2010年10月11日

粟田神社の夜渡り神事(2010.10.10)

松明が粟田神社の鳥居の下に来た所

お祭の行列が階段を下りてくる所

 粟田神社の夜渡り神事に立ち寄ってみました。 翌日の10月11日(体育の日)の粟田神社の神幸祭があるので、その宵宮で他のお祭の宵宮を想像して、午後6時15分頃に行ったのですが、賑やかで、明かりをつけた行列も始まっていて、ちょうど粟田神社の二の鳥居の下に2本の松明が来た所でした。 粟田神社の二の鳥居の場所はこの辺です。
 その後、次々と階段の上の本殿からお祭の行列が降りてきました。 そして、行列が通り過ぎた後、階段を上がって本殿の方に行ってみると、拝殿にはお神輿が飾られていて、その後、すぐにお祭の行列を追いかけてみました。
 すると本殿から出発した行列の後に三条通りの白川小学校などで作られ、保管されていた「大燈呂(張りぼての人形)」が明かりをつけて行列していました。 昨年は昼間に神幸祭で見ましたが、夜、明かりをつけている時の方が綺麗でしょう。

階段の上の本殿からお祭の行列が降りてきます

粟田神社の本殿

拝殿にはお神輿

お祭の行列を追いかけて、まず、《牛頭天王》

《天女》お尻が妙にリアルでセクシー(新作柄のストッキング?)

《牛若丸》アニメの主人公のような顔

《阿弥陀仏》

《法然上人》

《相槌稲荷》稲荷なので狐でしょうか?

《出世えびす》鯛を持っている手は動きますが完全手動(レバーを手で上下)

知恩院の黒門から僧侶が登場

 行列は「瓜生石」あたりで小休止。 「瓜生石」の場所はこの辺で、三叉路の真ん中に杭が立てられて、その中に石があります。
 しばらくすると知恩院の黒門が開かれて僧侶が階段を降りてきました。 そして、まず、「瓜生石」の前で、まず、知恩院の僧侶による法要が行われ、続いて、粟田神社の神主による神事が行われます。
 神主さんによるお祓いがあり、瓜生石のまわりを僧侶・神職・剣鉾・神輿・十二燈・松明が3周します。 そして、再び、「瓜生石」の前の祭壇で、神職・僧侶さんが祭文を詠みあげ、合同の祭事が終了し、僧侶は知恩院の黒門に戻り、行列は氏子地区を巡行します。

瓜生石の前で粟田神社の神主と知恩院の僧侶が合流

知恩院の僧侶による法要

粟田神社の神主による神事

神主さんによるお祓い

瓜生石のまわりを3周します

退場する時、牛若丸が剣を動かしている所を動画で撮影

「瓜生石」三叉路の真ん中にあり、終わった後、お神酒をかけています


posted by 京都情報 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 10月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。