2010年10月10日

吉祥院天満宮のお火焚き祭《キティちゃんのいる天神さん》(2010.10.10)

《吉祥院天満宮》の鳥居

《お火焚き祭》の案内

 《吉祥院天満宮》の《お火焚き祭》に行って来ました。 《吉祥院天満宮》の場所は西大路十条の西のこの辺です。
 《お火焚き祭》は「湯立神楽」「火焚神事」「ぜんざい無料接待」「大般若経転読」で構成されていますが、事前に調べても時間がわからず、ヤボ用もあり、到着した時は「火焚神事」の後、護摩木をきれいに燃やしている所で、吉祥天女社では「大般若経転読」が始まっていました。
 《吉祥院天満宮》は菅原道真が生まれた所と言われていますが、《菅大臣天満宮》も菅原道真が生まれた所と言われています。 昔の事なのでこういう事はよくあるのでしょう。
 《吉祥院天満宮》には本殿の前にキティちゃんもいるし、キティちゃんお守りも売っています。 いつごろから《吉祥院天満宮》にキティちゃんがいるのか不明ですが、昨年の始め頃(平成21年3月頃)には、まだ、いなかったという情報もあるので、最近の事のようです。

「火焚神事」の後、護摩木をきれいに燃やしている所

吉祥天女社では「大般若経転読」が始まっていました

「大般若経転読」ではお経を読む声の他にバタンバタンという音

《吉祥院天満宮》の本殿

《吉祥院天満宮》の本殿の前にキティちゃん

《吉祥院天満宮》の本殿の前のキティちゃんのアップ

キティちゃん御守や鈴守(700円)

普通の御守やおふだ

「大般若経転読」が終わって吉祥天女社の前で記念撮影

キティちゃんの前を通って退場

菅原道真が生まれたと言われている所

硯之水



posted by 京都情報 at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 10月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
《吉祥院天満宮》は、鳥居もあれば、宮司さん
もいらっしゃる様で、神社という認識でした。
「神楽」は神社の行事ではありますが、
神社とお寺は別々だと区別して考えていたので、
「火焚神事」とはいえ、護摩焚きや、
「吉祥天女社」というどう見ても寺で僧侶が
「大般若経転読」をあげる行事は驚きです。
そもそも、神社とお寺が共同で行う行事は見た事
がありません。
「吉祥天女社」の前での記念撮影は、神官と僧侶
を宮司さんが撮影とは、神仏一体の象徴的なお写真
ですね。
こちらのキティちゃんは、最強キティちゃんですね。
Posted by 黄色いクマ at 2010年10月13日 21:20
黄色いクマさん、こんにちわ

最初は不思議に思いましたが、だんだんと
慣れてきました。

この日の夜に行った「粟田神社の夜渡り神事では
粟田神社の行列が知恩院の黒門の前に到着すると
知恩院からお坊さんが出てきてお経をあげて、
その後、神主さんが祝詞をあげます。
これも「こんな事もあるの?」って感じです。

「吉祥天女社」の前での記念撮影に神官と僧侶が
いっしょに写っていたとは言われて始めて
気がつきました。
Posted by Kyoto Report at 2010年10月18日 07:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。