2012年02月24日

醍醐寺の五大力の餅の力くらべ(2012.2.23)

醍醐寺の境内には多くの人と露店

醍醐寺の境内の地図

 醍醐寺の五大力の餅の力くらべに行ってきました。 醍醐寺に行ったのは始めてですが、醍醐寺の場所が少しわかりにくく、また、境内が広く、五大力の餅の力くらべの会場のある金堂に行くまで人の流れについて行ったのでわかりましたが後で地図を見ても位置関係はちょっとわからないです。 醍醐寺には午後1時過ぎに着いたのですが直前まで午前中は雨で参道はぬかるんでいました。 醍醐寺の場所はこの辺です。
 金堂に続く道の両側に大きな鏡餅が奉納されていて、その右側が五大力の餅の力くらべの会場になっていました。
 五大力の餅の力くらべのルールは「150kgのお餅をひざに乗せて持ち上げる」「自力で下に下ろす」までの時間で競います。 まず、半分くらいの人は持ち上げる事も出来ません。 持ち上げてもお尻がついたり、倒れそうになって危険と判断して補助が入ると失格で、持ち上げる事ができなかった人と同様「記録なし」となります。 1人4分以上、持っていたのにお尻をついて失格になった人がいて「もったいない」という声が聞こえました。松竹芸能の芸人が名前を知ってもらう為に数人参加していましたが、ほとんど持ち上げる事ができずに「記録なし」でした。

雨上がりで参道はぬかるんでいる

お守りのメニュー

みんなの後をついて行くと正面に醍醐寺の金堂「両側に大きな鏡餅」

大きな鏡餅

その右に餅の力くらべの会場

五大力の餅の力くらべの様子「ゆるキャラの《もちもちぃん》は途中で退場」

【動画】醍醐寺の五大力の餅の力くらべ

こんな感じでひざに乗せて持ち上げます

【動画】4分以上、持ったのにお尻をついて倒れたので「記録なし」

その後、金堂に上がりました

金堂の端から良いアングルで撮影
邪魔にならなかったので少し撮影
【動画】醍醐寺の金堂の端から撮影

裏から降ります
絨毯が敷いてあり土足であがれる
裏から降りて横を通って表に

テレビカメラで撮影していると思ったら赤い『NHK』の腕章

奉納 五大力尊餅上げ歴代横綱「12分4秒という記録もあります」

醍醐寺 五大力尊仁王会 柴燈護摩法要

【動画】醍醐寺 五大力尊仁王会 柴燈護摩法要

五重塔の前にも色々な露店

五大力餅

醍醐寺の五重塔「このあたりは桜も綺麗との事」

posted by 京都情報 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253892346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。