-2743」「営業時間:10時〜18時(月曜日は休み)」 営業時間が午後6時までなのが少し不便です。

店内の様子「ショーケースが1つで展示している商品も少ない」

こちらの《金魚》と《花火》を買いました「いづれも300円」

こちらの《うちわ》や《水中花》も面白そうです「いづれも250円」

《金魚 300円》水色の寒天の中に赤とピンクの金魚と緑色の水草

《花火 300円》透明の寒天の中に色とりどりの寒天が花火の雰囲気



posted by 京都情報 at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子屋・パン屋の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。