2010年06月05日

松屋・四条大宮店《牛めし(並)250円》

《松屋 四条大宮店》

入って左側の食券の券売機

 『松屋の牛めし(並)250円』のTVCMを見て、今回は《松屋 四条大宮店》に行ってみました。 《松屋 四条大宮店》の場所は四条大宮を少し東に入ったこの辺で、《おはぎの丹波屋 大宮店》の2軒西で、もう少し東には《250円弁当(元気や 四条大宮店)》があります。
 街中なので駐車場はありませんが、店の前に3〜4台分の駐輪スペースはあります。 店に入ると左側に食券の券売機があり、食券を購入するのは他の店舗と同じで、店内は中央に店員用の通路があり、それを囲むようにカウンター席(約25席)があるのも他の店舗と同じです。
 店員1人がテキパキと働いていると思ったら、この時は店員が1人しかいませんでした。帰る頃に店員1人が出勤してきたので、何かの都合で店員が1人になったのかも知れません。
 箸箱にも『《牛めし》には添加物、化学調味料を使用しておりません』とアピールしたシールが貼ってありました。 注文してから1分ほどで注文の《牛めし》と《味噌汁》が出てきました。 《牛めし》の味の方は、最初、牛肉を食べると「醤油味がちょっと辛い」という印象です。 食べていると「辛い」という感じはなくなり、また、牛肉とご飯を混ぜて食べているとご飯が余って、余ったご飯は生姜を入れて食べたので、全体的には塩分が多いという訳ではなさそうです。 「最初、少し辛い」という以外、特に注文をつける所もなかったです。
 《250円弁当(元気や 四条大宮店)》の近くで《牛めし(並)250円》という店があると『250円弁当が安い』というインパクトが少し薄れる感じです。(正直な所、250円弁当も、もう少しメニュうーを工夫してもらわないと「トンカツ」も「ミンチカツ」もなくなったので、最近、やや飽きて、あまり買っていません)

店内の様子(カウンター席のみ約25席)

《牛めし(並)250円》味噌汁付きです

『添加物、化学調味料を使用しておりません』をアピール

《牛めし》のみをアップで撮影

《牛丼チェーン店の地図》

より大きな地図で 《牛丼チェーン店の地図》 を表示


posted by 京都情報 at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 牛丼チェーン店の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。