2011年04月12日

智積院の桜も見頃(2011.4.12)

東大路通りに面した石碑と狛犬と桜

 《智積院》は『梅の頃』と『つつじの頃』に訪れた事がありますが、智積院の前を通るかかると桜が綺麗に咲いていたので立ち寄ってみました。 智積院の場所はこの辺です。
 今回は東大路通りに面した南側の入り口から入りました。 東大路通りからも狛犬の後の桜や境内の桜が見えます。 今回、始めて気が付いたのですが、通常、狛犬は神社にあるもので、お寺なのに狛犬があるのは珍しいです。
 境内には何本かの桜の木がちょうど見頃の状態でした。 智積院は「梅」「桜」「つつじ」と楽しませてくれます。

右側の狛犬と後の桜

左側の狛犬

智積院の歴史

入り口の桜

入り口を入った所の桜

金堂に続く道にも桜

金堂と金堂の前の桜

智積院の金堂

明王殿と桜

明王殿の前の桜のアップ

明王殿の横の桜

金堂の裏の桜



posted by 京都情報 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。