2010年06月14日

赤の宮神社(波爾井の御神水)《京都のおいしい水 第15回》

《赤の宮神社》の鳥居

保険所の《試験成績書》

 気温も上がり、冷たい井戸水が美味しい季節になってきたので《京都のおいしい水シリーズ》を再開したいと思います。
 再開第1弾は高野の赤の宮神社《波爾井(はにい)の御神水》です。 《赤の宮神社》の場所はこの辺で、東大路北大路の交差点の北約250mの所にあり、《赤の宮神社》の南側には疎水が流れています。
 場所としては、東大路北大路の交差点を北上して、2筋目の疎水沿いの道を西に行き、1つ目の橋の北にありますが、この橋は南行きの一方通行なので、車では、このルートで行く事はできません。
 このあたりは何度も通った事はありますが、ここに神社がある事も、美味しい水がある事もつい最近まで知りませんでした。
 鳥居をくぐって突き当たりが社務所で、そこを左に曲がると舞殿、本殿があり、舞殿の右側に手水舎があり、この手水舎の水が《波爾井の御神水》です。
 この手水舎には保険所の飲用可の《試験成績書》が貼ってあり、これはちょっと珍しいです。
 《赤の宮神社》に30分ほどいましたが、近所の人が2人、水を汲みにきていました。 手水舎の水は2ヶ所から出ていて、近所の人は要領を心得ていて、ボトルを置く板や水を注ぐ竹があり、それを使って要領良く水を汲んで持って帰っていました。
 水温は19.4℃ほど、外気温は34.6℃ほど、pHは7.1ほどでした。(pHは7.0が中性なので、ほぼ中性です)

疎水の《赤の宮橋》から神社を撮影

この地域の歴史の案内の駒札

鳥居をくぐると社務所

左に曲がると舞殿、本殿

舞殿の右側の手水舎

《波爾井の御神水》の説明文

こんな風にして水を汲んでいます

《赤の宮神社》の本殿

《権九郎稲荷大神》の鳥居

《権九郎稲荷大神》の社

手水舎を反対側から撮影

楓の新緑と手水舎(サツキも咲いています)

 《京都のおいしい水》シリーズで紹介している判断基準を紹介しておきます。

・特に断りなしに2〜4リットル程度の水なら自由に汲んで持って帰れる。
・(お賽銭以外)特に料金はかからない。
・近所の人も水を汲んで持って帰っているという噂がある(飲用可を保証するものではありません)。

 従って、『名水』と言われている中でも『現在、飲用不可』となっているものがあるので、事前事後に調べて『飲用不可』とわかったものは除外しています。 しかし、ここで紹介したからと言って『飲用可』を保証したものではありませんし、「井戸水や湧き水は沸かしてから飲んだ方が良い」とも言われており、その様な注意書きがある場所もあるので、その辺も自己責任で判断して下さい。 また、拝観料を払わないと水を汲めない所も除外しています。

《京都のおいしい水》の地図

より大きな地図で 京都のおいしい水 を表示


posted by 京都情報 at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都のおいしい水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。