2010年12月12日

下鴨神社《御薬酒・若水神事・紅葉も見頃》(2010.12.12)

下鴨神社の西出入り口の手水舎
(手水舎の向こう側が駐輪場)

 12月12日(日)に下鴨神社で《御薬酒・若水神事祭》があり、昨年も12月12日に下鴨神社の紅葉の様子を紹介したので、比較する意味もあり、今年も下鴨神社に行ってみました。 今回は下鴨神社の西入り口から入りました。 下鴨神社の西入り口の場所はこの辺です。
 若水神事は、斎場である大炊殿(重要文化財=神様の台所)前庭で御井より汲み上げた清水の前で神事を行い、汲み上げた若水を料理屋さんや漬物屋さんに配り、御薬酒神事は「白散・度嶂散」(おとその一種)を招待客に配るものです。 どちらの神事も招待客中心で進められ、一般見学者は見学しているだけで30分くらいで終わりました。

鳥居の手前に会場の入り口

入り口に並んでいる招待客

会場の様子(右の椅子は招待客用)

そろそろ神事が始まります

神事が始まりました

飲食業者に若水を配ります

招待客におとその一種を配る

神事が終わって帰る招待客たち

《御薬酒・若水神事祭》終了後、境内を散策

 《御薬酒・若水神事祭》が終わった後、1時間ほど境内を歩いて紅葉の様子を見てきました。
 やはり、昨年12月12日と比べると、今年は少し紅葉は遅いようです。 楓の葉は、紅色、オレンジ色、黄色、緑色と色とりどりでしたが、今年は黄色や緑色で枝に付いたまま萎れる楓の葉もあるようなので、この辺が見頃ではないかと思います。

鳥居の横の紅葉

本殿には初詣用に屋根が設置

御手洗社あたりの様子

楼門を出た所(ここから紅葉満載)

鳥居の外の紅葉

鳥居を出た所の紅葉

参道沿いに色とりどりの紅葉

石灯篭と紅葉

橋を渡って鳥居を振り返った所

川沿いのこの辺は黄色や緑色が目に付きますが、これから紅葉するのか?

泉川散策路を歩いてみます

色とりどりの紅葉

紅葉と橋は似合います

川沿いの楓の紅葉

途中にお茶席(有料)

川沿いの楓の紅葉(散策路はここで川から離れます)

一般の参道と合流します

少し歩くと休憩場所

石のベンチもあり、川沿いの紅葉が見学できる休憩所からみた景色

参道沿いの紅葉は続きます

手前の楓の葉はほとんど緑色です

この辺の参道沿いは紅葉しています

そして、南出入り口「途中、他にも紹介したい良い写真があったし、
帰り道(西側の道)も省略しましたが、また、機会があれば紹介します」



posted by 京都情報 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 12月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。