2012年03月17日

平野神社の河津桜はようやく咲き始め(2012.3.17)

平野神社の鳥居「手前の木が河津桜ですが
この写真ではほとんど開花は確認できない」

ズーム撮影で咲き始めやつぼみが見える

 今年の梅の開花は例年と比べて約2週間遅れですが、平野神社の河津桜はそろそろ咲き始めているかと思って立ち寄ってみました。 平野神社の河津桜が咲いていた場所はこの辺です。

 平野神社の河津桜の咲き始めの頃は(2010.2.28)に撮影していますが、この時より開花は遅く、「咲き始め」という状態でした。 2010年の桜の開花は例年より1週間ほど早かったので、桜の開花も梅の開花と同様、例年と比べて2週間遅れ程度になるのではないかと思っています。

 平野神社は「桜の木の種類が多い」という事で有名で、冬でも咲いている寒桜や早咲きの桜など色々な種類の桜が植えられています。 境内では花見席の設置も始まっていましたが、さて、今年の桜の開花のピークはいつ頃になるのでしょう。

曇天の空をバックに河津桜を撮影「1分咲きという所でしょうか?」

これは背の低い鳥居の南の桜「こちらは5〜6分先でしょうか?」

これは鳥居をくぐって右手の《猿田彦社》《稲荷社》に行くの手前の桜

こちらは6〜7分咲きでしょうか?

もう少し先の石の橋あたりの桜「こちらは3〜4分咲きでしょうか?」

本殿に続く楼門あたりの桜はまだ

平野神社の本殿

これは楼門の横

花見席の設置が始まっていました

花見席の予約受付の看板

平野神社の西の鳥居

西の鳥居から入って左手の寒桜

寒桜なので真冬でも咲いていました



posted by 京都情報 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。