2010年09月09日

車折神社の重陽祭(2010.9.9)

車折神社の南入り口の鳥居

まっすぐ行くと本殿

 車折神社の重陽祭に行ってきました。 「車折神社」の場所はこの辺です。
 南入り口から入ってまっすぐ行くと本殿があり、ちょうど重陽祭が始まる午後1時前に到着したので本殿にまわりに多くの人が集まっていました。 そして、すぐに重陽祭が始まりました。 重陽祭は祝詞などの神道の神事がメインで、見所は「菊の挿頭(かざし)をつけて舞う舞楽」でしょう。
 神事が長く続いたので、少し境内を散策しました。 北入り口まで行くと、その向こうは細い道路を隔てて「京福車折神社駅」でした。
 その後、本殿に戻ると重陽祭は終わって「撮影会?」をやっていました。 そして、本殿の前では「菊酒(菊の花びらの入ったお酒)」が無料で振舞われていました。
 車折神社でも気になったのが、楓の一部の葉だけが紅葉が始まっていた事です。 ここだけ「枯れた」とか「虫が食った」という感じはなく、外見は他と変わらないのに紅葉が始まっていました。
 その後、車折神社は芸能の神様としても有名なので帰りに芸能神社(「ゲイの神社」ではありません)にも立ち寄ってみました。 知らない芸能人の名前がずらりと並んでいました。

本殿のまわりに多くの人

本殿の中の様子

重陽祭が始まる

雅楽と共に奉納

菊の挿頭(かざし)をつけて舞う舞楽

「清めの社」の円錐型の立砂

「清めの社」の説明

本殿の前の「祈念神石」

北入り口の向こうには細い道路を隔てて「京福車折神社駅」

駅に電車が到着したので撮影

重陽祭は終わって「撮影会?」

「菊酒(菊の花びらの入ったお酒)」が無料で振舞われていました

本殿の前の楓が右側だけ紅葉が始まっています

紅葉が始まった葉だけを撮影

「車折神社」の中の「芸能神社」(「ゲイの神社」ではありません)

「芸能神社」の社

知らない芸能人の名前がずらり



posted by 京都情報 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 9月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。