2011年08月05日

智積院の雨上がりの桔梗(2011.8.5)

智積院の南入口「9月12日観月会」の看板
この参道の両側に桔梗が植えられています

 智積院の金堂と明王殿の間に池があり、この池に蓮が植えられていて、花が咲いているかと思って立ち寄ってみました。 結論から言うと金堂と明王殿の間の池には蓮は植えられておらず、そのかわり、もう終わったかと思っていた桔梗の花が咲いていました。 にわか雨が降った後で、雨に打たれて倒れた茎もあり、そろそろ終盤という感じはありましたが、何輪も桔梗の花が咲いていました。 智積院の場所はこの辺です。

雨粒が付いた桔梗の花(雨に打たれて倒れた茎もあります)

散った花もありますが、まだ、咲いている桔梗の花やつぼみもあります

雨粒が付いていますが元気に咲いている桔梗の花

一部、紅葉が始まっている楓もありました

智積院の金堂

このあたりも、一部、紅葉が始まっています

金堂と明王殿の間の池には蓮は植えられていませんでした

池の中に鳥

この辺に咲いていた紫陽花は
もう散っています


posted by 京都情報 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。