2010年11月23日

瑠璃光院の紅葉も見頃(2010.11.23)

叡電八瀬比叡山口駅あたりの紅葉

 八瀬の《瑠璃光院》の紅葉がそろそろ見頃という事で行ってきました。 《瑠璃光院》は、以前、紹介した《エクシブ京都八瀬離宮》からも近く、徒歩数分のこの辺です。
 叡電八瀬比叡山口駅あたりから木の橋と紅葉も綺麗で祭日という事もあり、人も多かったです。 瑠璃光院は天武天皇が傷を癒した場所、その後、三条実美の別邸だった所を2005年から浄土真宗のお寺にしたという事です。後は写真と写真の下の説明を見て下さい。

木の橋には写真を撮る人が沢山

これは帰りに撮影した写真

木の橋から上流を撮影

木の橋から下流を撮影

木の橋を渡ると瑠璃光院の道案内

季節料理あざみ

季節料理あざみの池の畔の床

瑠璃光院の山門

階段を上がって橋の先が建物

建物の入り口

瑠璃光院の説明の駒札

入り口で拝観料500円を払って

2階に上がると窓の外は紅葉

2階の部屋から見た窓の外の紅葉

黄色に紅葉した楓(50種類の楓が植えられているとの事)

色とりどりの楓

八瀬のかまぶろ

1階に降りると尼さんによる説明

1階から瑠璃の庭を撮影

苔も見もので露に濡れて瑠璃色に輝く事から瑠璃の庭と名づけたと説明

斜面に建てられているので、この辺は2階半のように見えます

庭を動画で撮影

瑠璃光院の一般公開の案内のポスター

椅子やテーブルの前に《お茶席》の表示

【追記】(2012.11.26)
 2012年11月26日のNHKの『おはよう日本』で午前7時30分頃、『おはよう関西』で午前7時50分頃、瑠璃光院からの中継で紹介していましたが、『おはよう関西』で誤解を招きそうな点が2つほどありました。
 まず、建物に入って最初に1階から見た庭の紹介をしていましたが、拝観順路通りに見学すると2階から見学する事になります。(これは大きな問題ではないですが問題は次)
 「この1階の窓際に座って眺めます。ここに座って眺めた時に一番美しくなる様に庭が作られています」と言って紹介していましたが、その場所はここで『1階に降りると尼さんによる説明』と書いて紹介している所で、2010年には自由に座って見学する事ができました。 しかし、(2012.11.23)に行った時には、あの場所は拝観料500円にプラス800円して、合計1300円の《お抹茶セット》を買わないと座れない場所になっていて、係りの人から「ここはお抹茶席です」と言われて席を立っている人がいました。(『一番美しく見える場所』には別料金を払わないと座れないのはちょっと〜ですね)

このあたりは《お抹茶セット1300円》を買わないと座れない (2012.11.23 撮影)
NHKのアナウンサーは、このあたりに座って「ここに座って〜」と紹介してました



posted by 京都情報 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の紅葉情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。