2012年04月28日

千本えんま堂の普賢象桜は終盤(2011.4.28)

千本えんま堂の入口

 昨年、千本えんま堂の普賢象桜を見に行ったのは(2011.4.21)だったので、今年の桜の開花は例年と比べて1週間遅れ程度なので立ち寄ってみました。 《千本えんま堂》の場所は千本北大路と千本今出川の間あたりのこの辺です。
 しかし、ソメイヨシノの開花が「例年と比べて1週間遅れ程度」で遅咲きの桜の開花の遅れは短くなっていた様です。 この日は初夏の様な天気だった事もあってか、桜の花びらはやや萎れた感じになっていました。

《千本えんま堂》の入口
午後5時過ぎに訪れたので閉門
《千本えんま堂》の駒札

普賢象桜の植えられている所の全景「むこうに鐘楼」

普賢象桜のアップと普賢象桜の案内

《普賢象桜》の案内

普賢象桜のアップ「この写真を見ると満開という感じです」

山吹と普賢象桜と紫式部供養塔

普賢象桜と紫式部の像

二尊院ふげんそう(山桜系)

こんな遊歩道沿いに桜のトンネル

休憩できる陶器の椅子とテーブル

鐘楼の近くには藤も咲いていました

《千本えんま堂狂言》の案内

_blank


posted by 京都情報 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 京都の梅桜情報2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

千本ゑんま堂の普賢象桜
Excerpt: 今日で東日本大震災から2か月が経った。 亡くなられた方は、2か月と1日前までは、私たちと同じように普通に暮らし生きていた。 そのことを思うと、胸が苦しい。 誰もが生身の人間だから。5月の初め、小..
Weblog: 雲母(KIRA)の舟に乗って
Tracked: 2012-05-03 22:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。