2011年12月08日

街かど屋の 500円以下の丼《親子丼 350円》

《街かど屋 三条店》の店頭のメニュー
(クリックすると大きな画像で表示されます)

 京都市内に《街かど屋》は《三条店》と《烏丸五条店》の2店舗あり、《チェーン展開の食事処》のカテゴリーで《まぐろとろろ丼430円》の紹介をしました。
 《三条店》の前を通りかかると《まぐろとろろ丼430円》のメニューはなくなっていましたが、他に5種類の500円以下の丼のメニューが追加されていたので、《500円以下の食事処》のカテゴリーで紹介して、5種類を超えたら、自分なりのランキングも紹介したいと思います。 お店の場所などの情報は《三条店》と《烏丸五条店》のページを参考にして下さい。

 《親子丼350円》が丼の定番で(三大丼と言えば「親子丼」「カツ丼」「天丼」)、一番安いかったので、まず、これを食べる事にしました。 食券を渡すと5分ほどで注文の品物を持ってきました。 味噌汁と漬物も付いていて、味の方も合格点です。 350円で暖かくて、味噌汁も付いているので、下手なコンビニ弁当を買うよりお得です。
 余談ですが、《街かど屋》では「400円以上の物を、10回食べると500円の食券進呈」のカードがあるのですが、よく説明を読まずに《親子丼350円》を注文した際に、このカードを渡したらスタンプを押してくれました。 思い違いをした客に恥をかかせない為の対応だったのでしょうが、そういう心遣いも気に入りました。 これから500円以下の丼のレポートを、このページに追記して行きます。

500円以下の丼のメニューの部分だけを表示

《親子丼 350円》味噌汁・漬物付き

食券の自動販売機

【月見ねぎろと丼 450円】(2012.12.23)
 前回、訪れてから1年ほど経過しましたが、また、《三条店》に立ち寄ってみました。前回と比べると500円以下の丼のメニューは《定食屋の天丼 430円》がなくなっていましたが、それ以外は1年前と変わっていませんでした。

 今回は【月見ねぎろと丼 450円】を食べる事にしました。 食券を渡してから2〜3分で注文の品物を持ってきました。 お盆の真ん中の黒い器に入っているのは「たれ」の様で、丼の上からかけて食べました。味の方は、お手ごろな値段なので十分に満足できるものでした。

食券の自動販売機の低額のメニューの部分

【月見ねぎろと丼 450円】



posted by 京都情報 at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 500円以下の食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。