2010年08月25日

京都御苑九条邸跡の百日紅(2010.8.25)

《間ノ町口》を入った所の百日紅

 お盆を過ぎたので百日紅(サルスベリ)も終わりかと思ったのですが、京都御苑の前を通りかかると《間ノ町口》を入った所の百日紅が綺麗に咲いていたので立ち寄ってみました。 九条邸跡の場所は京都御苑の南端の間ノ町口と堺町御門の間のこの辺です。
 間ノ町口から入って右の方に少し行くと《巌島神社》に入る入り口があり、《巌島神社》の前に百日紅の木があり、こちらの百日紅も咲いていました。 その後、《九条邸跡》の橋の方に行きましたが橋から見える百日紅も見ごろという感じで、いつも『亀』と『アヒル』が休憩している池の中の島には『亀』が休憩していました。 昨年 は《九条邸跡》の百日紅の咲き始めを紹介しましたが、今年は終盤の紹介になりました。

《巌島神社》に渡る橋

《巌島神社》

《巌島神社》から《九条邸跡》の橋を見た所

《九条邸跡》の橋

九条池の中にある『亀』が休憩している島と百日紅

島で休憩している『亀』

橋から見た《巌島神社》あたり

《九条邸跡》の橋から見た《拾翠亭》あたり



posted by 京都情報 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都御所と離宮跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。