2010年08月22日

《上善寺》の小山郷六斎念仏(2010.8.22)

《上善寺》の入り口

境内に入ると露店が並んでいました

 《上善寺》の小山郷六斎念仏に行ってきました。 《上善寺》の場所はこの辺です。
 《上善寺》は京都六地蔵めぐりの1つでもあり、境内に入ると露店も出ていました。 露店の先に本堂があり、本堂の右手に多くのお地蔵さんが並んでいました。
 行った時には《小山郷六斎念仏》は始まっていましたが、お参りを済ませてから見学しました。 他の《六斎念仏》と少し違っていたのは舞台の横にも観客席があり、3方向から見学ができるので座って見学している人が多かったです。 踊りの方は「よく似たもの」と言ってしまえば味気ないですが、少しづつ違いはありました。 最後に獅子舞と獅子と蜘蛛の精との戦いがあるのは同じですが、ここではその間に「頭が良くなる」「無病息災」という事で獅子が子供から大人まで希望者の頭を噛んでいました。 その後で獅子は蜘蛛の精にやっつけられるので「獅子は善か悪か」と考えてしまいますが、ここでは、一度、倒れた獅子は復活します。

その先に本堂

《上善寺》の本堂の中の様子

本堂の右手に多くのお地蔵さん

舞台の左側から撮影(舞台横にも観客席)

舞台の正面やや右から撮影

太鼓を持った踊り

坊さんとおかめの踊り(演奏は祇園祭の月鉾のお囃子をアレンジした曲)

最後は獅子舞の登場

「頭が良くなる」「無病息災」の為に希望者の頭を噛む獅子

獅子と蜘蛛の精の戦い

復活した獅子



posted by 京都情報 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 六斎念仏の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。