2011年06月30日

建勲神社の夏越祓《茅の持ち帰り自由》(2011.6.30)

建勲神社の拝殿

拝殿に貼られていた茅の輪くぐりの案内

 6月30日は多くの神社で『夏越祓(なごしのはらい)』が行われ、何ヶ所か立ち寄ってみましたが、その中で建勲神社の夏越祓を紹介します。 建勲神社は『桜の季節』に紹介しましたが、場所は今宮神社の南のこの辺で船岡山にあります。
 午後6時半から夏越祓、茅の輪くぐりがあるという事だったので、ちょうど、午後6時半頃、建勲神社の拝殿、本殿に行くと、茅の輪が見当たりません。 拝殿に貼られていた案内に『茅の輪神事(大鳥居前)』と書いてあったので、ここじゃないのだと気がついて階段を降りて大鳥居前に行くと神事は始まっていました。
 祝詞があげられた後、お祓いがあり、その後、神主さんを先頭に全員で茅の輪をくぐります。「左回り」「右回り」「左回り」と3回くぐります。
 建勲神社の面白い所は、茅の輪くぐりが終った後、茅の輪を解体して、茅を自由に持って帰って良い所です。 茅を持って帰って、『ミニ茅の輪』を作りました。

大鳥居の横で神事が始まっていました

神主さんによるお祓い

紙吹雪みたいのでお祓い

受け取っているのは茅の輪のくぐり方とその時に唱える言葉

【動画】茅の輪くぐりが始まる所

茅の輪をくぐる前の説明

神主さんを先頭に茅の輪くぐり

茅の輪くぐりが終って「茅を持ち帰って下さい」という説明

【動画】茅の輪くぐりが終って茅の輪を解体が始まる所

茅の輪を解体して持って帰って行く所

持って帰った茅で作った『ミニ茅の輪』



posted by 京都情報 at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 6月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。
あいにくの天候だったのに、結構な人だったんですねぇ。つか、他のとこの茅の輪くぐりに比べて楽しそう!茅を持って帰れるのいいですね。写真が臨場感あっていいです!

私も京都のサイトやってるんで、参考にさせていただきます!
Posted by むのはら at 2011年07月04日 13:43
むのはらさん、はじめまして

茅の輪くぐりが終わって「茅を持って帰って下さい」と
説明があり、どんどん解体して行くのは、他の所では
そんな事はなかったので、ちょっと面白かったです。
慌てて取らなくても後でゆっくり取っても茅は十分に
ありました。
Posted by Kyoto Report at 2011年07月05日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。