2012年05月13日

市比売神社の春季大祭《ナチュラルメイクの舞妓さん》(2012.5.13)

市比売神社の入口

《いちひめまつり》の案内のポスター

 《市比売神社》の《春季大祭》に出かけてきました。 《市比売神社》は河原町五条下がる一筋目を西に入った南側にあり、場所はこの辺です。
 春季大祭は午後1時からという事で午後1時前に市比売神社に到着すると境内は人がいっぱいでした。 案内のポスターによると《春季大祭》は《いちひめまつり》の1つとの事です。 境内には3〜4人掛けの長椅子が片側10列、合計20脚置かれていて、すべて人が座っていましたが、長椅子に座っているのはほとんど招待客だった様です。 長椅子のすぐ後の場所で、高さ30cm程の踏み台兼椅子を持って行ったので、だいたい春季大祭は様子を見学する事ができました。
 最初、本殿の前と中で神事が行われます。 その後、《浦安の舞》が奉納されます。 次に、試し弓の神事が行われますが、これは東側(男性)と西側(女性)の射手が交互に各6本、合計12本の矢を大的に射って、どちらが先に中央に当たるかにより占うらしいです。
 その後、招待客のお参りがありましたが、招待客の中に宮川町の舞妓さんもいました。 夜のお座敷に出る様な白塗りではなく、日本髪でしたがナチュラルメイクでした。
 《春季大祭》が無事に終わり、最後に神主さんによる挨拶がありました。 いつもは本殿はガラス戸が閉まっていますが、この日はガラス戸は開けられていたのでお参りしてから帰りました。

午後1時から神事が始まりました

本殿の前と中での神事とお祓い

《浦安の舞》が始まりました

《浦安の舞》の奉納

【動画】市比賣神社の春季大祭で《浦安の舞》の奉納

試し弓の神事の始まりです

試し弓の神事の様子

【動画】市比賣神社の春季大祭の試し弓の神事

試し弓の神事が終わった後、弓を神主さんに返します

招待客のお参り

招待客の中に宮川町の舞妓さんも

夜のお座敷に出る様な白塗りではなく、ナチュラルメイクの舞妓さん
夜のお座敷に出る様な白塗りではなく、ナチュラルメイクの舞妓さん

春季大祭が無事に終わり

春季大祭の終わりの挨拶

【動画】市比賣神社の春季大祭で終わりの挨拶

いつもは本殿はガラス戸が閉まっていますが、開いていたのでお参りしてから帰る

本殿の中

願い事が書かれたダルマが
置かれた《天之真名水井》


posted by 京都情報 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 5月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。