2010年12月17日

百万遍の【あやとり】《閉店しました》

【あやとり】の入り口

店頭に雑誌に紹介された事をPR

 百万遍はよく通りかかり、また、牛丼の値下げ合戦が始まった今年の春頃から牛丼チェーン店が3店ある百万遍の飲食店にもよく訪れるようになりました。 【あやとり】は《松屋 百万遍店》の東隣のこの辺にあり、前を通りかかると店頭に雑誌に紹介されたページも紹介していて気にはなっていたのですが、外から見ると店内は狭いように見えた事もあり、中に入る機会がありませんでした。
 中に入ってみると思ったより店内は広かったです。 カウンター席十数席とテーブルも大小数脚二十数席ありました。 京大のすぐ近くにあり、学生らしいグループも来ていました。
 《カツ丼 730円》を注文すると他にグループ客はいましたが10分弱で注文の品物は出てきました。 味の方はまずまず美味しかったです。 しかし、隣に250円の牛丼屋があるので、これと比較するとコストパフォーマンスの評価は厳しくなります。
 今回はカウンター席に座ったのですが、前に(明らかに寿司ネタを入れるケースの 中に)折り紙が飾られていました。以前はお寿司もやっていた店舗かも知れません。

【あやとり】の外観

店頭のメニュー

店内の様子(奥を見た所)

入り口側(8人のグループ)

《カツ丼 730円》

寿司ネタのケースに折り紙

完食です

元【あやとり】の店舗は【SUBWAY】が営業
隣は【松屋】

【追記】
 百万遍の【あやとり】は閉店して、建物を改装して【SUBWAY】が営業しています。
 (2012.3.3)に前を通りかかると【あやとり】は営業しておらず、改装工事中で、その後、【SUBWAY】(サンドイッチ屋)が営業していました。 このあたりは隣には【松屋】、今出川通りを隔てて北には【吉野家】【すき家】【マクドナルド】があり、また、【レブン書店】という本屋が閉店した後の建物には【餃子の王将】が開店しており(これが結構繁盛していて、何回か入ろうとしたけど満席で待ちがあったのでまだ入っていません)、ファーストフード店が建ち並んでおり、何か特徴がないと中小の飲食店の経営が難しいのかもは知れません。 ここで紹介したお店が閉店するとやはり少し寂しいものです。

工事中(2012.3.3)

その後、【SUBWAY】が営業



posted by 京都情報 at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。