2011年06月25日

吉祥院天満宮の御誕辰祭《茅の輪くぐり》(2011.6.25)

吉祥院天満宮の茅の輪くぐりの案内

吉祥院天満宮の鳥居

 吉祥院天満宮の御誕辰祭《茅の輪くぐり》に行ってきました。 吉祥院天満宮の場所は西大路十条の西のこの辺です。
 午前9時か午前10時から始まると聞いていたのですが、午前10時45分ごろに行ったら御誕辰祭関係の人は誰もいなかったですが、御誕辰祭の後はいくつかありました。 吉祥院天満宮には「菅原道真誕生の地」「菅原道真のへその緒」を埋めたと言われている《胞衣塚(えなつか)》があり、御誕辰祭の終わりに御守などが吊された御弊を胞衣塚の丸石の前に置くそうで、その御幣が置かれていました。
 そして、本殿の前に茅の輪があり、たまに参拝者が来て、茅の輪をくぐっていました。茅の輪のくぐり方の説明もあり、左回り、右回り、左回りに3回、回って、そのまま、まっすぐ進んで本殿で参拝しました。
 本殿の右に兎の置物が置かれていましたが、昨年、《吉祥院天満宮のお火焚き祭(2010.10.10)》に来た時は、ここには虎の置物が置かれていました。

吉祥院天満宮の駒札

《胞衣塚(えなつか)》

胞衣塚の丸石の前に置かれた御幣

茅の輪のくぐり方の説明

茅の輪をくぐる参拝者

本殿の前に茅の輪「左に白馬とキティちゃんが見えます」

もう少し近づいて茅の輪を撮影

本殿の右には虎の置物「昨年、ここには虎の置物」

ちの輪のお守り(400円)

キティちゃん

本殿の前のキティちゃんと白馬「きちんと手入れしているのか綺麗です」

境内に咲いていた紫陽花(向こうに本殿が見えます)



posted by 京都情報 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 6月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。