2011年03月10日

《興正寺》の梅は終盤(2011.3.10)

《興正寺》から《西本願寺》に続く塀

門から見ると左に白梅、右に紅梅

 《興正寺》に立ち寄ってみましたが、興正寺の梅は早咲きなので、見頃から終盤を迎えようとしている感じでした。 興正寺は西本願寺の南隣のこの辺にあります。
 堀川通りから見ると興正寺から西本願寺まで同じような塀が続いているので別のお寺と気がつかない人もいる様です。 帰りに興正寺と西本願寺の間の通路の写真も撮ってきましたが、興正寺と西本願寺の間に門があって「北小路門」と書いてあり、「本願寺中央幼稚園」という大きな表札もかかっていたので、ここは公道ではなく、西本願寺の境内のようです。
 興正寺の門をくぐると左に白梅、右に紅梅があります。 紅梅の方が少し早く咲く梅のようで、もうつぼみはありませんでした。 白梅の方は探すと少しだけつぼみは残っていました。 今年は2月の終わりに暖かい日があり、早咲きの梅は昨年と同じくらいの時期に咲き始めましたが、その後、寒の戻りがあって、遅咲きの梅の開花は遅くなっているようです。

興正寺の本堂(左に白梅、右に紅梅)

右側に紅梅(バックに本堂)

紅梅のアップ(つぼみはなく、満開から終盤の状態です)

門をバックに紅梅のアップを撮影

左側に白梅(バックに本堂)

白梅のアップ(探すと少しだけつぼみは残っていました)

門をバックに白梅のアップを撮影

興正寺と西本願寺の間(「北小路門」と「本願寺中央幼稚園」の表示)



posted by 京都情報 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。