2012年06月30日

安井金比羅宮の夏越大祓(2012.6.30)

安井金比羅宮の東大路通りに面した鳥居

安井金比羅宮の駒札

参道に咲いていた夾竹桃

 安井金比羅宮の夏越大祓に行ってきました。 安井金比羅宮の東大路通りに面した鳥居の場所は五条通りと四条通りの間のこの辺です。
 大祓は6月30日と12月31日の年2回あり、半年の汚れと祓い清めて、新たな半年を迎える行事で、6月30日の夏越大祓では茅の輪をくぐる所が多いです。
 午後6時からは始まるという事で10分前くらいに到着すると、本殿の前に茅の輪が用意されていました。この頃から小雨がぱらぱらと降り始めましたが、午後6時になると本殿の前で神事が始まりました。
 そして、祝詞が書かれた紙と紙包みが配られました。 「良かったら神主さんといっしょに祝詞を読んで下さい」と説明があり、その後、紙包みの中の「紙ふぶき」のような物は自分の体に左、右、左にふりかけ、人形に息を吹きかけて、自分の体の悪い所に擦り付けて神主さんに渡すと(本来なら海か川に流す所ですが近くに海や川がないので)後で燃やしてもらえます。 「人形を持って帰ると汚れも持って帰る事になる」という説明もありました。
 その後、神主さんが先頭で茅の輪くぐり。左回り、右回り、左回りと3回、回って終わり、最後に神主さんからの挨拶があり、茅の輪の茅は自由に持って帰って良いという事ですが、参加人数が少なかったので抜き取り用の横に差してあった茅だけで足りた様です。横に差してあった茅で「ミニ茅の輪」を作って持って帰りました。
 ここは基本的な神事だけだった様で午後6時半頃には終了しました。

夾竹桃には毒があるので要注意

『悪縁を切る碑』

本殿の前に茅の輪が用意

午後6時になると本殿の前で神事が始まりました

本殿の前でお祓い

配られた祝詞が書かれた紙と紙包み

神主さんが先頭で茅の輪くぐり

左回り、右回り、左回りと3回、回って終わり

【動画】安井金比羅宮の夏越大祓で茅の輪くぐり

神主さんから終わりの挨拶

挨拶が終わると
茅の輪から茅の抜き取り
【動画】安井金比羅宮の夏越大祓で最後の挨拶と茅の抜き取り

抜き取った茅で作ったミニ茅の輪

茅を抜き取った後の茅の輪
そんなに形は変わっていないです


posted by 京都情報 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 6月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。