2011年08月22日

《浄禅寺》の上鳥羽六斎念仏(2011.8.22)

《浄禅寺》の入口(タクシーで訪れる人も)

《鳥羽地蔵尊》の入口

《六地蔵めぐり》の案内のポスター

 《浄禅寺》の上鳥羽六斎念仏に行ってきました。 《浄禅寺》の場所は名神京都南ICから少し北のこの辺です。

 今まで《浄禅寺》の名前も場所も知らなかったのですが、GPSナビに案内される通りに行くと、《浄禅寺》の前だけ明るく、タクシーで訪れる人たちもいました。 《浄禅寺》には《鳥羽地蔵尊》があり、8月22〜23日に『六地蔵巡り』が行われていて、「浄禅寺(鳥羽地蔵)」もその1つだったんですね。 後の5つは「上善寺(鞍馬口地蔵)」「源光寺(常磐地蔵)」「地蔵寺(桂地蔵)」「徳林庵(山科地蔵)」「大善寺(伏見六地蔵)」です。

 入口は2つあって、北側の入口を入ると《鳥羽地蔵尊》があり、その前に四畳半くらいの広さで高さ10cmくらいの舞台が作られていて、午後8時過ぎに到着すると、《鳥羽地蔵尊》の方を向いて上鳥羽六斎念仏の奉納が始まっていました。 上鳥羽六斎念仏はふしをつけて念仏を唱えるもので、始めて見ました。 その後、90年ぶりに芸能六斎を復活させるという事で、壬生六斎の人達の力を借りて、「四つ太鼓」が披露されました。 六斎念仏念仏は午後9時前に終わり、その後、境内を散策してから帰りました。

境内に入ると左に水塔婆を書く所

右には見学用のテント

《鳥羽地蔵尊》の前に舞台が作られていて上鳥羽六斎念仏が奉納

【動画】浄禅寺の上鳥羽六斎念仏の念仏六斎

近くの小学生による「四つ太鼓」

【動画】浄禅寺の上鳥羽六斎念仏の四つ太鼓

近くの小学生による「四つ太鼓」

【動画】浄禅寺の上鳥羽六斎念仏の四つ太鼓

境内の御地蔵さんたち

十一面観世音菩薩

南側の入口を入ると《浄禅寺》

《浄禅寺》の駒札

《浄禅寺》の本堂



posted by 京都情報 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 六斎念仏の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。