2010年04月17日

岡崎神社の桜はまだ見頃(2010.4.17)

鳥居をくぐると左にも右にも桜

 前回、岡崎神社の桜の様子を紹介したのは、(2010.3.28) なので3週間近くたっているので少し遅いかと思ったのですが、早く咲いていたシダレザクラは満開を過ぎていましたがまだ花びらは残っていたし、遅咲きのシダレザクラは満開で「見頃」という状態でした。 岡崎神社の場所はこの辺です。
 遅咲きのシダレザクラは、つぼみも見られず、散っている花びらもあまりなく、まさに満開です。シダレザクラは長く咲いているようなので、アト3〜4日は満開の状態が見られるでしょう。

境内を入って左手の早くから咲いていたシダレザクラ

まだ、かなり花びらは残っています(晴天だったのでコントラストが強すぎ?)

本殿の前のシダレザクラ(こちらも葉は出ているますが花びらは残っています)

本殿の前のシダレザクラのアップ(日陰なのでまずまずの綺麗に写っています)

遅咲きのシダレザクラは満開

遅咲きのシダレザクラのアップ(つぼみは見られず、満開です)

遅咲きのシダレザクラを別の角度から撮影(バックに本殿)

本殿を向いた兎

《うさぎみくじ 500円》
を置いていったもの
【追記】(2010.10.16)
 平成22年10月1日、岡崎神社に狛兎が登場しました。 狛兎について詳しくはこちらを参考にして下さい。

左側の口を閉じた狛兎

右側の口を開けた狛兎



posted by 京都情報 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。