2011年12月11日

天龍寺の紅葉と龍の絵(2011.12.11)

天龍寺の入口

 今年は紅葉が遅いので《嵐山花灯路》の時期と紅葉の時期が重なるかと思って天龍寺に行ってみましたが、同じ様に考える人が多い様で人が多かったです。 天龍寺の場所はこの辺です。
 今回は「本堂」と「曹源池庭園」に入りましたが、「本堂」には鈴木松年画伯の法堂『雲龍図』の一部復元図が展示されていました。(法堂『雲龍図』は別の場所にあるので今回は行きませんでした)
 「曹源池庭園」も散策しましたが「望京の丘」は高台になっていて、比叡山が見えました。

ようやく、本堂が見えてきた

本堂の横の紅葉

本堂の前の紅葉とさざんか

庭園500円+本堂100円=600円

本堂入口の注意書き

本堂に入ると曹源池庭園

紅葉はこんな感じ

鈴木松年画伯の法堂『雲龍図』の一部復元図

【動画】天龍寺の鈴木松年画伯の法堂『雲龍図』の一部復元図

鈴木松年画伯の法堂『雲龍図』の案内

曹源池庭園を別の角度から撮影

「雲龍図」の襖絵

「雲龍図」の襖絵の龍の顔の部分「どうしても保護パネルに庭が写ってしまう」

曹源池庭園を、また、別の角度から撮影

多宝殿に続く渡り廊下

多宝殿から見た庭

ここから庭園に入る

曹源池の案内

庭園に下りて見た曹源池と本堂

庭園の遊歩道

紅葉ときのこのアップ

残念ながら紅葉の色づきはイマイチ

よく見ると池に蛙

こんな遊歩道が続きます

右手は竹林の反対側になります

色とりどりに紅葉

上に登ってきました

さらに登ると比叡山が見えます

比叡山をアップで撮影

帰り道の階段

紅葉をアップで撮影



posted by 京都情報 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

早朝の天龍寺
Excerpt: 曹源池に朝陽があたる頃、 池の前の大方丈で龍が目覚める。 すると、700年前に夢窓国師が作った庭が輝きを増した。 おはよう。 おはよう。 辰年の来年も、日本の朝はきっと明るい..
Weblog: 雲母(KIRA)の舟に乗って
Tracked: 2011-12-17 15:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。