2010年03月27日

蹴上インクライン〜南禅寺の桜・散策《前半》(2010.3.27)

大神宮橋から右手方向を撮影

 昨年3月28日の桜の時期にに蹴上インクラインの上流から下流まで散策したレポートを紹介しましたが今年も同じ時期に桜も咲き始めたので散策してきました。 今回は蹴上インクラインの上流から下流まで歩き、その後、南禅寺に行き、南禅寺の南の水路閣から疎水に沿って蹴上インクラインの上流まで歩きました。 1時間半(2km)程度の散歩でしたが、一度に紹介すると長くなるので2回にわけて紹介します。 まず、蹴上インクラインの上流から下流まで歩いて桜の様子を紹介します。
 結論を先に言いますと、昨年より2〜3日桜の咲くのは早いようですが、蹴上インクラインの桜は「もう少しで見頃」という状態で、南禅寺の桜は「何本かの桜は見頃になっている」という状態でした

琵琶湖疎水のトンネルの出口付近の桜

大神宮橋から左手方向を撮影

ここからインクラインを下に

《蹴上の疎水公園》のベンチでくつろぐ観光客

《蹴上の疎水公園》からインクラインを見た所

蹴上インクラインと桜(咲いている花もありますが、つぼみも多いです)

蹴上インクラインの両側に桜が咲いています

桜越しに都ホテルを見た所

桜越しにレンガ造りの旧蹴上発電所を撮影

蹴上インクラインの下の桜の方が咲いているようです

向こうに見えるのは南禅寺橋(今日は南禅寺橋の下を歩くことにします)

南禅寺橋の下から撮影

南禅寺橋をくぐって向こう側に

右手の階段を上がると《琵琶湖疎水記念館(入館無料)

インクライン下流の終点の噴水と桜

《蹴上インクライン〜南禅寺》の桜・散策ルートの地図

より大きな地図で 《蹴上インクライン〜南禅寺》の桜・散策ルートの地図 を表示
posted by 京都情報 at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴上インクラインの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144859211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。