2011年04月01日

東寺の桜は来週末(4/9〜10)あたりが見頃?(2011.4.1)

「夜桜ライトアップ」の案内

お堀の向こうに五重塔

 東寺では「夜桜ライトアップ3月26日(土)〜4月10日(日)」が行われていますが、東寺の桜の様子を見てきました。 東門から入ると左手にお堀の向こうに五重塔が見えます。 お堀の傍の桜は、まだ、つぼみでした。 ライトアップされるのは、いつも有料の五重塔のまわりですが、この辺の桜は、まだ、咲いていませんでした。
 その後、河津桜のある御影堂の方に行ってみると、《足利尊氏寄進鐘》の近くにある3本の河津桜のうち、早咲きの2本は見頃は過ぎている感じで、遅咲きの1本は見頃という感じでした。 《河津桜》の場所は、東寺の東門から入って、まっすぐ西の進んで《足利尊氏寄進鐘》の北東のこの辺です。
 《足利尊氏寄進鐘》の南の《三面大黒天》の前の桜も1本だけ、まだ、つぼみがありますが、だいぶ、咲いていました。 しかし、全体的には「まだ」という感じで、来週末(4/9〜10)あたりが見頃ではないかと思います。
 昨年、<2010.4.7>の東寺の桜の様子も参考にして下さい。

堀の横の桜は、まだ、つぼみ

「夜桜ライトアップ」入口の案内

桜の向こうに五重塔

ズームで撮影(まだ、つぼみです)

門の向こうに桜が見える

手前の桜は咲き始め

《足利尊氏寄進鐘》の向こうの河津桜は見頃か少し過ぎた所

河津桜のアップ、バックに《足利尊氏寄進鐘》

《三面大黒天》の前の桜

《三面大黒天》の前の桜のアップ



posted by 京都情報 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。